『世界名作劇場』の「ネタ学習帳」が登場!「フランダースの犬」などの名作品がラインアップ!!
2016年11月20日 更新

『世界名作劇場』の「ネタ学習帳」が登場!「フランダースの犬」などの名作品がラインアップ!!

『世界名作劇場』バージョンの学習帳が、「ネタ学習帳」シリーズを発売してきたヴィレッジヴァンガードオンラインから登場。「フランダースの犬」の「しゅうかつ」と「ぐぬぬ」、「あらいぐまラスカル」の「ぐるめ」と「母をたずねて三千里」の「コンプリート」の計4種類となっている。

1,277 view

『世界名作劇場』バージョンの学習帳が登場!!

「江頭2:50」バージョンや「名探偵コナン」バージョン、そして「バットマン」バージョンなどの「ネタ学習帳」シリーズを発売してきたヴィレッジヴァンガードオンラインから、『世界名作劇場』バージョンの学習帳が登場。

今回、学習帳に使用されたのは、「フランダースの犬」の「しゅうかつ」と「ぐぬぬ」の2種類と、「あらいぐまラスカル」の「ぐるめ」や「母をたずねて三千里」の「コンプリート」の計4種類となっている。

「フランダースの犬」の「しゅうかつ」には「備えあれば憂いなし」、「ぐぬぬ」には「ご主人様ぁぁ」のメッセージが書かれている。
世界名作劇場 学習帳 フランダースの犬(しゅうかつ)

世界名作劇場 学習帳 フランダースの犬(しゅうかつ)

出典 prtimes.jp
世界名作劇場 学習帳 フランダースの犬(ぐぬぬ)

世界名作劇場 学習帳 フランダースの犬(ぐぬぬ)

出典 prtimes.jp
「あらいぐまラスカル」の「ぐるめ」では、「みんなで食べると美味しいね」というメッセージ入りだ。
世界名作劇場 学習帳 あらいぐまラスカル(ぐるめ)

世界名作劇場 学習帳 あらいぐまラスカル(ぐるめ)

出典 prtimes.jp
「母をたずねて三千里」の「コンプリート」では、「全部集めよう」のメッセージが記入されている。
世界名作劇場 学習帳 母をたずねて三千里(こんぷりーと)

世界名作劇場 学習帳 母をたずねて三千里(こんぷりーと)

出典 prtimes.jp
70年代後半から毎週日曜日に放送されていた懐かしの『世界名作劇場』の名シーンが、学習帳で蘇り、仕事や勉強のお供をしてくれる。中は白無地なので、自分なりに好きな使い方を楽しめる。

世界名作劇場

世界名作劇場

世界名作劇場

主に日本アニメーションが制作して『カルピスこども名作劇場』や『ハウス食品・世界名作劇場』といった名称で放送されていたテレビアニメシリーズである。
世界名作アニメ、世界名作アニメ劇場とも呼ばれる。

これまで約26作(数え方によって異なる)が製作・放送され、最も有名な日本のテレビアニメブランドの一つとして知られている。
すべての作品はフジテレビ系列で毎週日曜日の夜19時30分より本放送されていたため、かつてはフジテレビを代表するアニメ番組と認識されていた時期もあった。
「フランダースの犬」

「フランダースの犬」

1975年1月5日から同年12月28日までフジテレビ系列の『世界名作劇場』(放送当時は『カルピスまんが劇場』)枠で放映された。全52話。
「フランダースの犬」は、イギリス人作家ウィーダの同名小説「フランダースの犬」を原作とした日本のテレビアニメ。オープニングでの原作のクレジットは、ウィーダの本名ルイス・ド・ラ・ラメー(ルイスの前の「マリー」が欠落した誤記)となっている。

(フランダースの犬の物語について)

1870年頃のベルギー・フランダース地方でのこと。ネロはおじいさんと貧しいながらも幸せに暮らしていました。ある日、ネロは道端に捨てられていた犬のパトラッシュを見つけ、家に連れて帰り看病します。元気になったパトラッシュは牛乳運びの仕事を手伝ったり、いつもネロと一緒に過ごすようになりました。ところが、おじいさんが無理をして働いたために体を壊し、やがて亡くなってしまいます。それから次々と不幸な出来事が訪れます。ネロはパトラッシュと共に健気に立ち向かいますが...。
「あらいぐまラスカル」

「あらいぐまラスカル」

フジテレビ系の世界名作劇場枠で放送された作品で、放映期間は1977年1月2日から12月25日までで、全52話。
「あらいぐまラスカル」は、アメリカの作家・スターリング・ノースが自らの少年時代を回想した小説、「はるかなるわがラスカル」を原作とした日本のテレビアニメ。

(あらいぐまラスカルの物語について)

11歳の少年、スターリング・ノースとあらいぐまの「ラスカル」の友情物語とされるが、その一方で自然と人間の共存の難しさに関しても触れている。
「母をたずねて三千里」

「母をたずねて三千里」

フジテレビ系の世界名作劇場枠で放送された作品で、放映期間は1976年1月4日から同年12月26日までで、全52話。
「母をたずねて三千里」は、エドモンド・デ・アミーチスの "Cuore" (『クオーレ』)中の Maggio (5月)の挿入話 "Dagli Appennini alle Ande" (アペニン山脈からアンデス山脈まで)を原作としたアニメ作品。

(母をたずねて三千里の物語について)

1882年、イタリア・ジェノヴァに暮らす少年マルコ・ロッシが、アルゼンチン共和国のブエノス・アイレスに出稼ぎに行ったっきり音信不通になった母アンナ・ロッシを訪ねる(たずねる)ため、アルゼンチンへ自ら旅に出る物語である。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「あらいぐまラスカル」が40周年!原宿にラスカルショップがオープン!!

「あらいぐまラスカル」が40周年!原宿にラスカルショップがオープン!!

「あらいぐまラスカル」が今年40周年を迎えたことを記念し、9月1日から10月1日までの期間限定で「原宿ラスカルショップ」がオープン!子供の頃にラスカルに慣れ親しんだ人なら要チェック!
隣人速報 | 701 view
今見てもカワイイ!!あらいぐまラスカルを覚えていますか?

今見てもカワイイ!!あらいぐまラスカルを覚えていますか?

モンストのCMで若い人たちにもおなじみ、あらいぐまラスカル。キャラクターは知っているけど、内容まではよく知らないという人が多いのではないでしょうか。ここではそんなラスカルについて詳しくご紹介します!
きゃとらん | 4,645 view
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 984 view
ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 914 view
ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子御用達のアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」のスピンオフ漫画「魔法の天使 クリィミーマミ 不機嫌なお姫様」の単行本第1巻がついに発売!
隣人速報 | 3,019 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト