中国市場をターゲットにミッフィーが初の実写映画化。製作開始は2020年前半を予定
2018年5月10日 更新

中国市場をターゲットにミッフィーが初の実写映画化。製作開始は2020年前半を予定

1955年に絵本作家の故ディック・ブルーナさんにより生まれた「ミッフィー」シリーズが、中国市場をメインターゲットに初めて実写映画化されます。製作開始は2020年前半を予定。世界で約50ヶ国語に翻訳されて親しまれている同シリーズが、実写でどう描かれるか期待です。

318 view

中国市場をターゲットにミッフィーが初の実写映画化。製作開始は2020年前半を予定

1955年に絵本作家の故ディック・ブルーナさんにより生まれた「ミッフィー」シリーズが、中国の製作会社とイタリアの制作スタジオのタッグにより実写とCGで映画化される事が分かりました。

世界で約50ヶ国語に翻訳されて親しまれている同シリーズ。絵本の主人公であるミッフィーが、どのようなキャラクター設定で、物語がどう描かれるのか注目を集めています。
ミッフィー スタンダードぬいぐるみ S オレンジ

ミッフィー スタンダードぬいぐるみ S オレンジ

今回の実写映画化では、中国の鑑賞者を主なターゲットとしていて、前述の二社は同シリーズの著作権を保有するメルシス社とすでに合意に達しているとの事です。

中国の市場に向けての製作である事から、キャストには中国でも知名度のある人物が揃えられると予想されますが、その詳細はまだ不明です。なお、製作開始は2020年前半が予定されています。

これまでもアニメ化などはありましたが、実写化は初めてとなる同シリーズ。家族ものが近年のトレンドとなっているなか、中国に限らず日本でも家族で楽しめる内容となる事を期待しています。

絵本作家 ディック・ブルーナさん 【プロフィール】

ランダの絵本作家。グラフィックデザイナー。

1927年8月23日、オランダ・ユトレヒト生まれ。

「ブラック・ベア」シリーズのポスターや装丁で人気を集め、1950年代からはナインチェ・プラウス(ミッフィー・うさこちゃん)の絵本を中心とする創作活動を行う。

2014年7月、「2011年から創作活動を停止している」と報道された。

2017年2月16日、死去。
生前のディック・ブルーナさん

生前のディック・ブルーナさん

7 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

絵本「モチモチの木」をモチーフにしたスマホ周辺アイテムが登場!!さらに「スーホの白い馬」「スイミー」のTシャツも!

絵本「モチモチの木」をモチーフにしたスマホ周辺アイテムが登場!!さらに「スーホの白い馬」「スイミー」のTシャツも!

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて、絵本『モチモチの木』デザインのスマートフォン周辺アイテムや、『名作絵本Tシャツ』シリーズより「モチモチの木」「スイミー」「じぶんだけの いろ」「スーホの白い馬」の4作品をフィーチャーしたTシャツが現在予約受付中です。
隣人速報 | 1,285 view
ムーミン谷の畑で採れた!?ムーミンそっくりの「ナス」が収穫されたと話題に!!

ムーミン谷の畑で採れた!?ムーミンそっくりの「ナス」が収穫されたと話題に!!

フィンランドを代表するキャラクター「ムーミン」。このたびムーミンそっくりの「ナス」が収穫されたと、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 645 view
「バーバパパ」のiPhoneケースが7月21日発売!アパレルブランド「MILKFED.(ミルクフェド)」とコラボ!

「バーバパパ」のiPhoneケースが7月21日発売!アパレルブランド「MILKFED.(ミルクフェド)」とコラボ!

不思議な生き物『バーバパパ』が、人気アパレルブランド「MILKFED.(ミルクフェド)」とコラボを果たした。7月21日(金)よりパーバパパデザインのiPhoneケースが、数量限定で2種販売される。
ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

三栄書房より、80年代に登場したラブコメ漫画のヒロインを特集したムック『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,520 view
皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 2,312 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト