クセが強すぎ!役柄のキャラから抜け出せなかった俳優たち
2019年3月30日 更新

クセが強すぎ!役柄のキャラから抜け出せなかった俳優たち

1980年代~1990年代のテレビドラマは、視聴率30%超えのヒット作を輩出しました。そして記憶に残る作品には、クセが強すぎるキャラが登場しましたね。そのためドラマの役柄と俳優が重なり、イメージを払拭するまでに時間がかかりました。クセガ強いキャラが話題となった作品を振り返ってみましょう。

3,663 view

積木くずし~親と子の200日戦争

放送期間:1983年2月15日~3月29日

「積木くずし」は、俳優:穂積隆信さんの体験記をドラマ化した作品です。

当時、社会問題になった「非行」をテーマにした内容が反響を呼び、最終回の視聴率は45.3%(関東地方)という、記録的な数字を獲得しました。

不良少女となった穂積さんの愛娘と、家族の葛藤を描いた200日間のストーリーは、視聴者を惹きつけ、演じた俳優の演技にも注目が集まりました。
主人公の「香緒里」役は、人気アイドルの高部知子さんが演じました。

高部知子さんは、テレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!?」の中で結成された「わらべ」のメンバー、長女:のぞみ役でブレイクしました。

わらべが唄った番組のエンディングソング「めだかの兄妹」が大ヒットして、高部さんは数々の歌番組に出演する人気アイドルになりました。

アイドルとして人気絶頂の中、出演した作品が「積木くずし」でした。

"欽どこ"でみせる清純な女の子とは真逆の「不良少女」を演じた高部さん。

のぞみ役からは想像できないメイクや乱闘シーンに、始めこそ違和感ありましたが、中盤に差しかかった辺りで、高部知子は不良少女なのでは?と錯覚するほど様になっていました。
 (2095029)

アイドルとして順風だった高部さんですが、1983年6月、写真週刊誌「FOCUS」に掲載された写真が人生を変えることに・・・

ベッドに横たわり、煙草をくわえた高部知子さんの写真に世間が驚愕!!

積木くずしのイメージが消えない中、掲載された写真に「演技じゃなかったのか」と、落胆の声も・・・
役柄の不良少女と高部さんが重なるものでした。

高部さんは「欽どこ」をはじめ、出演中の全ての作品から降板しました。

問題の写真は、10代ゆえの興味本位からなのか?それとも私生活そのものだったのか?
真実は分かりませんが、高部さんが「不良少女」というイメージは、しばらく払拭できませんでしたね。
 (2095031)

スチュワーデス物語

放送期間:1983年10月18日~1984年3月27日

スチュワーデス物語は、日本航空(JAL)の客室乗務員になるため、日々奮闘する「訓練生」を描いたドラです。

スチュワーデスを目指す、主人公の松本千秋・堀ちえみさんと、教官・風間杜夫さんの恋の行方も気になりましたね。
 (2095044)

千秋と村沢教官の恋を邪魔する村沢の元婚約者・新藤 真理子を演じたのが女優”片平なぎさ”さんでした。

片平なぎささんと言えば、「2時間ドラマの女王」と呼ばれ、今でこそサバサバした役柄を演じていますが、スチュワーデス物語では教官・村沢浩を脅す「怖~い女性」というイメージが定着しましたよね。

片平さんが演じた新藤真理子は、子供の頃ピアノを始めピアニストを目指していました。
真理子のファンだった浩と出会い、2人は交際することに。

真理子は、19歳の時ウィーンの音楽祭で優勝して、順風な人生を送っていましたが・・・

2人で行ったスキーで浩と衝突!事故で両手を粉砕骨折した真理子は、両手を失うことに!
両手と夢を奪われた真理子は、浩と千秋の恋を阻止しようと、義手をみせては浩を脅しました。

片平さんが「ギッギー」と音を立てながら、口で手袋を外して義手を見せるシーンは、インパクトが強すぎました。

濃い目のアイメイクと、どこにでも現れる執念。
真理子が登場するシーンは、直視できないほど恐怖を感じました。

真理子のクセが強すぎて、片平さんは「意地悪な女」というイメージが、しばらく払拭できませんでした。

ずっとあなたが好きだった

放送期間:1992年7月3日~9月25日

ずっとあなたが好きだったは、TBS系の金曜ドラマ枠で放送された話題のドラマです。

主人公の西田美和・賀来千香子さんは、桂田冬彦・佐野史郎さんとお見合い結婚したものの、冬彦の異常な行動に違和感をもち、離婚して高校時代の元彼大岩洋介・布施博さんと再婚するというストーリーでした。
 (2095062)

このドラマで話題になったのは、佐野史郎さんが演じる「桂田冬彦」でした。

冬彦は東京大学卒のエリート銀行員。
妻の美和を愛しているが、母親にべったりな「マザコン」気質で、信じられない性癖を持った男性。
美和が抱えた冬彦への違和感が大きくなり、夫婦の関係は悪化していきます。

そんな中、美和が再会した元彼大岩に嫉妬した冬彦は、ストーカーのように執着して、美和に付きまとい嫌がらせを繰り返しました。

佐野さんが演じる冬彦のキャラに注目が集まり、最終回の視聴率は34.1%まで上がりました。

冬彦が口を歪めながら「ん、ん~」と唸り声を出すシーンや、木馬に乗りながら「あ・あ・あー」と叫ぶシーンや、無表情で蝶々の標本を眺める異様な光景は、背筋が寒くなるほどゾッとしました。
 (2095066)

佐野さんが演じる、母親に依存した冬彦さんは、マザコン男性の代名詞に使われるようになりました。

そして同年の流行語に「冬彦さん」が選ばれるほど話題に!

それゆえ、佐野さんは私生活でも冬彦さんなのでは?と連想するくらい、役柄のイメージが定着しました。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト