赤白の上下にポンポン?ドリフでお馴染みスクールメイツの皆さんです!
2016年7月6日 更新

赤白の上下にポンポン?ドリフでお馴染みスクールメイツの皆さんです!

「ド・ド・ドリフの大爆笑~♪」と言えばスクールメイツ!森口博子や川島なお美らを輩出したスター予備軍とも言えるスクールメイツは、かつて太田裕美やキャンディーズも在籍していた。フジテレビ・ドリフの大爆笑での活躍を中心にまとめた!

49,160 view

70年代のスーパーアイドルを輩出した「スクールメイツ」

スクールメイツ(School Mates)は、俳優やタレントを育成する「有限会社東京音楽学院」の選抜メンバーで構成された芸能グループ。
スター予備軍として森進一・布施明・太田裕美らを輩出。
NHKで使用した別名としてヤングメイツがある。
森進一や布施明、太田裕美らが映ったスクールメイツの特集

森進一や布施明、太田裕美らが映ったスクールメイツの特集

<拡大画像> 太田裕美、田中好子、伊藤蘭、藤村美樹のアップ

<拡大画像> 太田裕美、田中好子、伊藤蘭、藤村美樹のアップ

太田裕美とキャンディーズといった70年代のスーパーアイドルが集ったスクールメイツ!

1964年に結成された「スクールメイツ」の来歴

1962年、渡辺プロダクションの渡辺美佐(現・名誉会長)が欧米研修から帰国した時に「本格的なジャズ・ポップスの合唱団をつくり後継者を育てたい」と提案。

その翌年1963年、東京音楽学院が発足した。その中から優秀な生徒を集めて1964年に結成されたのが「スクールメイツ」である。
名付け親は岡元義亮で、初代リーダーは岡田光弘が務めた。

講師として作曲家の宮川泰・東海林修・森岡賢一郎・服部克久、振付師の西条満・土居甫ら錚々たる面々が名を連ね、充実したレッスン環境が整えられていた。
スクールメイツの発案者・渡辺プロダクションの渡辺美佐 ...

スクールメイツの発案者・渡辺プロダクションの渡辺美佐 名誉会長

当初は地方からの入学希望者も多く、1960年代後半~1970年にかけて全国各地(名古屋市、大阪市、福岡市、広島市など)に系列地方校が誕生し、そこから今日の芸能界を支える多くのスターを輩出(1968年には既にNHK紅白歌合戦のバックダンサーとしても活動していた)。

同時期のジャニーズ事務所と、渡辺プロダクションの若手タレントやスクールメイツが共にレギュラー出演していた『プラチナゴールデンショー』では、毎回番組の終わりに「あなたもフォーリーブスと共演しませんか?」と、各系列校の生徒を募集する字幕を流していたこともあり、入学者数はうなぎ上りとなり、最盛期には約400名にまで膨れ上がった。

なお、そのフォーリーブスのメンバーである青山孝は、ジャニーズ事務所に移る前はスクールメイツに在籍し、「若いってすばらしい」のレコーディングメンバーでもあった(フォーリーブスが1974年に発表したアルバム『若者』にも、スクールメイツのナンバーである「恋のランナー」が収録されている)。
また、西条満やスクールメイツとの関わりはフォーリーブス再結成後も続いている。

印象深い「ドリフ大爆笑」のオープニング時のバックダンス!

1977年スタートのフジテレビの「ドリフ大爆笑」。
オープニングのバックダンスと言えば、スクールメイツ。スクールメイツと言えば「ドリフ大爆笑」という程に馴染みのある晴れ舞台だった。

「ド・ド・ドリフの大爆笑~♪」とアップテンポなマーチ調の音楽(「隣組」の替え歌)と同時に、彼女達のポンポンを用いた華やかな振り付けが番組を盛り上げていた。

ドリフターズの面々が後方から彼女達の間をすり抜け、前方へと歌いながら歩いていくシーンは、オープニングの演出の特徴であると同時に、ある意味でドリフターズのコントと同じ位、番組を象徴する名物コーナーでもあった。

80年代の番組全盛期にも番組を彩った。

ドリフ大爆笑'77 第1回オープニング!

初期の曲は軍歌「月月火水木金金」の替え歌だった。

≪番組初期・軍歌の替え歌の頃≫

ドリフ大爆笑

ドリフ大爆笑

紅白の衣装を着たスクールメイツが現れる!

紅白の衣装を着たスクールメイツが現れる!

初期の名フレーズは「夜だ!8時だ!ドリフの時間 これを...

初期の名フレーズは「夜だ!8時だ!ドリフの時間 これを観なけりゃ話にならぬ♪」

ポンポンを持って、Tシャツ、またはレオタードを着飾ったスクールメイツ(1977年、1979年、1980年は男性も含まれていた)がバックで踊る中、濃紺のスーツを着た5人もダンスと歌を披露する定番の場面。

オープニングの間奏時にはその放送回のコントの予告が流れた。また、コント内でも多用される「中年女性の笑い声」が入った(笑い声が無い時や、代わりにいかりやの挨拶が入っていた時もあった)。

ちなみにポンポンを多用する振付は、1970年の大阪万博のオープニングイベントに参加した際に、渡辺美佐によりプロデュースされ、「女子メンバーがテニスルックでポンポンを持って踊るスタイル」が確立した。
最後は座り込んで決め!片手に紅白のポンポン!

最後は座り込んで決め!片手に紅白のポンポン!

≪80年代は「ド・ド・ドリフの大爆笑~♪」が定番に≫

下記から時代を追って動画をご紹介する。
あの音楽を聴き、ドリフターズの5人とスクールメイツの爽やかなダンスを見ているだけで、あの頃が蘇ってくる。

次ページ、'83のオープニングは高木ブーが通る列だけ、やけに間が空いているように見えるのは筆者だけだろうか。

ドリフ大爆笑'80 オープニング - YouTube

エレキギターの音が心地良いオープニング。
志村けんの長髪が懐かしい!高木ブーはやっぱり太ってるなと思うシーン!
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【幻のメンバー】ザ・ドリフターズに加入していたかも知れない「三人の男」

【幻のメンバー】ザ・ドリフターズに加入していたかも知れない「三人の男」

1974年3月に体力の衰えを理由に荒井注さんが脱退した際に、新たなメンバーが誰になるか様々な憶測を呼びました。斬新なコントでお茶の間を席巻していたザ・ドリフターズ。その大人気グループへと加入していたかも知れない有名人を3人ご紹介します。
ひで語録 | 10,546 view
お笑い「コント」がテーマのオススメ記事

お笑い「コント」がテーマのオススメ記事

ミドルエッジ編集部が選んだお笑いの「コント」がテーマのオススメ記事。数多くの記事から厳選したものをご紹介します!!
京王百貨店・聖蹟桜ヶ丘店にて展示イベント「志村けんの大爆笑展」が開催!高木ブーがスペシャルゲストとして登場!!

京王百貨店・聖蹟桜ヶ丘店にて展示イベント「志村けんの大爆笑展」が開催!高木ブーがスペシャルゲストとして登場!!

京王百貨店・聖蹟桜ヶ丘店の7階催場にて、展示イベント「志村けんの大爆笑展」が開催されます。開催期間は2月17日(金)~28日(火)。
隣人速報 | 277 view
企画展『志村けんの大爆笑展』が福岡で開催中!『8時だョ!全員集合』傑作選がCS放送・TBSチャンネル2で放送決定!!

企画展『志村けんの大爆笑展』が福岡で開催中!『8時だョ!全員集合』傑作選がCS放送・TBSチャンネル2で放送決定!!

福岡県福岡市の大丸・福岡天神店にて、2020年に死去したコメディアン・志村けんさんの企画展『志村けんの大爆笑展』が現在開催中です。開催期間は2022年3月7日(月)まで。
隣人速報 | 503 view
加トケン×森光子の伝説のバラエティ『加トちゃんケンちゃん光子ちゃん』が初のDVD BOXとなって登場!!

加トケン×森光子の伝説のバラエティ『加トちゃんケンちゃん光子ちゃん』が初のDVD BOXとなって登場!!

ポニーキャニオンより、加藤茶、志村けん、森光子による伝説のバラエティ番組「加トちゃんケンちゃん光子ちゃん」のDVD-BOX『加トちゃんケンちゃん光子ちゃん 笑いころげBOX』の発売が決定しました。
隣人速報 | 891 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト