「CYBORGじいちゃんG」を覚えている?作者の土方茂は小畑健ってご存知?
2020年11月19日 更新

「CYBORGじいちゃんG」を覚えている?作者の土方茂は小畑健ってご存知?

週刊少年ジャンプに連載されていた「CYBORGじいちゃんG」を覚えていますか?タイトル通り、サイボーグじいちゃんがたたかっていくギャグマンガです。作者は土方茂さん。名前を聞いてもピンとこない人も多いかもしれませんがじつは大ヒット漫画の作者なんです。

586 view

「CYBORGじいちゃんG」とは?

Amazon.co.jp: CYBORG じいちゃんG  【コミックセット】: 本 (2237646)

「CYBORGじいちゃんG」は週刊少年ジャンプに1987年、1988年の2回読み切り掲載され、その後1989年に連載された作品です。

読み切りで試してから連載、というのはジャンプでよくあるパターンですが、2度も読み切り掲載し、3年越しに連載というのは珍しいケースですね。

ですがやはりあまり振るわず、全31はない、ジャンプコミックスは全4巻で終了しています。しばらく絶版だったのですが現在は復刻版、文庫版が発売されています。これも珍しいケースではないでしょうか。復刻版、文庫版はともに全2巻です。

作者は土方茂さん。名前を聞いてもピンとこない人も多いでしょう。土方茂の名前で活動されていたのはこの作品までで、その後は改名されているんです。

土方茂は小畑健!

ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) | ほったゆみ, 小畑健 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon (2237649)

土方茂さんは、小畑健さんです!現在も活躍さ手ている漫画家さんですが、80年代から執筆されていたとはびっくりですね。

土方茂の名前で1986年に17歳ででデビュー。「CYBORGじいちゃんG」を連載されたときはまだ20歳ころだったんですね。その後「ロングシュート」という読み切りを掲載後、1991年からは「小畑健」の名前で活動されています。

「ロングシュート」までは自身でお話も考えられていましたが、1991年以降は原作者と組んで作画担当として活躍されています。

泉藤進さん原作の「魔神冒険譚(アラビアン)ランプ・ランプ」
宮崎勝さん原作の「力人伝説 -鬼を継ぐもの-」
写楽麿さん原作の「人形草紙あやつり左近」
ほったゆみさん原作の「ヒカルの碁」
大場つぐみさん原作の「DEATH NOTE」「バクマン。」
榎伸晃さん原作の「学糾法廷」

これ、全部週刊少年ジャンプで連載していた漫画です。「CYBORGじいちゃんG」を入れると全部で9作品。「CYBORGじいちゃんG」以外は作画だけとはいえこれだけの作品を週刊少年ジャンプで連載されていた作家はなかなかいないですよね。

現在はまた大場つぐみさんと組んでジャンプスクエアで「プラチナエンド」という漫画を連載しされています。

その他、表紙や扉絵を担当するなどイラストレーターのような仕事もされています。ジャンプの編集者によると、高校生の頃から絵がすごく上手かったそうです。

「CYBORGじいちゃんG」のあらすじ

Amazon.co.jp: CYBORGじいちゃんG 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) eBook: 小畑健: Kindle Store (2238109)

「CYBORGじいちゃんG」の主人公はタイトル通り、サイボーグになったおじいちゃんです。壊造時次郎(かいぞう ときじろう)は農夫でありながら天才科学者でした。物語のスタートで農作業用のサイボーグになります。歳で農作業が大変だったんでしょうかね。

人情に強く困った人を見逃せない性格なのですが、間違った方向に行き過ぎてしまうこともあるトラブルメーカーです。じいちゃんと呼ばれるのが嫌で自らを「Gちゃん」と呼び、名前も壊造時G郎に書き換えています。

妻の喜由(きゆ)はトラブルが重なり68歳で亡くなっています。誰もが恐れる老婆だったのですが時次郎のことを真摯に愛していました。10回忌の際にGちゃんが二十歳くらいの姿で復活させようとしたのですが。サイバーメタルとして復活しました。復活装置がサイバーメタルとヘヴィーメタルを混同していたこともあり、体の各所にトゲがあるなどの一面も。

ジャンプの連載漫画でヒーローがじいちゃん、ひろいんがばあちゃんというのはなかなかないですよね。

他にはGちゃんが作った平成ガンテツ号という農作業用サイバードッグもいます。

2人暮らしだった訳ではなく、長男夫婦と同居していて15歳の女の子と11歳の男の子の孫もいます。

Gちゃんには社礼頭毒郎(しゃれこうべ どくろう)というライバルがいます。軍司兵器用サイボーグを開発しようとしている科学者なのですが77歳でボケが進行していて最後はGちゃんに買えりうちにあいます。じつは元々は陸軍技術研究所の技師でGちゃんの上官だったんです。その上喜由のいい名づけでもあったのでGちゃんを敵対視するのも納得という感じですね。

「CYBORGじいちゃんG」はGちゃんが社礼頭と戦ったり、家族を巻き込んで騒動を起こすギャグマンガです。

小畑健さんの漫画は、原作と作画が分かれていることもあり、作りこまれたストーリー物が多かったので元々はギャグ漫画を描いていたというのはちょっと意外ですよね。そしてこの画力はギャグ漫画にはもったいない、という気がします。

ちなみに、大場つぐみさんとタッグを組んだ「バクマン。」の中で主人公たちが描いた漫画に「走れ!大発タント」という漫画があります。発明家のじいちゃん、敵は悪の科学者、サイボーグのペットを飼っているなどのストーリーが似ています。もしかしたらこの作品方ヒントを得たのかもしれないですね。

Amazon.co.jp: CYBORGじいちゃんG 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) eBook: 小畑健: Kindle Store

Amazon.co.jp: CYBORGじいちゃんG 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) eBook: 小畑健: Kindle Store
「CYBORGじいちゃんG」は電子書籍でも読めます、全2巻ですのでもう一度読みたい方はぜひどうぞ!
10 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

漫画「きまぐれオレンジ☆ロード」の作者として知られる漫画家・まつもと泉さんが、脳脊髄液減少症のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 3,254 view
冨樫義弘の連載デビュー作、「てんで性悪キューピッド」を覚えている?

冨樫義弘の連載デビュー作、「てんで性悪キューピッド」を覚えている?

幽遊白書、ハンターハンターでおなじみの冨樫義弘さん。週刊少年ジャンプの初連載作品はちょっとエッチなラブコメ漫画でした。ストーリーなどを振り返ってみましょう。
saiko | 2,120 view
アニメ「ヒカルの碁」は原作とどう違う?最終回は?

アニメ「ヒカルの碁」は原作とどう違う?最終回は?

ほったゆみさん作、小畑健さん作画で週刊少年ジャンプで連載されていた「ヒカルの碁」。2001年からアニメも放送されていました。アニメは原作と同じなのでしょうか?どこまでアニメで描かれたのかについても見ていきましょう。
saiko | 937 view
これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

昭和と平成。いずれも去り行く元号となる2つの時代を満喫した(?)ミドルエッジ世代。ついアバウトになりがちな当時の記憶を思い出す、脳みそライザップ的なクイズを10問どうぞ!!
江川達也作品の中で異質?「まじかる☆タルるーとくん」

江川達也作品の中で異質?「まじかる☆タルるーとくん」

週刊少年ジャンプで連載されていた江川達也さんの代表作1つ「まじかる☆タルるーとくん」。江川達也さんの作品は大人向けの作品も多いので「まじかる☆タルるーとくん」は異質な感じもしますよね。ですが深堀すると「やはり江川達也さん!」という感じの作品なんです。
saiko | 1,643 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト