映画『ロッキー4/炎の友情』アメリカ合衆国VS旧ソビエト連邦 冷戦時代の右翼映画?ゴルバチョフ書記長そっくりさんも登場
2017年1月26日 更新

映画『ロッキー4/炎の友情』アメリカ合衆国VS旧ソビエト連邦 冷戦時代の右翼映画?ゴルバチョフ書記長そっくりさんも登場

1985年公開のロッキーシリーズ第4作。前3作とは趣をかなり異にし、単純明快なストーリー、ショーアップされた演出。ミュージック・クリップを見るような音楽の演出。当時、冷戦関係にあったソビエト連邦と対峙するという思想の傾斜など、よくも悪くも全然、違うロッキーである。

7,457 view

ロッキー4/炎の友情

『ロッキー4/炎の友情』(ロッキーフォー/ほのおのゆうじょう、Rocky IV)は、1985年のアメリカ映画。
『ロッキー3』(1982年)の続編として製作された、『ロッキー』シリーズ第4作。当時の東西冷戦と、ゴルバチョフ登場によるソ連との雪解けムードをストーリーに織り込んだ、過去3作とは大きく趣の異なる作品となっている。
興行的にはシリーズ最高のヒットを記録したが、本作自体や監督・主演を務めたシルヴェスター・スタローン、助演のブリジット・ニールセンらは、『ランボー/怒りの脱出』と『レッドソニア』も併せて第6回ゴールデンラズベリー賞10部門中8部門にノミネートされ、5部門を受賞するという不名誉な記録を残している。

「ロッキー4」予告編

出典 youtu.be

スタッフ

監督・脚本:シルヴェスター・スタローン
音楽:ヴィンス・ディコーラ
撮影:ビル・バトラー
プロデューサー:アーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ
編集:ドン・ジンマーマン、マーク・ワーナー

キャスト

ロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)

ロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)

現ヘビー級チャンピオン。妻や子に囲まれて平和に暮らしていた彼の元に、ソビエトアマチュアボクシングヘビー級チャンピオン、ドラゴが来米。世界ヘビー級チャンピオン、ロッキーとのエキジビションマッチを行いたいと要請してきた。戸惑うロッキーだったが。
アポロ・クリード(カール・ウェザース)

アポロ・クリード(カール・ウェザース)

元ヘビー級チャンピオン。引退してもなお、ボクシングに情熱を持ち続けていたアポロはソ連からきたイワン・ドラゴとのエキジビションマッチを自分がやりたいとロッキーに訴える。
エイドリアン(タリア・シャイア)

エイドリアン(タリア・シャイア)

ロッキーと9年間連れ添った妻。ロッキーを愛し、大切に思っている。愛しい息子にも恵まれ、ロッキーが勝つ見込みのない相手になぜソ連まで試合をしに行くのが理解できなかったが。
イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)

イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)

ソビエト連邦の威信をかけて、最新鋭科学の粋を駆使したトレーニングを積んだ完璧なボクサー。
ロッキーにエキジビションマッチを申し込む。
ルドミラ・ドラゴ(ブリジット・ニールセン)

ルドミラ・ドラゴ(ブリジット・ニールセン)

ドラゴの妻。ドラゴのプロジェクトチームのブレーンでもある。執拗にロッキーにエキジビションマッチを受け入れるよう迫る。

ストーリー

 (1712290)

 (1712100)

世界ヘビー級チャンピオンロッキー・バルボアは、愛する家族とセレブな絵で描いたような幸せな生活を送っていた。自宅プールでくつろいでいたロッキーの盟友、アポロ・クリードはテレビで中継にくぎ付けになった。それは、ソビエト連邦から来米したソビエトアマチュアヘビー級チャンピオン、ドラゴの姿だった。ドラゴ側は、ロッキーとのエキジビションマッチを希望していた。
アポロは早速、ロッキーの家に行きロッキーにエキジビションマッチをぜひ自分にやらせてほしいと頼むのだった。やる気のないドラゴ陣営だったが、アポロの饒舌な挑発に乗り、エキジビションマッチを決める。
 (1712118)

ラスベガスで行われたエキジビションマッチは、華やかさを極めていた。ジェームス・ブラウンを迎えての華やかなショー、彼の傍らで踊るアポロとてもエキシビションマッチとは思えないものだった。
リングがなり、その華やかさは血も凍るような鮮烈なものになる、ドラゴのパンチの連打には手も足もでなかった。ロッキーにタオルだけは投げるなというアポロ。人間のものとは思えないそのパンチ力は、アポロの体を破壊していった。そして、ダウンしたアポロは再び、息を吹き返すことはなかった。
 (1712228)

 (1712272)

ロッキーとドラゴとの試合は、モスクワでの非公式なもの、日程は12月25日にクリスマスとなった。
ロッキーはソ連の極寒の田舎町をトレーニング場に選んだ。ドラゴの現代の最新科学を使ったハイテクノロジー・トレーニングに対抗するため、自然の力をフルに生かしたトレーニング方法を選択したのだ。
トレーニングを積むロッキーの元にエイドリアンがやってくる。ドラゴとの対戦を反対していたエイドリアンが応援にきてくれたことは、ロッキーにとって大きな励みだった。
44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,868 view
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。
バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡー未来編ー 1985年の30年後、2015年の未来は実現したのか!?

バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡー未来編ー 1985年の30年後、2015年の未来は実現したのか!?

バック・トゥ・ザ・フューチャーは未来に夢を馳せるそんな少年心をくすぐる映画内容でしたね。バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズの内Ⅱは1985年から30年後すなわち2015年!あれから30年以上経ちましたが、そのハイテク技術は実現されたのでしょうか。さていかに?!
me*me | 3,456 view
映画『未来警察』ロックバンド「KISS」のベーシストのジーン・シモンズが敵役で登場!!

映画『未来警察』ロックバンド「KISS」のベーシストのジーン・シモンズが敵役で登場!!

映画『未来警察』は、1985年に日本で公開されたSFアクション映画です。近未来を舞台にロボットの安全を守る主人公が、ロボットを悪用する凶悪犯と戦います。ちなみに凶悪犯は、有名ロックバンド「KISS」のベーシストのジーン・シモンズでした。
星ゾラ | 2,071 view
黒澤明監督の最高傑作、『乱』が4K映像で上映決定!ビジュアルと予告編が公開!!

黒澤明監督の最高傑作、『乱』が4K映像で上映決定!ビジュアルと予告編が公開!!

1985年公開の黒澤明監督作品の映画『乱』が、『乱 4K』として4月1日(土)より公開する。2015年に最先端技術でデジタル修復が行なわれた同作を、4Kの映像で鑑賞することができる。
red | 822 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト