漫画「鬼平犯科帳」が25周年! 衝撃で話題となっているポスターキャンペーンにプレゼント企画も!
2018年11月29日 更新

漫画「鬼平犯科帳」が25周年! 衝撃で話題となっているポスターキャンペーンにプレゼント企画も!

連載開始から25周年を迎える、ご存知さいとう・たかを先生の劇画「鬼平犯科帳」。リイド社は「鬼平犯科帳」の25周年を記念して衝撃的なポスターで様々な読者層への広報を開始。ネットで話題となっていますが、なんとそのポスターのプレゼント企画もあるようです。

569 view

さいとう・たかを「鬼平犯科帳」が連載25周年!

衝撃的なポスターで〝若者の時代劇離れ〟に立ち向かう!!

鬼平犯科帳

鬼平犯科帳

※画像は単行本の表紙
 1993年より〝コミック乱〟で連載が始まり、2018年で連載25周年を迎えている漫画「鬼平犯科帳」。
 原作池波正太郎、作画さいとう・たかをという立派な大御所漫画であり「コブラ」「ゴルゴ13」のように床屋さんの定番でもある印象がある作品ですが、世は平成漫画戦国時代。漫画賞も多いが作品数も雑誌数も多い。
 そんな昨今、〝若者の時代劇離れ〟が顕著になっているらしく、我らが「鬼平犯科帳」がその対策に乗り出しました。

 具体的にどんなことを行ったかと申しますと、こちらです。
 〝!?〟

確認できたポスターは4種類

 今回はいわゆる〝パロディポスター〟というものでしょうか。
 複数の種類が確認できたのでご紹介していこうと思います。

少女漫画風

 ピンクと白を貴重にしたデザイン。少女漫画ってこういう装丁のいめーじはたしかにあります。タイトルの「鬼平犯科帳」も桃色で。じゃっかんくにゃくにゃしてますね。で、

【少女マンガ読者のみなさまへ。――超絶エリート、しかも妻ラブ。お江戸のスパダリに萌えませんか。】

 とのことです。もちろん(?)表紙のメインはドアップの長谷川平蔵。

 


 うーーーーーーん




 スパダリね。言葉の舌触りが昭和とかバブルっぽいんですが、どうも近頃用いられている言葉らしいんですよね。
 いや、でも、



 うーーーーーーん(2回目)



 まあ少女漫画でも骨太の男性が登場したり好まれたりっていうのはちょいちょいあって、極端なケースではありますが「俺物語!!」という例もあったことですし。

 いいんじゃないですかね(適当)
俺物語!!

俺物語!!

ラノベ風

 タイトルは「おにへい! 俺の剣がチートすぎて今日もお江戸が平和な件」

 2例目にしてタイトルに改変を加えてきました。
 しかもこれ、日常系が流行っていた頃の〝タイトルはひらがな4文字〟とその後に流行った〝作品内容と雰囲気を説明する長めのタイトル〟が混ざっているのですがだいじょうぶなのでしょうか。

 PRを確認してみましょう。


【ラノベ読者のみなさまへ。ツンデレ美少女はいませんが、俺TUEEEEEEEは味わえます。】


〝異世界転生ものタイトル〟の文脈ですね。
 とうか「美少女いないのかよ!」という気持ちが強いですね。

BL風

 タイトルはそのまま「鬼平犯科帳」
 毎回そうなんですが原作者の〝池波正太郎〟の文字が絶妙に配置されてていいですね。これ池波先生が健在の頃だったら不可能な企画だったのではなかろうか。

 PRを確認していきます。


【BL読者のみなさまへ。古典にして究極! 「侍」ジャンルを見逃すな!】


 完全に〝普通〟ですね。おどろくほどに〝常識的〟です。
 表紙は流行(?)に乗って際どい色を使っていますが、タイトルのフォントがオシャレだったり実はかなり無難にまとまっている気がします。

映画風

 ドラマを見ろよ! って思うのはわたしだけなんでしょうか。
 ポスターのタイトルは「THE ONIHEI NOTE」
 あ、犯科帳ってNOTEになるんですね。うーん。まあいいか。

 PRはこうです。


【映画ファン必読! ハリウッドよ、これがリアル・サムライ・アクションDA! 極限状態の大江戸をかつてないスケールで描くクライム・アクションの最高峰!】

 クライム・アクション。犯罪活劇。まあこれも多分正しいですね。
 でもなんか左上に《Edo city is burning!!!!》とか書いてあるんですよ。
 これ燃やす方の煽り文句じゃないですか?

 あと、やっぱりこう、なんていうんですかね。どうしても〝ドラマを見ろよ!〟っていう思いが拭えないですね。
 でもシリアスな時代劇漫画をハリウッドで映画化ないしアニメ化するのはおもしろい企画だと思うんですよね。日本の時代劇は時代劇用の演出とか効果が多いですが劇画となるとハリウッドのそれに近い文脈を持っていると思うので。

25周年記念動画「鬼へぇ」公開! キャンペーンの情報も

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 639 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 269 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 214 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 63,911 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト