【江美早苗】新婚さんいらっしゃい初代司会者で作詞家!? 元夫に殺害された無念の最期
2024年4月1日 更新

【江美早苗】新婚さんいらっしゃい初代司会者で作詞家!? 元夫に殺害された無念の最期

『新婚さんいらっしゃい!』の初代司会者を務め、西野バレエ団から派生したレ・ガールズとして活躍し、後に1970〜80年代のアイドルやアーティストの作詞家として活躍した人をご存知でしょうか?才能豊かな女性でしたが、元夫の手にかけられ無念の最期を遂げています。江美早苗、中里綴、神田エミの名で知られた、生前の彼女を振り返ります。

473 view

西野バレエ団、レ・ガールズでの活躍

江美早苗(えみ さなえ)は、1951年3月15日、島根県松江市の生まれ。本名は神田恵美で、実家は地元で有名な老舗旅館を経営していました。

小学2年生の時に、西野バレエ団に入団。その後は地元の高校を中退し、東京で活躍するようになります。同団メンバーの金井克子、由美かおる、奈美悦子、原田糸子らとともに "5人娘" と呼ばれ、1967年にはダンスグループ「レ・ガールズ」を結成。以後は、アイドルグループとして人気を集めます。

レ・ガールズとしては、1967年のバラエティ番組『レ・ガールズ』、1968年の青春映画『ミニミニ突撃隊』、『初恋宣言』、1969年のテレビドラマ『フラワーアクション009ノ1』などに出演しました。1968年には、ソロ歌手としてもデビューしています。

江美早苗が出演したドラマ『フラワーアクション009ノ1』

009ノ1 第01話[公式]

『新婚さんいらっしゃい!』の初代司会者

『新婚さんいらっしゃい!』は、日曜のお昼、お茶の間ではおなじみの人気バラエティ番組。1971年から今日に至るまで、半世紀以上も放送されている長寿番組です。

その初代司会者というと、多くの人が桂三枝(当時)と梓みちよを思い浮かべるかもしれません。しかし、実は梓みちよは二代目で、初代司会者は、男性は桂三枝&月亭可朝、女性は当時まだ19歳だった江美早苗でした。ただ、江美が司会を務めたのは、1971年1月から7月までのわずか半年間。その後すぐ梓みちよにバトンタッチしていますので、勘違いするのも無理はないでしょう。

以下の六代目桂文枝の公式サイトでは、当時の司会者三人の写真が掲載されています。

ホラー映画に出演、突然の引退

一方、女優活動、音楽活動も続けており、1971年6月には特撮ホラー映画『呪いの館 血を吸う眼』で準主役として好演。同年10月には、7枚目のシングル『ふたりの歓び』をリリースします。

ところが、翌1972年突然の引退表明。芸能界からの引退と同時に、西野バレエ団も退団しました。

江美早苗が出演した映画『呪いの館 血を吸う眼』

呪いの館 血を吸う眼

作詞家・中里綴として復活

引退から一年も経っていない1973年9月、江美早苗はなんと作詞家として復活を果たします。ペンネームは、中里綴(なかさと つづる)

最初のメジャーヒットは、1975年8月にリリースした、南沙織の16枚目のシングル『人恋しくて』です。オリコン8位を記録し、暮れの日本レコード大賞では歌唱賞を受賞。NHK紅白歌合戦でも歌われました。

その他の代表曲は次の通り。途中、神田エミ名義でリリースした楽曲もあります。

南沙織
『気がむけば電話して』

田山雅充
『春うらら』

関田昇介
『はいからさんが通る』

沢田聖子
『キャンパススケッチ』

林紀恵
『えとらんぜ』

中森明菜
『スローモーションの』のB面曲『条件反射』
『少女A』のB面曲『夢判断』

少年隊
『ダイヤモンド・アイズ』


この中で個人的に印象深いのは、林紀恵のデビュー曲『えとらんぜ』。彼女は、第5回ホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリ受賞者で、本曲でアイドル歌手としてデビューを果たしました。

林紀恵『えとらんぜ』作詞:中里綴

Hayashi Norie (林紀恵) - ETRANGE

私生活では・・・無念の最期

私生活では、1981年に、14歳年上のレコードプロデューサーと結婚。1985年に離婚しますが、その後は復縁を要求され、ストーカーのように付きまとわれるようになります。事態は最悪の結果に。1988年3月5日、江美早苗は元夫によって殺害されました享年36

作詞家として活躍を続けていた最中での悲劇で、西野バレエ団時代のファン、作詞家時代のファンには特に大きな衝撃を与えました。実は、元夫のストーカー行為については、地元警察署に相談しており、事前に防げなかったかことが残念でなりません。

以下は、当時のデイリースポーツの記事の抜粋です。
【1988年3月7日のデイリースポーツより】

 5日夕方、東京都品川区、元レコードプロデューサーA(50)が前妻(36)を刺し殺した事件で、殺されたのは、かつて「江美早苗」の芸名で活躍した西野バレエ団のミュージカルタレントだったことが6日夜の大崎署の調べで分かった。

今振り返る彼女の活躍

彼女が亡くなって、執筆時点で36年。幸いにも、彼女のかつての活躍ぶりを、映像や音楽で確認することができます。

中でも、先に紹介したテレビドラマ『フラワーアクション009ノ1』は、東映シアターオンラインの公式YouTubeチャンネルで第1話と第2話が無料で公開されています。ぜひご覧ください。
17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高倉健とのエピソードに一同涙!『鶴瓶ちゃんとサワコちゃん~昭和の大先輩とおかしな2人~』に谷隼人と松岡きっこが出演!!

高倉健とのエピソードに一同涙!『鶴瓶ちゃんとサワコちゃん~昭和の大先輩とおかしな2人~』に谷隼人と松岡きっこが出演!!

全国無料放送のBS12 トゥエルビにて放送中の、笑福亭鶴瓶と阿川佐和子がMCを務めるトークバラエティ「鶴瓶ちゃんとサワコちゃん~昭和の大先輩とおかしな2人~」第9回目(2月12日よる9時00分~放送分)に、谷隼人・松岡きっこ夫妻がゲストとして出演します。
隣人速報 | 159 view
【洋画編】一発屋のイメージが強い俳優・女優のその他の作品をまとめてみた

【洋画編】一発屋のイメージが強い俳優・女優のその他の作品をまとめてみた

映画史に残る名作に出演しながらも、その後あまり目立った活躍が聞こえてこない彼ら。今回はそんな一発屋のイメージが強い俳優・女優の代表作以外の作品に注目してみました。
mm | 352 view
【追悼】2023年上半期、惜しくもこの世を去った著名人を振り返る

【追悼】2023年上半期、惜しくもこの世を去った著名人を振り返る

2023年、今年も昭和を代表する多くのスターがお亡くなりになりました。畑正憲さんなど、今年の上半期に亡くなった方々を振り返ります。
隣人速報 | 657 view
前張りなしの演技でまさか本番なのでは?と噂された映画4選

前張りなしの演技でまさか本番なのでは?と噂された映画4選

ドラマ「失楽園」では、川島なお美さんが前張りなしでラブシーンに臨んだことが話題になりました。実は前張りなしでラブシーンに臨む俳優さんは意外に多いようです。中には本番寸前(!?)まで進んでしまった映画もありました。そこで今回は前張りなしの演技でまさか本番では?と噂された映画4選についてご紹介します。
そうすけ | 24,664 view
座長は柄本明!「劇団東京乾電池」の所属メンバーを見てみよう!

座長は柄本明!「劇団東京乾電池」の所属メンバーを見てみよう!

柄本明さんが座長を務める人気劇団「劇団東京乾電池」。今も昔もかなり豪華なメンバーが在籍されていました。メンバーを振り返ってみましょう。
saiko | 1,608 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト