映画『私生活のない女』狂気と哀愁が交差する!パリで少女が体験したこと
2018年7月4日 更新

映画『私生活のない女』狂気と哀愁が交差する!パリで少女が体験したこと

映画『私生活のない女』主演女優のヴァレリー・カプリスキー美しさ、生命力を感じるヌードが魅力的です。1984年に公開された当時はヴァレリー嬢が演じる少女エテルをボカシが覆っていました。1980年代のソフトコアと言われる映画をボカシ無しの無修正版で楽しみましょう。

3,170 view

映画『私生活のない女』アンジェイ・ズラウスキー監督

Land of Whimsy 映画『私生活のない女』 (1683670)

映画『私生活のない女』アンジェイ・ズラウスキー監督は1940年11月22日にポーランドのルヴフ (現在のウクライナ・リヴィウ) 生まれ。父親は作家ミロスワフ・ジュワフスキ、父方の大叔父に作家イェジイ・ジュワフスキがいます。
1957年から1959年までフランスに留学。1960年から1966年までアンジェイ・ワイダの助監督を務めています。
映画『私生活のない女』のアンジェイ・ズラウスキー監督は、2016年2月17日、癌のためワルシャワで75歳で亡くなりました。
 (2028402)

26歳年下の女優ソフィー・マルソーと長い間事実婚の関係にあり、(後に解消)1995年に息子ヴァンサンが誕生、ソフィー・マルソーは未婚の母になっています。
画像はアンジェイ・ズラウスキー監督作品「ソフィー・マルソーの愛人日記」(トップアイドルだったソフィー・マルソーが成熟した女優へ変貌を遂げた衝撃の作品)
余談ですが、少女への淫行容疑で逮捕、裁判では司法取引により法定強姦の有罪の判決を受けた。ポーランド人監督は、ロマン・ポランスキー(1933年8月18日生まれ)です。

映画『私生活のない女』のあらすじと登場人物

1985年2月22日劇場公開された、映画『私生活のない女』 の監督はアンジェイ・ズラウスキー、製作はルネ・クレトマン。脚本は、ドミニク・ガルニエとアンジェイ・ズラウスキー。
La femme publique : Les photos 『私生活のない女』 (1683932)

映画『私生活のない女』の舞台はフランス、パリ。映画監督と、彼に見出された女優、女優と共に暮らすチェコ亡命者の3人の愛憎を描いた作品です。
映画『私生活のない女』少女エテルの父親
Valérie Kaprisky「La femme publique」(1984)『私生活のない女』 | favorite actress | Pinterest (1683974)

映画『私生活のない女』は、パリの裏町をさっそうと歩く少女エテルの姿から始まります。彼女はバーに入り、店員に男に渡してくれるようにお金を預けます。この男が母と別れて出て行った彼女の父親です。
女優ヴァレリー・カプリスキーが演じる少女エテル
Oh I dream to heal your wounds but I bleed myself 映画『私生活のない女』 (1683659)

映画『私生活のない女』少女エテルは女優を目指している20歳です。
出典 coub.com
Andrzej Żuławski/La Femme Publique 『私生活のない女』| allerlei | Pinterest (1683923)

少女エテルは、複雑な家庭環境の中、パリで女優を目指しながら、ヌードモデルのアルバイトをして生活費を稼いでいます。
ヴァレリー・カプリスキーはフランスの美人女優です。体型は脚は長くない、お尻は大きい、親しみのあるプローポーションです。

『私生活のない女』とは?

La Femme publique (1984) DVDRip [1,65GB] - Free Download | Cinema of the World (1684063)

映画オーディションでケスリング監督の目にとまり、ドストエフスキーの『悪霊』の映画のリサ役に選ばれる。ケスリング監督はエテルに「自分自身で演じるにではなく、リサになれ!」と命じます。
それは「誰か特定の人のため」ではなく「みんなに愛される女になること」
これが映画の題名『私生活のない女』英語の題名は『The Public Woman』です。

『私生活のない女』少女エテルとミランとの出会い

そして女性の死体が発見される。
Lambert Wilson &  ヴァレリー・カプリスキー // 『私生活のない女』 - La Femme publique / The Public Woman (1984) | faces | Pinterest | Public and The O'jays (1684040)

ケスリング監督に疑惑を抱いたエテルは、ホテルの調理場で働く、ランベール・ウィルソン演じるミランという男を訪ねます。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】ハリウッドの重鎮、カーク・ダグラスさんが103歳で死去。OK牧場の決斗、スパルタカスなど

【訃報】ハリウッドの重鎮、カーク・ダグラスさんが103歳で死去。OK牧場の決斗、スパルタカスなど

「OK牧場の決斗」「スパルタカス」などの代表作で知られる俳優、カーク・ダグラスさんが現地時間の2月5日に亡くなっていたことを、息子で俳優のマイケル・ダグラスさんが発表しました。103歳でした。
隣人速報 | 435 view
「帯をとく夏子」「処女受胎」「悶え」など、昭和の大女優・若尾文子の主演4作品が初のDVD化!!

「帯をとく夏子」「処女受胎」「悶え」など、昭和の大女優・若尾文子の主演4作品が初のDVD化!!

大映を代表する女優のひとりとして昭和期に活躍した若尾文子が、50年代から60年代にかけて主演を務めた映画4作品「帯をとく夏子」「処女受胎」「薔薇の木にバラの花咲く」「悶え」がDVDとして発売されることが決定しました。
隣人速報 | 746 view
【訃報】宍戸錠さん死去。代表作の「渡り鳥シリーズ」「ハレンチ学園シリーズ」を振り返る

【訃報】宍戸錠さん死去。代表作の「渡り鳥シリーズ」「ハレンチ学園シリーズ」を振り返る

昭和から平成期にかけて「エースのジョー」の愛称で親しまれた俳優・宍戸錠さんが1月21日、亡くなっていたことが明らかとなりました。86歳でした。
隣人速報 | 924 view
世界の映画界を席巻した黒澤明監督作品の「海外版ポスター」を特集した書籍『旅する黒澤明』が刊行!!

世界の映画界を席巻した黒澤明監督作品の「海外版ポスター」を特集した書籍『旅する黒澤明』が刊行!!

国書刊行会より、日本の映画界を代表する監督・黒澤明の作品の「海外版ポスター」を特集した書籍『旅する黒澤明: 槙田寿文ポスター・コレクションより』の発売が決定しました。発売予定日は2020年1月24日。
隣人速報 | 255 view
【訃報】脚本家・上原正三さん死去。ウルトラセブン、ギャバン、シャイダー、ゴレンジャー、デンジマンなど

【訃報】脚本家・上原正三さん死去。ウルトラセブン、ギャバン、シャイダー、ゴレンジャー、デンジマンなど

「ウルトラマンシリーズ」などの特撮、アニメなどの作品で脚本を務めたシナリオライター・上原正三さんが1月2日、肝臓がんのため亡くなっていたことが明らかとなりました。82歳でした。
隣人速報 | 615 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト