家族愛、ドロドロ愛憎劇、お仕事ものなど人気作多数!昼ドラの歴史を振り返ってみた
2022年5月25日 更新

家族愛、ドロドロ愛憎劇、お仕事ものなど人気作多数!昼ドラの歴史を振り返ってみた

少し前までお昼の時間帯に放送されていたドラマ、通称昼ドラ。中高年の主婦層をターゲットにしていますが、子供時代学校を休んだ時や夏休みに見ていたという人も少なくないのでは?名作ぞろいの昼ドラの歴史を振り返ってみましょう。

6,792 view

昼ドラの始まりは60年代

最初に昼のドラマを放送したのはTBS.1961年からTBS・朝日放送平日昼1時枠の連続ドラマが放送されます。特に枠の名前はありませんでした。その後、1962年に日本テレビ昼1時枠帯ドラマがスタートし、1963年には日本テレビ昼1時15分枠帯ドラマもスタートします。

テレビ朝日系列でも1962年から「女シリーズ」というドラマ枠がスタート。

昼ドラといえばTBSとフジテレビが長く放送していた印象がありますよね。

フジテレビでは1964年から昼ドラを放送。最初は12時台、13時台、13時半と数多くの枠がありました。1964年に13時台の「ライオン奥様劇場」、13時半からの「東海テレビ枠」もスタートしています。

TBSでは1961年から昼ドラを放送していましたが、1968年に「ポーラテレビ小説、1969年から「愛の劇場」がスタートしました。

アメリカでは、昼のドラマ枠は石鹸・洗剤メーカーがスポンサーになることが多いため「ソープオペラ」と呼ばれているそうです。日本でも、ライオンのほか、東海テレビ制作のドラマはP&Gの提供、TBSの「愛の劇場」と日本テレビの「愛のサスペンス劇場」の提供は花王でした。

主婦が見る枠なので主婦が購入する商品のメーカーがスポンサーになるというのはアメリカも日本も同じなんですね。

60年代・70年代の昼ドラ

昼ドラは局によっても傾向が変わっていますが、年代別にも流行がありますね。

TBSの「愛の劇場」では1970年代最初は「女の絶唱」のような「よろめきドラマ」と呼ばれる作品が多かったです。「よろめきドラマ」とは三島由紀夫さんの小説「美徳のよろめき」に由来していて、女性の不貞、浮気の意味から、「心理的動揺」を描いた作品です。

東海テレビ制作の1970年代は「あたんかれ」という明治の呉服屋を舞台にした作品がヒットし、続編も放送されました。NHKの連続テレビ小説のような1人の主人公の一代記的な内容の作品が中心でした。が、『日日の背信』『渚より愛をこめて』のような俗にいう昼メロも初期から放送されていましたね。

80年代の昼ドラ

 (2372539)

「愛の劇場」では81年から86年まで「わが子よ」という社会派シリーズが放送され、人気になります。普通の家庭に起こる家族の病気や事故を通じて家族の絆を描いた物語です、第1シリーズから第6シリーズまで放送されています。

第1シリーズでは骨肉腫になり足を切断する娘を、第2シリーズでは交通事故で突然父親を亡くした家族を描いています。毎回別の家庭が舞台になっていました。80年代後半からは夏の時期は子供も一緒に見られるホームドラマが放送されるようになります。この流れは90年代にも続いていきます。

フジテレビでは、13時からの「ライオン奥様劇場」が1984年に放送終了。東海テレビ制作の1枠だけになります。こちらは「愛の嵐」をはじめとする愛憎劇、いわゆるドロドロ系のドラマが放送されることが多かったです。「愛の嵐」はエミリー・ブロンテの嵐が丘が原案になった作品。
その後も「華の嵐」「夏の嵐」という嵐シリーズが放送されました。昼ドラっぽい!というとこのような愛憎ドラマがイメージされるようになりましたね。

90年代の昼ドラ

 (2372543)

90年代になると、家族で見られるホームドラマを放送することが多くなりました。

「愛の劇場」では「天までとどけ」、「ぽっかぽか」、「大好き!五つ子」などのホームドラマが人気となり、シリーズ化されていました。

1990年代からスタートしたドラマ30では医療・福祉・法律などをテーマした作品や、社会問題をテーマにした作品が多かったです。「いのちの現場から」など「命」(いのち)」とタイトルについている作品が多いです。こちらの時間帯の方が重めの作品でしたね。ホームドラマでも「キッズ・ウォー」はドラマ30枠でしたが、愛の劇場のホームドラマとは一味違う感じでしたね。夏は「五つ子」「キッズウォー」と子供向けの作品が続くこともありました。

東海テレビ枠では温泉を舞台にしたお仕事ドラマ「はるちゃん」やこちらも命をテーマにした作品もありましたが、やはり東海テレビはドロドロ愛憎劇が多かったですね。

2000年代以降

 (2372568)

2000年代に入ってからも「愛の劇場」はホームドラマが多かったです。1990年代から同じシリーズが続いていましたね。

一方、お仕事ドラマでこちらも温泉をテーマにした「温泉に行こう!」や、ドロドロとは正反対の純愛もの「砂時計」「ラブレター」なども放送されました。純愛はドラマ30の「ピュア・ラブ」も人気で3シリーズ放送されています。

東海テレビ制作はやはりドロドロ路線ですが「真珠婦人」、「牡丹と薔薇」、「冬の輪舞」などは話題にもなりましたね。

TBSでも「貞操問答」「デザイナー」を続けて放送、フジも「緋の十字架」と昼ドラ枠のすべてがドロドロ系ということもあったんですよ。

そして「愛の劇場」は「愛の劇場 最終シリーズ 大好き!五つ子」、ドラマ30は「おちゃべり」で2009年に放送終了しています。

昼間ドラマを見る層が減ったことや、韓流ドラマブームなども昼ドラ終了の原因になっているようです。

東海テレビ制作は2016年まで放送していましたが、「嵐の涙〜私たちに明日はある〜」で法相終了となりました2016年から2021年まで「オトナの土ドラ」として同じ層をターゲットにしたドラマを夜に放送していました。

昼ドラとしてはテレビ朝日で「帯ドラマ劇場」として大人向けのドラマを放送しましたがあまり定着せず、2020年で終了してしまいました。

昼にしか見られないドラマはなんだか特別な気がしましたが今では配信などでいつでもドラマが見られるので何も昼に見なくてもという感じにもなってしまっているのでしょうね。
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夏休みに家族で見れる昼ドラ!「大好き!五つ子」

夏休みに家族で見れる昼ドラ!「大好き!五つ子」

昼ドラといえば男女の愛憎劇のドロドロドラマ、というイメージがありましたがホームドラマも多いです。1990年代後半から特に人気が出てきましたね。その中でも人気の作品、愛の劇場で放送された「大好き!五つ子」を振り返ってみましょう。
saiko | 2,173 view
温泉旅館を舞台にした昼ドラ「はるちゃん」を覚えている?

温泉旅館を舞台にした昼ドラ「はるちゃん」を覚えている?

東海テレビ制作の昼ドラの人気シリーズ「はるちゃん」。ドロドロ系の多い枠でしたが旅館を舞台にした明るいドラマで見ていた人も多いのではないでしょうか?昼ドラ「はるちゃん」を振り返ってみます。
saiko | 290 view
温泉を舞台にしたコメディ昼ドラ「温泉へ行こう!」

温泉を舞台にしたコメディ昼ドラ「温泉へ行こう!」

TBSの昼ドラ「愛の劇場」で放送されていた「温泉へ行こう!」。人気シリーズで5シリーズに渡って放送されました。出演者やあらすじを振り返ってみましょう。
saiko | 285 view
愛の嵐(東海テレビ制作昼ドラ)の原作は名作「嵐が丘」ドラマと原作との比較

愛の嵐(東海テレビ制作昼ドラ)の原作は名作「嵐が丘」ドラマと原作との比較

1986年の昼ドラ「愛の嵐」は昭和初期から戦後にかけてがの舞台の、お嬢様が主役の嵐シリーズ3部作の一つです。幼馴染の悲恋や、主役の子供時代を小川範子が演じ、成長してからは田中美佐子が演ずるというキャスティングの豪華さで人気を博しました。愛の嵐の原作はアメリカの女流作家エミリ・ブロンテの「嵐が丘」です。この名作をどうやってドラマににしたのか?ドラマや原作のあらすじについてご紹介していきますね。
そうすけ | 7,395 view
昼ドラの名作【ぽっかぽか】出演者のその後

昼ドラの名作【ぽっかぽか】出演者のその後

深見じゅんさんの人気漫画を原作にドラマ化された昼ドラの名作『ぽっかぽか』。ヒロイン・田所麻美役を女優の七瀬なつみさんが天真爛漫に演じ、夫役の羽場裕一さん、娘役の上脇結友さんと共に人気を博した大ヒット作です。あれから25年以上の時が流れ、田所一家を演じた彼らは一体どのような人生を歩んできたのでしょうか?出演者のその後にスポットを当ててみました。
mm | 9,781 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト