ポルナレフと言ったら「シェリーに口づけ」と出るヤツちょっと来い!
2017年12月20日 更新

ポルナレフと言ったら「シェリーに口づけ」と出るヤツちょっと来い!

ポルナレフといってもジョジョじゃありません。トゥートゥートゥマシェリーマーシェリーの人です。フレンチポップスの創始者であまーい声の奇行の貴公子ミッシェル・ポルナレフについて語ります。

915 view

ジョジョのポルナレフだって元ネタはこの人

ジャン=ピエール・ポルナレフと間違えてここを開いちゃった人のために。
元ネタはミッシェル・ポルナレフだからね。
wikiにもちゃんと書いてあるのよ!
ジャン=ピエール・ポルナレフ(Jean Pierre Polnareff)は、荒木飛呂彦の漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する架空の人物。Part3『スターダストクルセイダース』、Parte5『黄金の風』に登場。

名前はフランスのミュージシャン、ミッシェル・ポルナレフに由来する[1]。
ほらね~。

日本ではミッシェルなミシェル・ポルナレフ

2007年パリ フランスでの完全復活コンサート

2007年パリ フランスでの完全復活コンサート

この時は63歳くらい?
ちょっとおなか周りがあやしいけど。
ミッシェル・ポルナレフ(Michel Polnareff, 1944年7月3日 - )はフランスの男性ポップス・シンガーソングライター、コンポーザー。フランス共和国ロット=エ=ガロンヌ県ネラック出身。フランスでは国民的歌手としての人気があり、日本でも「シェリーに口づけ」、「愛の休日」などのヒット曲で知られている。
フランス語の発音ではMichelはミシェルなんだけど
日本では長年「ミッシェル」と呼ばれたり表記されたりしたので、
wikiでもAmazonでも「ミッシェル・ポルナレフ」となっています。

音楽家の父、ダンサーの母、本人は5歳から英才教育

父親はウクライナ出身のジャズ・ピアニストで作曲家。
ピアフやイヴ・モンタンにも楽曲を提供していたそうです。
母親はダンサー。
そしてポルナレフ本人は5歳(5歳!)の時から
コンセルバトワールで英才教育を施されていました。

コンセルバトワールとは「パリ国立高等音楽・舞踊学校」のこと。
日本で言うなら「東京芸術大学」てとこでしょうか。芸大は子どもは入学できませんが。
そこに5歳から入って、バリバリにクラシックの勉強をしていき
10代に入った頃にはピアノで優勝したりもします。

ところがそのころ、海の向こうアメリカでは
エルヴィス・プレスリーが音楽シーンを席巻。
ロックのサウンドに目覚めたポルナレフは、
クラシックに対する興味を失い、ピアニストになることを拒否、音楽院を辞めることに。
兵役に行っても不適格者扱いされ、
職を転々としたあと、家を出てボヘミアンな生活を始めます。

フレンチ・ポップスのはじまり

モンマルトルのサクレクール寺院近辺でヒッピー生活をしながら
ストリートミュージシャンをしていたポルナレフ。
やっぱりロックがやりたかったんでしょうね。
ギター一本で英語でのロックの弾き語りをしていたそうです。
ロックの本場のロンドンにも行ってみたものの、あまりぱっとせず
パリに戻ったところで、デビューのチャンスを得ます。

英語で歌いたいという願いは、デビューではかなえられず
デビュー曲「ノンノン人形」は全編フランス語。
だけどこの曲は、のちにレッド・ツェッペリンのメンバーになる
ジミー・ペイジがコード進行を書いており、
1966年シングル15万枚を売り上げる大ヒットとなりました。

Michel Polnareff - La poupee qui fait non ( Rare Original Video 1966 )

彼女は「ノン」しか言わない人形
誰も彼女に「ウィ」を教えてないんだ
彼女は僕を見もしないけど
彼女が「ウィ」と言うまで、僕は待つよ
1966年の衝撃的なデビューののち
1970年前半にかけて、ポルナレフはフランスの国民的ミュージシャンになっていきます。
「愛の願い(Love me, please love me)」
「愛の休日(Holiday)」では、念願の英語での歌詞も入り
彼の音楽は、それまでのフランスのシャンソンとは別のものというカテゴライズをされ
「フレンチ・ポップス」と呼ばれるようになりました。

日本での「シェリーに口づけ」のヒット

ポルナレフのヒットした楽曲は、バラードが多いです。
もともとはコンセルバトワールでバリバリにクラシックをやっていた人間。
楽曲の構成や内容、メロディラインからイメージされる曲想は
クラシックの理論に裏打ちされるものが多く、
ポップスとはいいながら、スケールの大きい曲が多くあり
歌いあげるバラードと相性が良かったのでしょう。

そういう意味では「シェリーに口づけ」は
ポルナレフのいつもの楽曲とは全くテイストの違う曲です。
まるでテクノポップのようなノリのいいアップテンポの曲は、
実は「渚の想い出」(発売時は「追わないで」)というシングルのB面でリリースされました。
当時のタイトルも「可愛いシェリーのために」でした。
なんでこの曲のタイトルが「シェリーに口づけ」になっちまったのか、
wikiにはこう書いてあります。
邦題が「シェリーに口づけ」と訳された理由は不明である。「シェリー」を英語の女性名"Sherry"と勘違いしたという誤訳説もある。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1970年代のサウンドを代表するバンド【ブレッド】を聴き直してみよう

1970年代のサウンドを代表するバンド【ブレッド】を聴き直してみよう

ビートルズが1960年代に大活躍した後、このブレッドは彗星のごとく現れました。美しい旋律で世界中を虜にしたブレッド。今回はそのブレッドが残した名曲の一部を聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 158 view
映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットで見えてきた!クイーンで一番人気のアルバムって!?

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットで見えてきた!クイーンで一番人気のアルバムって!?

現在大ヒットを記録し、クイーンの再ブレイクのきっかけにもなっている映画「ボヘミアン・ラプソディ」。この映画の影響で、クイーンの過去のアルバムが再び注目され、売上を伸ばしています。では、今どのアルバムが特に売れているのでしょうか?
「ボヘミアン・ラプソディ」に続け!ホイットニー、プリンス、エルトン・ジョンなど様々な大物歌手の映画が製作中!!

「ボヘミアン・ラプソディ」に続け!ホイットニー、プリンス、エルトン・ジョンなど様々な大物歌手の映画が製作中!!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットにより、再び注目を集めているロックバンド「クイーン」及び「フレディ・マーキュリー」。連日各メディアで報道されていますよね。そんな中、他の洋楽アーティストを題材にした映画が「クイーンに続け」とばかりに、多数企画されているのをご存知でしょうか?
隣人速報 | 1,311 view
ジャーニーのボーカリストだった【スティーヴ・ペリー】のソロ活動を振り返る

ジャーニーのボーカリストだった【スティーヴ・ペリー】のソロ活動を振り返る

「アメリカン・プログレ・ハード」の代表的なバンドである『ジャーニー』の全盛期を築き上げたボーカリストである【スティーヴ・ペリー】この記事では彼のソロ活動を中心に振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 506 view
スティーヴィー・ワンダーに見出されたミニー・リパートンの【Lovin' You】誰もが一度は耳にしたことがある名曲

スティーヴィー・ワンダーに見出されたミニー・リパートンの【Lovin' You】誰もが一度は耳にしたことがある名曲

【ミニー・リパートン】をご存じない方でも、きっと代表曲である「Lovin' You」は聴いたことがあると思います。世界的に大ヒットし、ジャンル問わずカバーされているこの名曲とともに、【ミニー・リパートン】を振り返ります。
つきねこ | 662 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト