今見てもカワイイ!!あらいぐまラスカルを覚えていますか?
2015年10月3日 更新

今見てもカワイイ!!あらいぐまラスカルを覚えていますか?

モンストのCMで若い人たちにもおなじみ、あらいぐまラスカル。キャラクターは知っているけど、内容まではよく知らないという人が多いのではないでしょうか。ここではそんなラスカルについて詳しくご紹介します!

4,159 view

「あらいぐまラスカル」とは?

 (1494692)

『あらいぐまラスカル』は、アメリカの作家・スターリング・ノースが自らの少年時代を回想した小説、『はるかなるわがラスカル』を原作とした日本のテレビアニメ。11歳の少年、スターリング・ノースとあらいぐまの「ラスカル」の友情物語とされるが、その一方で自然と人間の共存の難しさに関しても触れている。フジテレビ系の世界名作劇場枠で放送された作品で、放映期間は1977年1月2日から12月25日で全52話が放送された。

【懐かしアニメ】あらいぐまラスカル オープニング - YouTube

OPテーマ - 「ロックリバーヘ」

あらいぐまラスカル 世界名作劇場 おいでラスカル - YouTube

EDテーマ - 「おいでラスカル」
大杉久美子さんのさわやかな歌声がアメリカの大自然にピッタリ合った名曲ですね。
子供の頃は英語の歌詞は適当に歌ってたなあ・・・

「あらいぐまラスカル」のあらすじ

 (1494707)

舞台は1914年のアメリカ合州国。ウィスコンシン州のブレールスフォードという小さな町にスターリング・ノースという名前の11歳になる動物好きの少年が住んでいました。
スターリングは大の動物好きだったので、犬のハウザー、カラスのポー、そしてスカンクたちを飼っていました。

ある日友人のオスカーと一緒に、ウエントワースの森の奥へ釣りに出かけたスターリングは偶然あらいぐまの親子に遭遇します。
動物好きのスターリングはあらいぐまを飼おうと考え、あらいぐまの母親と赤ちゃんを捕まえようとしましたが、母親の方は居合わせた猟師に撃たれてしまいます。
残されてた子供のあらいぐまはまだ目も開かない赤ちゃんでした。スターリングはその赤ちゃんを「ラスカル」と名付け、大切に育てることにしました。
当時あらいぐまをペットとして飼うことはほとんど先例が無く、手探りの状態での毎日でしたが、ラスカルはすくすくと育ち、スターリングの友達からも可愛がられるようになります。
その一方で、ラスカルは成長するにつれて野生のあらいぐま本来の姿を見せ始めることで、一部の人たちからは敬遠される存在になってしまいます。
ラスカルはとても賢く、飴の包みを取ったり、コップのミルクを飲んだり、ジャムのビンを自分で開けたり、たりと、動物とは思えないような驚くような動作を覚えていきます。
しかしその分イタズラもひどく部屋の中の物を荒らし回ったり、近所のトウモロコシ畑を荒らしたりと被害は大きくなっていくのでした。
主人公・スターリング少年があらいぐまを拾って世話をするシーンは覚えていましたが、あらすじを振り返ってみると、野生のアライグマは「害獣」であり、人間との共生は難しいという深いテーマも描かれていたことがわかります。

大人になった今見てみると「ラスカルかわいい!」だけでなく、また違う見方ができそうです。

気になる最終回は?

 (1494695)

トウモロコシの味を覚え、畑を荒らすようになったラスカルは大人たちの恨みを買い、スターリングはラスカルを檻に入れて飼育するようになります。
自由にのびのびとラスカルを飼育することができなくなり心を痛めていたスターリング。
ラスカルとの生活が1年経とうとしていたころ、父親の事業が失敗し家を売却せざるを得ない状況に。母親も病気で亡くなっているためスターリングはミルウォーキーに住む姉夫婦と一緒に暮らす事になります。
スターリングは泣く泣くラスカルを森に返す決心をし、手作りのカヌーを使って、人里へ二度と戻って来られないように、また猟師に狙われなくて済むように、森の奥深くにラスカルを返します。
最後にスターリングが森に旅立ったラスカルをそっと見に行くと、ラスカルはかわいいメスのあらいぐまといっしょにいて、幸せそうにしているのを見届けます。
そしてスターリングも父親や友人達と別れ、涙をこらえながらミルウォーキーへと旅立っていきます。
不幸が重なり、ラスカルを野性に返すことになったスターリング少年。
ペット問題が深刻化した今、見返してみるといろいろ考えさせられるものがあります。

「あらいぐまラスカル」にまつわるトリビア

 (1494742)

ラスカルの声(鳴き声)を担当することになった野沢雅子は、役作りのために動物園に行き一日中アライグマを観察したというが、その時学んだことは“アライグマは鳴かない”という事であった。しかしその後TVにおいて鳴き声をようやく聞くことが出来たため、それを真似たという。
アリスは原作には登場しないアニメオリジナルのキャラクターである。その他、アニメオリジナルのエピソードが追加されていたり、物語の展開が細部で若干異なっている。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「あらいぐまラスカル」が40周年!原宿にラスカルショップがオープン!!

「あらいぐまラスカル」が40周年!原宿にラスカルショップがオープン!!

「あらいぐまラスカル」が今年40周年を迎えたことを記念し、9月1日から10月1日までの期間限定で「原宿ラスカルショップ」がオープン!子供の頃にラスカルに慣れ親しんだ人なら要チェック!
隣人速報 | 595 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

1970年代から人気を集めている少女マンガ『ベルサイユのばら』の最新13巻が1月25日に発売することを記念して、22日まで大相撲一月場所にオスカルの懸賞幕が毎日登場する。
red | 997 view
【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

男装の麗人・オスカルと幼馴染にして彼女の従卒であるアンドレの“叶わなかった結婚生活”を表現したティーカップ&ソーサーセットが登場。2017年に45周年を迎える漫画『ベルサイユのばら』と高級陶磁器メーカー『ノリタケ』のコラボで実現した。
ribbon | 1,766 view
母を訪ねて三千里

母を訪ねて三千里

世界名作劇場が送る第二作目。1976年の1月から12月まで一年に渡って放送された。何度も危機に会いながらも周りの人間に助けられ長い旅路を経て母親の元へと向かう少年マルコを描いた。そんな母を訪ねて三千里を纏めてみました。
yruuu | 2,781 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト