美少女達が不思議な能力を使って戦います!!学園アニメ『D4プリンセス』
2016年2月5日 更新

美少女達が不思議な能力を使って戦います!!学園アニメ『D4プリンセス』

各自の持つ素質が具現化した能力(アビリティ)が具現化した鎧(作中では「重甲」と称される)をまとい、武器(ツール)を駆使し闘う、パンツァーと呼ばれる能力者達のバトルを描いたSFアクションです。

1,661 view

D4プリンセス

アニメ『D4プリンセス』

アニメ『D4プリンセス』

原田将太郎による漫画、及びそれを原作としたテレビアニメ。

「月刊コミック電撃大王」(メディアワークス)にて連載されていた。コミックスは全4巻。
あらすじは、
ドリルやはさみなどさまざまな道具の能力を具現した鎧をまとうことのできる能力を持つ者「パンツァー」が格闘技を繰り広げる世界。螺旋皇国の第3皇女・どりすは、ドリルのパンツァー能力を持つ。世間知らずの箱入り娘に育てられてきたが、ついにパンツァーになることを許され、東方帝都にある帝都学園に留学する。ある日、偶然入り込んだ競技場で見かけた同じドリルのパンツァー・我王ねじると戦うことに・・。
更に簡単にストーリをまとめると、学園内に闘技場があって、生徒同士がパンツァーという能力で戦うアニメです。

映像関連

アニメ内容を一部動画で紹介します。

D4プリンセス ED ドリルでルンルン クルルンルン - YouTube

出典 youtu.be

D4 princess ep 1 eng sub - YouTube

Fun and entertaining
出典 youtu.be

D4 princess ep 2 eng sub - YouTube

出典 youtu.be

D4 princess ep 3 eng sub - YouTube

出典 youtu.be

D4 Princess transformation - YouTube

変身シーン。
出典 youtu.be

メインキャラクター

瑠璃堂どりす/ D(ドリル)=プリンセス

瑠璃堂どりす/ D(ドリル)=プリンセス

主人公。13歳。螺旋皇国第三皇女。ドリルの属性を持つパンツァー。しきたりにより13歳まで幽閉された状態で育ったが、明るく天真爛漫。彼女の重甲だけはなぜか自己進化能力を持ち、武器には敵の生命を奪わない「安全弁(リミッター)」がかけられている(適時安全弁を外すのは可能)。闘いで相手の命を奪わない主義。

アニメ版では甘やかされ気味に何不自由なく育った設定で、世間知らずで調子のいい面が強調されたキャラクターとなっているが、バトルを経てその秘めた戦闘力が開花していく。
我王ねじる/ B(ブラッディ)=ドリル

我王ねじる/ B(ブラッディ)=ドリル

アニメオリジナルキャラクター。アニメ版においてのどりすのライバルで一学年上。ショートカットで褐色の肌をしており女性だが一人称は「俺」。両親はなくアルバイトをして妹と暮らしている。転入したてのどりすを妙に気に入り、お互いバトルをしたいと願いあう仲になる。

実は過去にバトルの対戦相手を誤って死なせており、その事実に苛まれ続けていた。また同級生からも事件以来「殺戮さん」と蔑まれ距離をおかれていた。どりすとの念願のバトルで互角に闘い、そのことを通して立ち直ったものの、アルバイトをしていた工事現場で機材の落下から他の作業員を助けようとしているうち鉄骨の下敷きになって死亡する。生前にどりすに書いていた手紙が彼女の死で落ち込んでいたどりすを励ますことになる。
瑠璃堂どりあ/ D(ドリル)=クイーン

瑠璃堂どりあ/ D(ドリル)=クイーン

彼女の武器「カイザー・ロッド」はドリル形態としても使用するが、ドリル部分(流体金属という設定)を解いて鞭状にすることもでき、重甲を着装せずこの鞭だけで闘っているシーンもいくらか描写されている。
原作では最終決戦の後皇帝代行となるが、後に姿を消す。アニメ版では専らどりすのコーチ役としての面が描かれ、理不尽かつハードな特訓を毎日のようにどりすに課す。パンツァー姿はどりすや学校の職員を脅したりするシーンでイメージ的に現れるのみ。
アニメ版では専らどりすのコーチ役としての面が描かれ、理不尽かつハードな特訓を毎日のようにどりすに課す。パンツァー姿はどりすや学校の職員を脅したりするシーンでイメージ的に現れるのみ。
出典 neoapo.com
銀乃つばさ

銀乃つばさ

どりすの級友。報道部に所属し、ジャーナリストになる夢を持っている。パンツァーではないが何かとどりすの手助けをしてくれる。どりす、サイコ、のぞみと行動をよく共にし、サイコとのぞみのどつきあいを叱り付け止める役回り。終盤では記者となってどりすの式典を見守るシーンがある。

アニメ版では学生寮でのどりすのルームメイトという設定になっており、のぞみと共に単なるモブキャラとなっている。
愛野のぞみ / B(ブレード)=スピリット

愛野のぞみ / B(ブレード)=スピリット

どりすの級友で関西弁を喋り、サイコとはたびたびどつき合う仲。原作では彼女もパンツァーであり、武器はブーメランがモチーフ。終盤負傷のためパンツァーになれなくなり、故郷へ帰る。その後は結婚・出産して主婦になった模様。

アニメ版ではパンツァーである設定はなく、つばさと共にバトルの実況役やどりすへのツッコミ役となっている。
三井あかり

三井あかり

原作では登場しないオリジナルキャラクターとしてどりすの上級生に登場する。

パンツァーとは

37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
『美少女戦士セーラームーン』25周年記念、初のクラシックコンサート開催決定!!

『美少女戦士セーラームーン』25周年記念、初のクラシックコンサート開催決定!!

『美少女戦士セーラームーン』誕生25周年企画の一環として、8月2・3日に東京芸術劇場コンサートホールでクラシックコンサート『美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert』を開催することが決定した。
red | 401 view
23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

90年代少女漫画の金字塔『姫ちゃんのリボン』の番外編を収録した『姫ちゃんのリボン 短編集』が発売。当時を知るファンから感嘆のコメントが相次いでいる。また、同作の新刊が刊行されるのは23年ぶりとなる。
『セーラームーン』25周年プロジェクト始動 !特設サイトオープン、コラボグッズなど新企画を発表!!

『セーラームーン』25周年プロジェクト始動 !特設サイトオープン、コラボグッズなど新企画を発表!!

1990年代に一世を風靡した武内直子の人気漫画「美少女戦士セーラームーン」の25周年プロジェクトとして、セーラームーンの特設サイトが公開され、様々な企画が発表されている。
red | 897 view
『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

1970年代から人気を集めている少女マンガ『ベルサイユのばら』の最新13巻が1月25日に発売することを記念して、22日まで大相撲一月場所にオスカルの懸賞幕が毎日登場する。
red | 986 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト