えっ、この人も?昔は歌手もやっていた俳優特集!!
2017年7月28日 更新

えっ、この人も?昔は歌手もやっていた俳優特集!!

表現者としての幅を広げるためか、単純に歌うのが好きなのか、はたまた、事務所の命令か…。理由はさまざまでしょうが、俳優活動と並行して音楽活動を行っている役者は意外と多く、中には「えっ、この人も?」と思うような人もいます。本稿では、そんなミュージシャン兼業俳優と、彼らが発表した名(迷)曲についてまとめてみました。

3,987 view

舘ひろし

渋みの利いた演技、というよりも、常日頃からの立ち居振る舞いで、ダンディズムとは何かを体現し続ける漢・舘ひろし。彼のキャリアにおいて最大の有名楽曲と言えば、紅白歌合戦出場曲にもなった『泣かないで』をおいて他にありません。が、本稿ではあえて1977年のシングル『朝まで踊ろう』を紹介したいと思います。

もともと、矢沢永吉率いる『キャロル』の親衛隊として名をはせ、石原プロ入り前は、バリバリのロックヴォーカリストだった舘。『朝まで踊ろう』は、そんな若かりし日の彼のために、Being総裁・長戸大幸氏が作詞したロックチューンです。

朝まで踊ろう

舘ひろしとセクシー・ダイナマイツ名義のシングルだった

石田純一

「不倫は文化」でお馴染みの石田純一。去年2016年の夏には、東京都知事選に立候補しようとして世間を騒がせたのは、記憶に新しいところです。

そんなお騒がせトリックスター・純一の代表曲『ジゴロ』から見えてくるのは、俳優としての表現力は必ずしも、歌における表現力とイコールの関係にないという事実。軽薄にして、軽妙にあらず…。何の感情も喚起されない、薄っぺら過ぎる歌唱をとくとお楽しみください。

ジゴロ

ファーストアルバム『EGOIST』(1992年5月21日発売)の収録曲だった

吉田栄作

加勢大周・織田裕二と共に、「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれていた吉田栄作。モデル上がりで182cmの長身、スタイル抜群の彼は、歌っている姿もイカしていました。
代表曲は、チューリップのカバー曲として、1990年に発売された『心の旅』。本人自身、他人の楽曲ながら相当気に入っているようで、2009年には、『心の旅(ver.2009)』という、カバー曲のセルフカバーという、ややこしい立ち位置の楽曲をリリースしています。

吉田栄作

心の旅(1990年5月9日発売)

江口洋介

昔、タモリが司会をしていた音楽番組(Mステではない)に、福山雅治と江口洋介が出演し、一緒にギターを弾いたり、歌ったりしていました。まさかの、あんちゃんとちい兄ちゃんの共演に胸が高鳴ったものです。
あれから、20数年。今でもシンガーソングライター業に熱心な福山とは対照的に、1998年の『奇跡体験!アンビリバボー』のエンディングテーマになったシングル『フェアリィ・テイル』以降、パタリと音楽活動を辞めてしまった江口。そんな彼の代表曲と言えば、フジテレビ系ドラマ「陽のあたる場所」主題歌にもなった『愛は愛で』でしょう。
愛は愛で(1994年2月9日発売)

愛は愛で(1994年2月9日発売)

江口洋介  恋をした夜は

吉岡秀隆

80年代、『北の国から』の「純」役で、天才子役の名を欲しいままにした吉岡秀隆。成人してからも、ドラマ『Dr.コトー診療所』や映画『学校』『ALWAYS 三丁目の夕日』など、さまざまな話題作で名演を披露し、長らく俳優として活躍し続けているのは、ご存じの通りです。
そんな彼は、1994年1月7日に自らが作詞作曲を手掛けたシングル『ラストソング』で、シンガーソングライターとしてデビュー。オリコン週間ランキング7位という、まずまずのヒットを飛ばしています。

ラストソング(1994年1月7日発売)

兄貴分として慕っていた尾崎豊の影響をモロに受けた詞と曲調になっています。

松雪泰子

『白鳥麗子でございます!』(1995年)で演じた、主人公・白鳥麗子役でブレイクしてからというもの、女優一本に絞って芸能活動を続けている松雪泰子も、以前は歌手活動にも熱心に取り組むタレントの一人でした。リリースしたシングルは10枚、アルバムは4枚。かなりの本格派シンガーで、その歌唱力はかなりの水準。何かの機会に、また、ぜひその歌声を聴かせて欲しいものです。

空っぽの愛の嵐(1997年2月14日発売)

松雪主演のドラマ『名探偵保健室のオバさん』(テレビ朝日系)の主題歌だった

松雪泰子 × 土屋公平 (The Street Sliders) / あたしなんで抱きしめたいんだろう

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代初めに映画やドラマで活躍した。日本と台湾のハーフ『金城武』現在は何してるの!?

90年代初めに映画やドラマで活躍した。日本と台湾のハーフ『金城武』現在は何してるの!?

1990年代は日本の映画やドラマによく出演していたけど、ここ何年も日本では活動をしていない金城武さん現在は一体どんな活動をしているのでしょうか?気になり勝手に調べてみました。
ギャング | 17,779 view
郷ひろみが初の悪役に挑戦!ドラマ「LEADERSII」で「本当に嫌な奴」を表現 !!

郷ひろみが初の悪役に挑戦!ドラマ「LEADERSII」で「本当に嫌な奴」を表現 !!

歌手の郷ひろみが、3月26日(日)夜9時よりTBS系で放送される大型スペシャルドラマ「LEADERS(リーダーズ)II」に出演することが決定した。郷は、このドラマで初の悪役を演じる。
red | 1,424 view
【中村繁之☆元ジャニーズ】イーグルス覚えてますか?シゲの愛称で親しまれた80年代他を振り返る

【中村繁之☆元ジャニーズ】イーグルス覚えてますか?シゲの愛称で親しまれた80年代他を振り返る

「マッチ」に「ラーツー」が「クリソツ」で「ジャニー」さんの事務所に入った少年。中村繁之、シゲ、80年代の映像にキラキラ輝くシゲを見つけてください。
フジテレビドラマ【バージンロード】について語ろう!安室奈美恵の主題歌「CAN YOU CELEBRATE?」も話題になりました。

フジテレビドラマ【バージンロード】について語ろう!安室奈美恵の主題歌「CAN YOU CELEBRATE?」も話題になりました。

フジテレビドラマ【バージンロード】放送は1997年10月~12月、主な出演者は和久井映見/反町隆史/武田鉄矢、 主題歌は安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」【バージンロード】ついて語ろう!
ボクサーと俳優の肩書を持った!!『畑山隆則』という男!!

ボクサーと俳優の肩書を持った!!『畑山隆則』という男!!

元WBA世界スーパーフェザー級王者と元WBA世界ライト級王者の2階級を制覇した畑山隆則さんボクサーと俳優業もこなしていましたが最近メディアでもあまり見なくなりました、気になり、勝手に追ってみました。
ギャング | 3,197 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト