【1995年】小室哲哉プロデュース登場! 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?
2023年9月3日 更新

【1995年】小室哲哉プロデュース登場! 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。中でもドキドキするのが、日本レコード大賞の「大賞」と「最優秀新人賞」の発表の瞬間。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。

236 view

二部門制は廃止、従来の一部門へ

日本レコード大賞は、1990年よりポップス・ロック部門と歌謡曲・演歌部門の二部門制で運用してきましたが、前々年より従来の一部門に戻されました。一方、新人賞の受賞者は大幅に縮小。この年も、新人賞(最優秀新人賞ノミネート)3名の中から、最優秀新人賞1名が選ばれています。

I BELIEVE / 華原朋美

リリース:1995年10月11日
作詞:小室哲哉
作曲:小室哲哉
編曲:小室哲哉


華原朋美は、当初は遠峯ありさの芸名で芸能活動を行っていましたが、小室哲哉との出会いがその後の彼女の運命を大きく変えます。小室はカラオケで聞いた彼女の歌声に深く感動し、自身のプロデュースによる彼女のデビューを決定。芸名も、遠峯ありさから、本名の下河原朋美に似た「華原朋美」(小室哲哉と同じイニシャル)に変更します。

デビュー曲は『keep yourself alive』で、オリコンシングルチャート最高位8位といきなり大ヒット。そして、2枚目のシングルである本曲『I BELIEVE』がオリコンシングルチャート最高位4位のミリオンセラーを記録し、日本レコード大賞新人賞、日本有線大賞最優秀新人賞などを受賞しました。

本曲は元々はglobe用の曲でしたが、小室が『Joy to the love』を書いた際、「スポンサーが作り直しを要求している」と誤って伝わり、慌てて作り直したのが本曲だったと言われています。当時の小室プロデュースは正に飛ぶ鳥を落とす勢いで、結果的には『Joy to the love』『I BELIEVE』の両曲ともに大ヒットしました。

華原はその後も、小室プロデュースで『I'm proud』『Hate tell a lie』などヒット曲を量産。小室との破局の後は紆余曲折ありましたが、現在も芸能活動を続けています。2023年5月10日には、伊藤健太郎主演映画『ザギンでシースー!?』の主題歌「Change My Everything」をリリースしました。

I BELIEVE (Radio Edit) / 華原朋美

I BELIEVE (Radio Edit)

桃と林檎の物語 / 美山純子

リリース:1994年10月21日
作詞:市川睦月
作曲:三木たかし


美山純子は、1995年度の新人賞受賞者に名を連ねていますが、それまでに4度も芸名を変えてその都度デビューした経歴の持ち主です。

1981年、芸名・加古川順子で、シングル『おんな東京怨み唄』でデビュー。春日八郎の内弟子修行の時期がありました。
1988年、芸名・竹下順子で、シングル『雨やどり』で再デビュー。
1990年、芸名・美山絢子で、三條正人とのデュエット・シングル『北のふたり旅』、ソロ・シングル『悪い子にさせないで』で3度目のデビュー。
1993年、芸名・彩木志帆で、シングル『Suddenly』で4度目のデビュー。

そして1994年、芸名・美山純子で、シングル『桃と林檎の物語』で5度目のデビューを果たしました。なんと圧倒的人気の華原朋美を抑え、本曲で、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞しています。
1981(S56)年10月
「加古川順子」として歌手デビュー(トーラス)。
デビュー曲『おんな東京怨み唄』。

1988(S63)年2月21日
「竹下順子」として再デビュー(テイチク)。
デビュー曲『雨やどり』。

1990(H2)年1月21日
「美山絢子」として再デビュー(テイチク)。
デビュー曲『北のふたり旅』(三條正人とのデュエット)。
春日八郎の内弟子生活終わる。

12月16日
ソロデビューシングル『悪い子にさせないで』発売。

1993(H5)年11月21日
「彩木志帆」として再デビュー(ソニー)。
デビュー曲『Suddenly』。

1994(H6)年10月21日
「美山純子」として再デビュー(ソニー)。
デビュー曲『桃と林檎の物語』。
桃と林檎の物語 / 美山純子

桃と林檎の物語 / 美山純子

恋情話 / 矢吹春佳

リリース:1995年3月24日
作詞:吉岡治
作曲:市川昭介


この年の新人賞受賞者は3人とも、過去に異なる芸名を使っていたことが共通しています。

矢吹春佳は、デビュー前は、高橋ほづみという芸名(本名は同じ読みで、名は漢字の「高橋穂津美」)で活動しており、テレビ番組『平成歌謡塾』(塾長:市川昭介)にて、専任講師を務めていた時期がありました。1995年に芸名を「矢吹春佳」に変更し、3月『恋情話』で演歌歌手としてデビュー。本曲で、日本レコード大賞、日本有線大賞、全日本有線放送大賞の新人賞を受賞しました。

その後も年に一度のペースで、コンスタントにシングルをリリース。1996年に2枚目のシングル『水に咲く花』、1997年に3枚目のシングル『夜明けの別れ』、1998年に4枚目のシングル『夫婦純情』、さらには初作品のアルバム『あなたがいてくれるから・・・』をリリースしています。また1997年から2000年まで、TBSラジオ『いすゞ歌うヘッドライト』のレギュラーパーソナリティを務めました。

2002年に歌手活動を休止しますが、2015年に復活。再始動のシングルとして、再び『恋情話』をリリースしています。

恋情話 / 矢吹春佳

矢吹春佳 「恋情話」 Music Video
12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【1998年】つんく vs. 小室プロデュース!? 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

【1998年】つんく vs. 小室プロデュース!? 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。中でもドキドキするのが、日本レコード大賞の「大賞」と「最優秀新人賞」の発表の瞬間。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。
izaiza347 | 196 view
【1996年】PUFFY! SPEED! dos! 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

【1996年】PUFFY! SPEED! dos! 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。中でもドキドキするのが、日本レコード大賞の「大賞」と「最優秀新人賞」の発表の瞬間。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。
izaiza347 | 203 view
【1999年】八反安未果覚えてる!? 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

【1999年】八反安未果覚えてる!? 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。中でもドキドキするのが、日本レコード大賞の「大賞」と「最優秀新人賞」の発表の瞬間。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。
izaiza347 | 362 view
【1993年】かつては結婚式の定番曲!? 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

【1993年】かつては結婚式の定番曲!? 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。中でもドキドキするのが、日本レコード大賞の「大賞」と「最優秀新人賞」の発表の瞬間。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。
izaiza347 | 241 view
【1992年】演ドルの美少女!日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

【1992年】演ドルの美少女!日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。中でもドキドキするのが、日本レコード大賞の「大賞」と「最優秀新人賞」の発表の瞬間。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。
izaiza347 | 216 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト