【70’sアイドル】その可愛さからバービーちゃん呼ばれた香坂みゆきのデビューから結婚まで!
2020年3月1日 更新

【70’sアイドル】その可愛さからバービーちゃん呼ばれた香坂みゆきのデビューから結婚まで!

コメンテーターなどタレントとして活躍している香坂みゆきさん。、バラエティ番組出演でお茶の間のアイドルとなりその人気でアイドル歌手として活躍し今でもその美しさをキープしています。そんな香坂みゆきさんのデビューはなんと3歳の時だったって知っていましたか?

9,191 view

お茶の間のアイドル「香坂みゆき」

香坂みゆき

香坂みゆき

こうさかみゆき
誕生日:1963年2月7日
星座:みずがめ座
出身地:神奈川
性別:女
血液型:AB型
身長:157cm
体重:44kg
デビュー年:1966年

3歳でモデルデビューし小学生の時には本名の彦坂みゆきで小学館の学年別学習雑誌などの表紙に起用されるなどモデルとして活躍。
モデルとして活躍していたこともありその容姿はたぐいまれな美しさでバービーちゃんと呼ばれていたこともある香坂みゆきさん。
お茶の間で人気が出たのは萩本欽一氏が司会でおなじみのバラエティ番組「欽ちゃんのドンとやってみよう!」のマスコットガールとして起用されたことが発端でした。
欽ちゃんのドンとやってみよう!

欽ちゃんのドンとやってみよう!

元々ラジオ番組で人気が出た番組をテレビ版に編成して番組タイトルを変え放送開始した番組で、コント55号での今後に不安を感じた萩本欽一氏が新しいお笑いを求めて始まったとされています。
一般からハガキによる投稿でテーマに沿ったコントを作り送ってもらうといったあの手法はラジオ番組の時に始まりそのままテレビでも継続したという形のようです。
香坂みゆき 『ニュアンスしましょ』 ( ミュージシャン ) - 音選街 - Yahoo!ブログ (1795170)

その番組内のマスコットガールとして起用された香坂みゆきさんは当時12歳という少女の時でその愛くるしさでアシスタントという枠を超えた人気を博しました。

歌手デビューは14歳

12歳でお茶の間の人気者となった香坂みゆきさんが歌手としてデビューしたのは14歳の時でした。1970年代後半はピンク旋風が吹き荒れどんなにルックスが良くても歌唱力があっても売れるトップアイドルになるには難しい時代でした。
愛の芽ばえ

愛の芽ばえ

1977年4月21日リリース
こんなにも可愛らしい14歳が大人気アイドルグループ、ピンクレディに立ち向かっていかなくてはならないなんて当時のピンクレディの人気の高さを知っている人から見たらむごすぎます!と言い切るでしょう。
ペッパー警部

ペッパー警部

1976年8月25日リリースでピンクレディのデビュー曲でもある「ペッパー警部」からトップアイドルとしての階段を駆け上っていました。
セカンドシングルの「S・O・S」ではオリコンチャート1位を獲得しその人気は不動のものとなりピンクレディの時代が始まったことを称してピンク旋風と言われるほどでした。
老いも若きも猫も杓子もピンクレディに注目しピンクレディに関した商品がたくさん売れた時代でもあったと思います。
筆者も幼い頃に良く踊り歌っていたと言われかすかに記憶にも残っているほどです。決して安くはないレコードがたくさんあったのはピンクレディの曲さえ掛けてあればおとなしくしていたという理由まで大きくなって教えてくれました。それほどピンクレディの人気は絶大で人気、レコードの売り上げで右に出るものもなかったと言われています。

初恋宣言

1977年8月1日リリース
歌唱力は悪くないのです。どちらかと言えば歌唱力も容姿も問題なくトップアイドルとして活躍できたはずなのですが時代が悪かったとしか言えません。この時代にアイドルとしてデビューするということは歌唱力に定評があったからなのですが、ピンクレディの人気にはかなわなかったと思うしかありません。そんな時代でした。

最大のヒット曲「ニュアンスしましょ」

香坂みゆき ニュアンスしましょ 2 HD

17枚目にリリースされた「ニュアンスしましょ」が香坂みゆきさんにとって最大のヒット曲とされています。
アイドルと言われることに抵抗があったと本人が述べていたようにテレビカメラに向かって笑顔を振りまくというスタンスのアイドルという枠には馴染めなかったということで、最大のヒット曲となった「ニュアンスしましょ」もテイストが独特で彼女のミステリアスな雰囲気に合っていたということもヒット要因の1つなのかもしませんね。
 (1796219)

作詞を大貫妙子が、作曲をEPOが、編曲を清水信之が担当しこのテイストの曲ができました。
大貫妙子

大貫妙子

自信もアーティストとして歌手活動を行っていて、この曲以外にもアイドル路線の真ん中を歩くようなアイドルからアーティスト気質が強い本格派まで多数にわたって楽曲を提供しています。
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【追悼】過去には暴力団トラブルで引退も!『安西マリア』を振り返ってみた!!

【追悼】過去には暴力団トラブルで引退も!『安西マリア』を振り返ってみた!!

歌手でありながらモデル顔負けの超美ボデイをもった安西マリアさん、勿論、歌手としても第15回日本レコード大賞新人賞受賞するなど歌唱力も抜群だった安西マリアさんが懐かしく振り返ってみました。
ギャング | 9,039 view
うわさのチャンネル!!でブレイクした『木ノ葉のこ』!覚えてる?現在も美女!それとも!

うわさのチャンネル!!でブレイクした『木ノ葉のこ』!覚えてる?現在も美女!それとも!

1970年代後半から80年代にかけてバラエティ番組や芝居で活躍していた「木ノ葉のこ」さんを覚えていますか?バラドルと言う言葉が出来る前からバラドル的な存在だった木ノ葉のこさん現在はアスリート並みだとか・・・。
ギャング | 5,499 view
【追悼】資生堂・初代バスボンガール『松本ちえこ』!!

【追悼】資生堂・初代バスボンガール『松本ちえこ』!!

2019年11月17日女優でタレントの松本ちえこさんがお亡くなりになりました。ミドル世代の方々にとっては女優やタレントよりも「アイドル」としての印象が強いと思います。追悼の意味も込めて松本ちえこさんを振り返ってみたいと思います。
ギャング | 7,524 view
娘の杏里が何かと話題になっていますが、あえての母親『坂口良子』総まとめ!!

娘の杏里が何かと話題になっていますが、あえての母親『坂口良子』総まとめ!!

最近何かと娘の杏里さんが事件などで話題になっていますが、あえて母親の坂口良子さんにスポットを当ててデビューからお亡くなりになるまでを総まとめしてみました。
ギャング | 6,431 view
吉本興業に、まだいたんだ!?清水圭!!

吉本興業に、まだいたんだ!?清水圭!!

1980年代に関西から東京に進出するも大成せず東京から一時撤退した清水圭さん。90年代に再度進出するも、いつの間にかメディアに出ることもなく引退されたのかと思ったら、吉本問題で過去を明かすも、吉本にまだいたんだ?と薄い反応・・・。
ギャング | 14,928 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト