洋楽の女性3人組といえば?年代によって異なる代表的なグループをご紹介します!
2017年6月2日 更新

洋楽の女性3人組といえば?年代によって異なる代表的なグループをご紹介します!

今も昔も、いつの時代も人気の女性グループがいましたよね!中でも特に3人組のグループが多く思い出されるような気がするのは、自分だけでしょうか?2人や4人ではなく、3人というバランスが絶妙なのかもしれません。というわけで、様々な時代を彩ってきた華やかな洋楽女性3人組ばかりをまとめてみました!

32,219 view

ロネッツ

出身:米ニューヨーク
活動期間:1959年~1967年
メンバー:ヴェロニカ・ベネット(別名ロニー・スペクター)、その姉エステル・ベネット、従姉妹のネドラ・タリー
Bagging Area: February 2015 (1872475)

オーバー・ダビングを繰り返すことで重厚な音を創り出す、ウォール・オブ・サウンド。そんな独特な音づくりで知られる名プロデューサー、フィル・スペクターが全面バックアップし、「Be My Baby」が大ヒットを記録!この曲は弘田三枝子さんをはじめ、多くの日本人歌手が日本語でカバーしたことでも知られる名曲ですね~。ちなみにヴェロニカ(ロニー)はスペクターと結婚しますが、長くは続かず離婚してしまいました。

The Ronettes - Be My Baby

1963年リリース、全米2位、全英4位の大ヒット。

スプリームス(シュープリームス)

出身:米デトロイト
活動期間:1959年~1977年
メンバー(モータウンからデビュー時のオリジナル・メンバー)
:ダイアナロス、メアリー・ウィルソン、フローレンス・バラード
Star Maker and Civil Rights Activist Ed Sullivan – Soul and Salsa Magazine (1872479)

たびたび入れ替わりがあったので、時期によってメンバーは異なりますが、ヒットを量産していたのはダイアナが在籍していた1969年まで。名ソングライター・チームだったホーランド=ドジャー=ホーランドが提供した楽曲がことごとくヒットし、「恋はあせらず」「ストップ!イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ」「キープ・ミー・ハンギング・オン」「ベイビー・ラブ」など、10曲以上の全米ナンバー1ヒットを放ち、モータウンを代表する人気グループとなりました!

The Supremes: You Can't Hurry Love - Original (Take 1)

1966年リリース、邦題「恋はあせらず」、全米1位。

エモーションズ

出身:米シカゴ
活動期間:1962年~
メンバー:オリジナルはワンダ、シーラ、ジャネットのハッチンソン三姉妹(現在はジャネットの代わりに、妹のパメラが参加)
Our Ladies of Soul: Wanda Hutchinson & The Emotions | RareSoul.com (1872481)

レコード会社を移籍し、アース・ウィンド&ファイアー(EW&F)のモーリス・ホワイトがプロデュースしたことで見事ブレイク!ダンス・クラシックスとして今でも大人気の「Best Of My Love」をはじめ、EW&Fと共演した「ブギー・ワンダーランド」でも知られていますね~

The Emotions ~ Best of My Love

1977年リリース、全米1位。

スリー・ディグリース

出身:米フィラデルフィア
活動期間:1963年~
メンバー:フェイエット・ピンクニー、シーラ・ファーガソン、ヴァレリー・ホリデイ(入れ替わり激しいのですが、全盛期はこの3人)
The Three Degrees - New Songs, Playlists & Latest News - BBC Music (1872483)

アメリカの人気音楽番組『ソウル・トレイン』のテーマ曲となったMFSBの「TSOP (The Sound of Philadelphia)」でフィーチャーされたことでも知られる3人組!当時流行ったフィリー・ソウルを代表する、ケニー・ギャンブル&レオン・ハフのプロデュースが見事にハマりました。「天使のささやき」は、日本では彼女たち自身が歌う日本語ヴァージョンがリリースされるなど、その人気は世界中に広がっていったのでした~

The Three Degrees - When Will I See You Again (audio)

1974年リリース、邦題「天使のささやき」、全米2位、全英1位。

ポインター・シスターズ

出身:米オークランド
活動期間:1969年~
メンバー(1977年~2009年):ルース、アニタ、ジューンのポインター姉妹
The Pointer Sisters Pic Appreciation Thread (1872485)

当初4人組でしたが、77年にボニーが脱退し、3人組となって以降、80年代には流行の最先端を行くシンセ・サウンドを用いた「ジャンプ」「オートマティック」「ニュートロン・ダンス」など、ダンサブルなヒット曲を連発!亡くなったジューンの代わりに、ルースの孫サダコが加入し、現在も活動を続けています。近年は多忙なアニタの代わりに、ルースの娘であるイッサがツアーに参加したりもしているようです。こうなると、オリジナル・メンバーがいなくなっても、世襲していけそうですね!

The Pointer Sisters - I'm So Excited

1984年リリース、全米9位、全英11位のヒット。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

キャンディーズからTLCなどガールズ・グループから女優さん、アナウンサーさんまで、三人娘を集めてみました!

キャンディーズからTLCなどガールズ・グループから女優さん、アナウンサーさんまで、三人娘を集めてみました!

「御三家」が男性中心だったので、今度は三人のガールズ・グループ、グループではないけれど「御三家」のように人気のあった女性アイドルに女優さん、はたまたアナウンサーさんなどなどをまとめてみました。あなたは誰のファンでしたか?
Yam | 3,574 view
MR.BIGの最新ライヴ盤に付属している日本盤「豪華特典」が時代の最先端を行っていると話題に!!

MR.BIGの最新ライヴ盤に付属している日本盤「豪華特典」が時代の最先端を行っていると話題に!!

現在好評発売中のMR.BIGのライヴ盤「ライブ・フロム・ミラノ+ジャパン2017オフィシャル・ブートレグ」。この商品は今年2月に亡くなった、パット・トーピー(ドラム)の追悼盤として急遽発売されたライヴ盤ですが、この商品の日本盤のみに付く初回封入特典が、時代の最先端を行っていると話題になっています。
隣人速報 | 743 view
【訃報】「ベイ・シティ・ローラーズ」で一世を風靡したアラン・ロングミュアーさん死去。

【訃報】「ベイ・シティ・ローラーズ」で一世を風靡したアラン・ロングミュアーさん死去。

70年代に一世を風靡したロックバンド「ベイ・シティ・ローラーズ」のメンバーで、ベーシストのアラン・ロングミュアーさんが、現地時間の7月2日にスコットランドの病院で死去していたことが明らかとなりました。70歳でした。
隣人速報 | 531 view
メタラー感涙!HR/HMの第一人者・伊藤政則のお宝グッズが大量に蔵出しされるイベントが開催決定!!

メタラー感涙!HR/HMの第一人者・伊藤政則のお宝グッズが大量に蔵出しされるイベントが開催決定!!

タワーレコード渋谷店8階の催事場“SpaceHACHIKAI”にて、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルの第一人者、伊藤政則氏のメモラビリア展「MASA ITO メモラビリア・フェスト -THE FINAL- “メタル聖地巡礼” 」の開催が決定しました。期間は2018年9月22日~25日の4日間限定。
隣人速報 | 395 view
意図的?それともたまたま?洋楽に似ている邦楽曲を集めてみました!

意図的?それともたまたま?洋楽に似ている邦楽曲を集めてみました!

ほとんどのJ‐POP楽曲は、大なり小なり洋楽の影響を受けています。しかし、中にはインスパイアを受け過ぎたのか、特定の海外由来楽曲に酷似しているジャパニーズソングもちらほら。そこで今回、洋楽楽曲にそっくりな邦楽の有名曲を集めてみました。
こじへい | 6,080 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト