ゴルゴ13実写版!?なにこれ
2016年1月12日 更新

ゴルゴ13実写版!?なにこれ

ゴルゴ13といえば間違いなく日本のマンガ史にに残る名作です。しかしそれを実写版にする試みは多くの悲劇を生んでしまっただけという恐ろしい状況になってしまいました。今回はそんなゴルゴ13を要チェック。

12,051 view

ゴルゴ13って

『ゴルゴ13』(ゴルゴサーティーン)は、さいとう・たかをによる日本の漫画。超一流のスナイパー(狙撃手)「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍を描く劇画である。1968年11月、小学館『ビッグコミック』誌で連載を開始し、現在も同誌に連載中。リイド社の単行本は2015年4月現在177巻を数える。
要はデューク東郷は最強ってことです。それで100巻超えるんだからすごい。
ゴルゴ

ゴルゴ

こんな感じでかっこいいことを言います。ゴププこれぞプルゴ13です
寝ろ

寝ろ

こんな事態になっても何を考えているかわかりません
寝る

寝る

ちなみに一緒に寝た場合はこのようになります。
ゲームも

ゲームも

ちなみにもうすでにゲームにはなっているようです
ゲームでも

ゲームでも

ゲームでもお約束のエッチなシーンはあります。
眼光

眼光

ゲームでも鋭い眼光を放ちます
どういった内容?

どういった内容?

これを見ただけでは内容をまったく理解できません。

ゴルゴ13が映画になった。

作者のさいとう・たかをは東映から映画化を打診されたが乗り気でなく、「無茶な条件を出せば、あきらめるだろう」と思い、「オール海外ロケ」「主演は高倉健」と条件を出したところ、東映がまるまる受け入れたので製作された。高倉以外はすべて外国人俳優で日本人声優によるオール吹き替えがされ、ロケ地はパーレビ体制時代のイラン、同政府が製作協力に名を連ねた。さいとうは綿密な脚本を書き演出の指定もしたが、監督の佐藤純弥は脚本通りに撮らなかったため、さいとうが思い描いた作品とは全く違うものができ、本作にさいとうは不満を抱いている。この映画の脚本は『増刊ゴルゴ』6号に掲載されている。
4億400万円の配給収入を記録、1974年(昭和49年)の邦画配給収入ランキングの第7位となった。
設定にも口を出すたかを先生。それは丸呑みしてしまったからこそ生まれたこの作品。

ゴルゴ13(プレビュー) - YouTube

明らかに角刈りのゴルゴ。こうなってしまえばどこの国の人かはわかりません。
トリビア

トリビア

どうやらトリビアにもなったそうです。これで会話が盛り上がること間違いなしでしょう。
プロです。

プロです。

プロは握手をしません。こう考えてみるとただの嫌な奴のような気がします。
モデル

モデル

一応モデルは高倉健さんのようなので問題はないでしょう。
おもろそうですが、地雷も多いのがこの年代の作品でしょう。
プロど

プロど

たとえ女がうたれていても、自分は隠れてしまいます。これがプロです。
出典 http://livedoor.blogimg.jp/textsite/imgs/7/5/756a7c28.jpg
イランも協力してくれていたみたいです。こんな作品に…

全てを吹き飛ばすゴルゴ13

ゴルゴ13 九竜の首(プレビュー) - YouTube

どこがゴルゴなのかわからない千葉真一verです。こんなパンチパーマのゴルゴ13は嫌です
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【5/14「HK変態仮面アブノーマル・クライシス」見参】「それは私のおいなりさんだ」で一世を風靡したマンガ「究極!!変態仮面」の実写映画第2弾!!

【5/14「HK変態仮面アブノーマル・クライシス」見参】「それは私のおいなりさんだ」で一世を風靡したマンガ「究極!!変態仮面」の実写映画第2弾!!

「変態仮面」。それは格闘系マンガ全盛期の90年代少年ジャンプに、突如現れたギャグ漫画。「それは私のおいなりさんだ」の名セリフを引っ提げて登場したこの変態仮面、大きな声では言えないけれどツボだったというファンの方も多かったのではないでしょうか。2013年には「HK 変態仮面」としてまさかの実写化を果たしたこのマンガ、なんと2016年5月14日から実写映画第2弾が公開されるようです。第2弾公開を記念して第1弾は地上波に登場、くれぐれも端午の節句にちまきと間違えないようにしたいものですね。
青春の握り拳 | 5,113 view
映画『愛しのアイリーン』が大ヒット公開中!原作者・新井英樹からの描き下ろしイラストが到着!

映画『愛しのアイリーン』が大ヒット公開中!原作者・新井英樹からの描き下ろしイラストが到着!

幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。二人で歩む、地獄のバージン・ロード――。9月14日より全国公開中の映画『愛しのアイリーン』の原作者・新井英樹から、映画『愛しのアイリーン』描き下ろしイラストが到着しました。
隣人速報 | 511 view
いくつになっても清純華憐なイメージの吉永小百合ですが、映画の中では意外なほど過激なシーンだって演ってる演技派なんです!

いくつになっても清純華憐なイメージの吉永小百合ですが、映画の中では意外なほど過激なシーンだって演ってる演技派なんです!

吉永小百合といえば清純華憐なイメージが今でも付きまとう正統派の映画女優ですね。デビュー当時、60年代はアイドル的な存在で世の男たちを虜にしていましたが、70年代に入ると映画界の状況が一変したことで彼女も大胆な演技にも挑戦していくことになりました。70年以降の吉永小百合、面白いんですよね。
obladioblada | 1,569 view
【あなたはどっち?】投票結果!デロリアン V.S. ナイト2000、夏のセクシー対決など10本まとめ

【あなたはどっち?】投票結果!デロリアン V.S. ナイト2000、夏のセクシー対決など10本まとめ

あなたの意見がリアルタイムに反映される投票コーナー「あなたはどっち?」懐かしい刑事ドラマ対決、自動車対決、セクシー対決など投票してもらうコーナー!みんなの投票結果をまとめました。
大友克洋先生のSFコミック「AKIRA(アキラ)」について語るスレ。

大友克洋先生のSFコミック「AKIRA(アキラ)」について語るスレ。

マンガ・映画共に大ヒットした「大友克洋」先生のSF漫画「AKIRA(アキラ)」!海外でも大ヒットしマニアックなファンも多い「AKIRA(アキラ)」について語りましょう!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト