エマニュエル夫人さんの記事

広末涼子と男性遍歴・噂になった芸能人一覧

広末涼子と男性遍歴・噂になった芸能人一覧

広末涼子は10代の頃から清純派の女優と呼ばれて来ました。しかし、私生活では、二度のできちゃった結婚、不倫報道など奔放な男性遍歴の持ち主です。広末涼子と噂になった芸能人一覧です。
清水由貴子の生い立ちや自殺の真相

清水由貴子の生い立ちや自殺の真相

明るくポッチャリしたイメージの清水由貴子の生い立ちや歌手活動について。自殺についての詳細や、あまり知られていない理由。49歳で自ら命を絶った、不安と無力の要因について調べてみました。
「おじさん!」というドドンパ「東京娘」桜たまこがヌードに!

「おじさん!」というドドンパ「東京娘」桜たまこがヌードに!

1976年、ピンクレディーがデビューした年に石坂まさの門下生、14歳の桜たまこはデビューした。セカンドシングルの「東京娘」がヒット。変わった芸名と「おじさん!」という曲の出だし、優れた声量と歌唱は記憶に残っている。歌手引退後に発表したヌード画像もあわせて紹介していく。
芸能人のお見合い番組「ラブラブショー」に出演したカップル

芸能人のお見合い番組「ラブラブショー」に出演したカップル

昭和の40年半ばから50年代のかけて、日曜に放送されていたの「ラブラブショー」。芸能人の疑似お見合い番組です。ちまたで話題の男女がゲストカップルに選ばれ、ゲストの付添人数人も登場。ゲストの秘話などを明かしていきます。番組がきっかけで結婚した芸能人や「ラブラブショー」に出演したカップルを紹介します。
子役~美少年アイドル歌手へ、黒沢浩(ウィリアム浩)の現在

子役~美少年アイドル歌手へ、黒沢浩(ウィリアム浩)の現在

黒沢浩(ウィリアム浩)は、ハーフ子役のキャロライン洋子の兄です。子供モデルから「少年探偵団」の子役、歌手活動を経て、モデル並みのイケメンの成長。芸能界を引退して学業に専念、現在は、自社の取締役などを務めています。黒沢浩の子供~大人になるまでの芸能活動と類まれな美少年、イケメン画像を紹介します。
黒木香さん脇毛のAV女優の思い出

黒木香さん脇毛のAV女優の思い出

横浜国立大学在学中の1986年10月2日に『SMぽいの好き』でAVをデビューした黒木香。バラエティ番組でタレント活動をしたり、歌手デビューしたり、80年代後半に活躍しました。村西とおる監督との愛人関係や自殺未遂騒動の末に引退。現在は一般人として暮らしています。黒木香さんの思い出の画像や映像を集めてみました。
エマニュエル夫人 | 11,146 view
ケメ=佐藤公彦「フォーク界の貴公子」65歳の生涯、思い出の『あおい君と佐藤クン』

ケメ=佐藤公彦「フォーク界の貴公子」65歳の生涯、思い出の『あおい君と佐藤クン』

1970年代に「ケメ」の愛称で活躍していたシンガーソングライターの佐藤公彦は、中性的な外見と女性ファンの多さから「フォーク界の貴公子」と呼ばれていました。その佐藤公彦さんは、2017年6月に65歳の若さで亡くなりました。ケメの音楽や深夜放送『あおい君と佐藤クン』などを振り返ってみました。
お色気を感じる歌手NO.1♡安倍律子の不倫や失踪騒動の真実・現在の画像

お色気を感じる歌手NO.1♡安倍律子の不倫や失踪騒動の真実・現在の画像

安倍律子は、1970年に「愛のきずな」で歌手デビュー。歌の上手さと美貌、お色気に悩殺されました。約半世紀にわたる歌手活動では47曲を発表しています。不倫や失踪騒動を経て。現在は、安倍里葎子名でコンサートを行っています。70歳を迎える安倍里葎子の現在の画像も紹介します。
セクシー♡三東ルシア♡超かわいくて、めちゃマブかった歌手だよ!

セクシー♡三東ルシア♡超かわいくて、めちゃマブかった歌手だよ!

1974年「おさかなになった私」(TOTOホーロバスのCM)でブレイクした三東ルシアは、当時16歳。超かわいくてセクシー、めちゃマブかった。印象に残っている。歌手活動と現在の画像。
映画「パリのめぐり逢い」自由の国フランスの三角関係を学びましょう。

映画「パリのめぐり逢い」自由の国フランスの三角関係を学びましょう。

浮気症の夫と妻、不倫をする若い女性のストーリーです。1967年に発表された古い映画ですが、単なる三角関係に終わらないところが、自由の国フランスの映画です。原題の意味は、生きるために生きる。登場人物それそれの生き方や人生の課題への取り組み方を学びましょう。
「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」の歌手 鹿取洋子さんは、実業家として活躍中

「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」の歌手 鹿取洋子さんは、実業家として活躍中

松田聖子や田原俊彦と同じ1980年に「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」で歌手デビューした鹿取洋子。モデル並に長身でスタイリッシュな彼女は、他のアイドルとは一線を画した都会的なイメージでした。歌手から女優活動、そして現在は、実業家として活躍している鹿取洋子さんについて。
桑江知子「私のハートはストップモーション」現在も活躍中です!

桑江知子「私のハートはストップモーション」現在も活躍中です!

1979年に「私のハートはストップモーション」がヒットした歌手 桑江知子のデビュー秘話。懐かしい水着グラビアをまじえて振り返ってみます。現在のコンサート活動やアラ還を迎えた桑江知子の現在の画像も公開。
「ネイティブ・サン」日本のフュージョンバンド

「ネイティブ・サン」日本のフュージョンバンド

1970年代から80年代の日本のフュージョンブームに活躍したバンド「ネイティブ・サン」。懐かしいマクセルカセットのCMや与論島ライブ動画。「ネイティブ・サン」のメンバーやバンド名の意味。そして、フュージョンバンドゆえの迷走、解散にいたるまで。
映画『ジャッカルの日』暗殺にまつわる政治スリラーの名作(1973年)

映画『ジャッカルの日』暗殺にまつわる政治スリラーの名作(1973年)

フォーサイスの原作を忠実に映画化。1960年代のフランスを舞台にシャルル・ド・ゴール大統領暗殺を計画する、フランス準軍事秘密組織「OAS」に雇われたイギリス人暗殺者「ジャッカル」とそれを阻止しようとするフランス官憲の政治スリラー映画です。
伝説のジャズヴォーカリスト笠井紀美子・現在の画像

伝説のジャズヴォーカリスト笠井紀美子・現在の画像

70年代に活躍した、ジャズヴォーカリスト笠井紀美子は、日本人離れした歌唱力とルックスで音楽雑誌を賑わせていました。歌手を引退してジュエリーデザイナーになった笠井紀美子さんについて、現在の画像。
「シーナ&ロケッツ」鮎川誠の愛するシーナと音楽の人生ドラマ

「シーナ&ロケッツ」鮎川誠の愛するシーナと音楽の人生ドラマ

九州発祥の「めんたいロック」の先駆者、鮎川誠の活動と「シーナ&ザ・ロケッツ」の妻シーナとの出会い。 結婚や娘達との人生ドラマ。愛用楽器について。
カルメン・マキ「時には母のない子のように」からロック歌手に!

カルメン・マキ「時には母のない子のように」からロック歌手に!

1969年に17歳のカルメン・マキ「時には母のない子のように」を歌い、デビューしました。その後ロック歌手に転向したカルメン・マキの軌跡。逮捕と現在の活動。
70年代にディスコで踊った! 『悲しき願い』サンタ・エスメラルダ

70年代にディスコで踊った! 『悲しき願い』サンタ・エスメラルダ

70年代のディスコミュージックの名曲『悲しき願い』は、ディスコグループ「サンタ・エスメラルダ」によるバージョンが1978年にヒットしました。原曲『Don't Let Me Be Misunderstood』やカバー曲、ボーカルのリロイ・ゴメスの活動。
尾崎紀世彦「和製トム・ジョーンズ」と呼ばれた歌手

尾崎紀世彦「和製トム・ジョーンズ」と呼ばれた歌手

1972年に「また逢う日まで」が大ヒットした歌手の尾崎紀世彦のルーツ。名曲の動画の動画の紹介。結婚と二人の妻、子供。死因と家族について。
ドラマ『プロハンター』主題歌の「ロンリー・ハート」クリエイション

ドラマ『プロハンター』主題歌の「ロンリー・ハート」クリエイション

ドラマ『プロハンター』の主題歌「ロンリー・ハート」は、ロックバンドから、いきなりフュージョンバンドになったクリエイションのヒット曲です。バンドクリエーションについてと「ロンリー・ハート」の歌詞のこと。
強烈なアイドル!能瀬慶子&アテンションプリーズ(引退後の動画あり)

強烈なアイドル!能瀬慶子&アテンションプリーズ(引退後の動画あり)

昭和の記憶に残っている能瀬慶子あの歌声と、個性的な演技。強烈な印象を残したアイドル能瀬慶子の当時の動画や水着画像。引退後の動画。浜田省吾が提供した曲など。
幻のアイドル三木聖子・元祖「まちぶせ」歌手の引退~現在

幻のアイドル三木聖子・元祖「まちぶせ」歌手の引退~現在

70年代にわずか2年間の芸能活動&11ヶ月の歌手活動をして引退した幻のアイドル三木聖子。 元祖「まちぶせ」(ユーミン作詞作曲)を歌い、短い間に1枚のアルバムと3枚のシングルをリリース そんな三木聖子の懐かしい思い出と現在。
吉川晃司のヒット曲「モニカ」歌詞の意味~当時の動画も合わせてプレイバック!

吉川晃司のヒット曲「モニカ」歌詞の意味~当時の動画も合わせてプレイバック!

1984年にヒットした吉川晃司の名曲「モニカ」。歌詞の意味やサンタモニカについて、当時の吉川晃司のダンスや動画。
「なぜか埼玉」歌手さいたまんぞうの現在、あれからどうしてる?

「なぜか埼玉」歌手さいたまんぞうの現在、あれからどうしてる?

1980年代に「なぜか埼玉」がヒットした、歌手のさいたまんぞう氏の活動とアラセブ(アラウンド・セブンティー)の現在。コミックソングの舞台になった埼玉の画像を交えて振り返ってみました。
泰葉の歌手としての才能を検証・うつ克服~婚約&現在

泰葉の歌手としての才能を検証・うつ克服~婚約&現在

最近色々と話題になっている泰葉。彼女は19歳の時に歌手デビュー。シンガーソングライターとして、楽曲の提供もしています。若く見えるとミドル世代の女性たちの注目を浴びています。婚活や妊活よりも、才能を無駄にすることなく、還暦を名指して歌手として頑張っていただきたい。
270 件