ドラマを彩った名子役“日本テレビ編”子役時代の活躍と現在を紹介!
2019年5月25日 更新

ドラマを彩った名子役“日本テレビ編”子役時代の活躍と現在を紹介!

記憶に残る名作ドラマには子供は欠かせない存在ですね! 子役の名演技が多くのヒット作品を生み出しました。1970年代から1980年代に子役が活躍した日本テレビのドラマと、気になる子役たちの現在を紹介します。

6,266 view

子連れ狼

子連れ狼は、第1部が1973年4月1日から9月30日まで(全27話)放送。

第2部が1974年4月4日から9月29日まで(全26話)放送。

芦屋欽之介さん演じる拝一刀の息子拝大五郎を演じ、注目された子役が西川和孝くんでした。

西川くんは原作の大五郎と容姿が似ている上、“宿命の子・大五郎”を演じたと評価されていました。

「ちゃん」と呼び掛けるシーンが印象的ですね。
 (2106174)

西川和孝プロフィール

名前:西川和孝
(にしかわ かずたか)
生年月日:1967年9月29日(51歳)
出身地:東京都


西川和孝くんは5歳の時『子連れ狼』でデビューし、2年間大五郎を演じました。

その後、連続的にドラマに出演し、人気子役として大活躍。

1987年に出演した土曜ワイド劇場『凶学の巣3』を最後に、芸能界を引退しました

引退後は、水泳指導員やサラリーマンを経て、スイミングスクールの営業権を買収。

しかし経営がうまくいかず、金銭トラブルを起こしてしまうのでした。
1995年には新潟県白根市(現新潟市)の統一地方選に出馬。

上位当選を果たし“大五郎議員”と注目を集めましたが、金銭トラブルや女性問題が浮上。

次の選挙には出馬せず政界から引退しました。

子役の金銭トラブルってありがちですね。

1999年11月30日、別の金銭トラブルから知人男性を計画的に『殺害』し、現金550万円を強奪!

そのお金を借金の返済に充てて香港やタイへ逃亡。

逃亡先から強制送還され逮捕。

2000年10月3日に新潟地方裁判所で『無期懲役』の判決が下されました。
 (2106179)

熱中時代

熱中時代は1978年10月から1981年3月まで日本テレビ系で放送されたドラマシリーズです。

当時社会問題になっていた教育現場で、様々なトラブルに立ち向かう北野先生(水谷豊さん)と生徒を描いた作品。

最終回の視聴率が46.7%を記録した大ヒットドラマです。
 (2106183)

1980年7月スタートの第2シリーズから登場した子役が二階堂千寿ちゃんです。

千寿ちゃんが演じる川瀬みね子は、北海道礼文島出身。

不登校になったところを担任の北野先生に救われ、育ての母(叔母)の再婚で居場所を失い、北野先生を頼って赴任先へ上京してきました。

最終回では校長先生の養女となり、スペシャル版では『みね子の結婚』がテーマになるなど、主要キャストとして最後まで同作品にかかわっていました。
 (2106186)

二階堂千寿プロフィール

名前:二階堂千寿
(にかいどう ちひろ)
生年月日:1969年9月23日(49歳)
出身地:東京都


千寿ちゃんは2歳半で児童劇団に入団。

その後、日本テレビ系時代劇『鞍馬天狗』など多くのドラマに出演。

1980年7月に出演した『熱中時代』では、名子役として注目を集めました。

東京出身なのに、田舎の素朴な少女を見事に演じていましたね。

以降も子役としてドラマや映画で活躍。

大人になってからも女優を続け、2002年と2009年には、恩師水谷豊さん主演の『相棒』に出演しました
2013年テレビ朝日系「京都地検の女・第9シリーズ」にゲスト出演して以降、目立った活動がないため、現在は芸能界を引退している可能性もあります。

ちなみに千寿ちゃんの実兄は俳優:二階堂智さんです。

池中玄太80キロ Vol.1

池中玄太80キロは、パートⅠが1980年4月5日から6月28日まで(全13話)放送。

パートⅡが1981年4月4日から8月29日まで(全21話)放送。

パートⅢが1989年4月8日から5月6日まで(全4話)

1982年・1986年・1992年には、スペシャル版が放送された人気ドラマです。

大京通信社の専属カメラマン池中玄太(西田敏行さん)は、3人子持ちの未亡人鶴子(丘みつ子さん)と知り合い結婚することに。

ところが鶴子が脳梗塞で倒れ帰らぬ人に・・・

玄太は周囲の反対を押し切り、3人の娘を育てることとなりました。

本音でぶつかり合い、本当の家族以上に深い絆で繋がった池中家。

最高視聴率31.5%を記録した名作でした。
 (2106195)

41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • I.O 2020/1/15 21:15

    西田敏行さん主演ドラマ「池中玄太80キロ」は80年春から12年半の間に渡って放送された架空の出版社を舞台にしたホームドラマで、中年一流カメラマン・玄太が上司と激しく対立しながらも成長していく物語でした。しかし92年のスペシャルを最後にシリーズ完結し、タイトルを「さよなら池永玄太83キロ」に変更して池永玄太シリーズは12年半の歴史に幕をおろしました。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ホーム・アーロン】の子役!『マコーレー・カルキン』の波乱万丈な半生!!

【ホーム・アーロン】の子役!『マコーレー・カルキン』の波乱万丈な半生!!

1990年に出演した『ホーム・アローン』が世界中で大ヒットとなり、世界一有名な子役となり『ギネスブック』にも認定されたマコーレー・カルキン。莫大なギャラで人生が変わってしまったそうです。
ギャング | 2,122 view
一斉を風靡した、懐かしの昭和の子役たち

一斉を風靡した、懐かしの昭和の子役たち

昭和の時代に一斉を風靡した懐かしの子役たち。昭和40年代の子役の元祖、60年代に登場したチャコちゃん。70年代から活躍したのケンちゃん。カワイイ女の子チー坊。男の子の子役たちを思い出してみた。
宮脇康之さんの天才子役の裏の真実・悲劇の家庭崩壊と芸能界干された?現在は?

宮脇康之さんの天才子役の裏の真実・悲劇の家庭崩壊と芸能界干された?現在は?

元祖天才子役と言えば、宮脇康之さんと多くの人が思い浮かび俳優さんです。1960年代後半から続いた人気テレビドラマ「ケンちゃんシリーズ」の初代ケンちゃんとしてその天才ぶりを発揮していました。 国民的人気子役の宮脇康之さんでしが、その裏では悲劇のエピソードがあったことをご存知でしょうか。 華やかな大人気子役としての顔とその陰にあった物語をまとめてご紹介します。そして現在の宮脇康之さんはどうしているのかも調べてます。
あおい@ | 10,507 view
夏休みの昼ドラの定番!『大好き!五つ子』あの五つ子たちの現在は!変った?変わらない?

夏休みの昼ドラの定番!『大好き!五つ子』あの五つ子たちの現在は!変った?変わらない?

1999年 に放送が開始された昼ドラ「大好き!五つ子」。子役の成長と固定ファンの存在から人気シリーズとなり10年弱放送された長寿テレビドラマです。五つ子たちが気になり現在を追ってみました。
ギャング | 6,040 view
井上真央のヤンチャ感がたまらない!『キッズ・ウォー』 の子役達の今は!?

井上真央のヤンチャ感がたまらない!『キッズ・ウォー』 の子役達の今は!?

1999年からTBS系列で放送されていた昼ドラ「キッズ・ウォー」。2003年まで放送されていました。そんなキッズ・ウォーに出演していた子役達が気になり、追ってみました。
ギャング | 7,352 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト