現代的にリファイン(アレンジ・リメイク)された昭和特撮ヒーロー(作品)
2016年7月30日 更新

現代的にリファイン(アレンジ・リメイク)された昭和特撮ヒーロー(作品)

昭和の人気特撮ヒーロー(ヒロイン)および作品のリファイン版(リメイク・アレンジ)と旧作のビジュアル比較をしてみました。現代的な新デザインと旧デザイン、どちらがお好きですか?新旧ギャバンのダブル蒸着などは熱いですね!

93,329 view

岬ユリ子(みさき ユリこ) / 電波人間タックル

岬ユリ子(みさき ユリこ) / 電波人間タックル 登場...

岬ユリ子(みさき ユリこ) / 電波人間タックル 登場作品「仮面ライダーストロンガー」(1975年)

電波人間タックル

岬ユリ子が変身するテントウムシ(ナナホシテントウ)をモチーフとした電波人間。電波エネルギーを動力として戦うほか、ブラックサタン奇械人や戦闘員の進撃をいち早く察知する描写が多い。

脳改造に伴う強化手術前にストロンガーに救出されたため、その戦闘能力は低く、戦闘員には太刀打ちできるものの奇械人には歯が立たず、ピンチに陥ることも多かった。設定上は「強化手術が完了していれば、パワー面でやや劣るもののストロンガーに匹敵する強さの改造人間のはずだった」とされている

変身後も基本的にユリ子役の岡田京子が演じているが、岡田は殺陣に不慣れであったため、激しいアクションシーンは大野剣友会の清田真妃が代演することもあった。
(出典:Wikipedia「仮面ライダーストロンガー」)
電波人間タックル

電波人間タックル

電波人間タックル

電波人間タックル

リファインされた「電波人間タックル」(2009年)

リファインされた「電波人間タックル」 登場作品 「仮面...

リファインされた「電波人間タックル」 登場作品 「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」

2009年12月12日より映画公開

岬ユリコ / 電波人間タックル 演:広瀬アリス
リファインされた「電波人間タックル」 登場作品 「仮面...

リファインされた「電波人間タックル」 登場作品 「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」

リファインされた「電波人間タックル」 登場作品 「仮面...

リファインされた「電波人間タックル」 登場作品 「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」

宇宙刑事ギャバン

旧ギャバンと新ギャバン 登場作品「宇宙刑事ギャバン T...

旧ギャバンと新ギャバン 登場作品「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」(2012年)

新旧ギャバンの"ダブル蒸着"が熱い!

新ギャバン/十文字撃を演じる石垣佑磨(左)と初代ギャバ...

新ギャバン/十文字撃を演じる石垣佑磨(左)と初代ギャバン/一条寺烈を演じる大葉健二

ダブル蒸着!
旧ギャバンと新ギャバン 登場作品「宇宙刑事ギャバン T...

旧ギャバンと新ギャバン 登場作品「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」

新ギャバン・シャリバン・シャイダー 登場作品「宇宙刑事...

新ギャバン・シャリバン・シャイダー 登場作品「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」

仮面ライダー1号・2号・V3

仮面ライダー旧1号

仮面ライダー旧1号

仮面ライダー1号・2号

仮面ライダー1号・2号

仮面ライダーV3(1973年)

仮面ライダーV3(1973年)

仮面ライダーTHE FIRST(2005年)

仮面ライダーTHE FIRST(2005年)

仮面ライダーTHE FIRST(2005年)

79 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

最凶の悪役(アニメ・漫画・特撮・映画の恐ろしいラスボス)列伝

最凶の悪役(アニメ・漫画・特撮・映画の恐ろしいラスボス)列伝

アニメ・漫画・特撮・映画の恐ろしいラスボスや悪の首領、悪のカリスマ・・・とっても恐ろしい悪役を昭和を中心に振り返ってみましょう。
トントン | 79,553 view
『お蔵入り作品』(漫画・アニメ・映画・ドラマの封印作品・欠番)列伝

『お蔵入り作品』(漫画・アニメ・映画・ドラマの封印作品・欠番)列伝

何らかの事情により公開できなくなった代表的な封印作品をご紹介します。一般的にはお蔵入り作品は公開後に何らかのトラブルや大人の事情が発覚し後に封印されることが多いですが、封切後すぐに打ち切られたり、公開しないでお蔵入りした映画も昔は多くありました。
トントン | 221,505 view
特撮美少女ヒロインの歩み(昭和から現代まで・75名)ウルトラシリーズ・仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズほか

特撮美少女ヒロインの歩み(昭和から現代まで・75名)ウルトラシリーズ・仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズほか

1960年代の特撮番組の黎明期においては番組に華を添え、主人公たちを影から支えるような存在であった特撮ヒロインが、徐々にアイドル的存在・番組に不可欠な重要な存在となっていき、視聴率に大きな影響を与えるような存在になっていきます。そして、特撮テレビドラマはすでに知名度があるアイドル、グラビアタレントやモデルが女優デビューする機会にもなっていきました。現在の特撮ヒロインはより多彩で多面的な役割を担ってきています。特撮ヒロインの歩み・歴史をざっくりとおさらいしてみましょう。
トントン | 112,672 view
懐かしい特撮作品の分かりやすいお約束(テンプレート)

懐かしい特撮作品の分かりやすいお約束(テンプレート)

懐かしい特撮作品のお約束を振り返ってみましょう。現代では、もうできない演出も多かった。昔は寛容でした。色々なお約束がありましたね。
ガンモ | 64,804 view
田中邦衛さんは現在何をしている?娘・田中淳子さんがNHKキャスターとして活躍してるのはご存知ですか?

田中邦衛さんは現在何をしている?娘・田中淳子さんがNHKキャスターとして活躍してるのはご存知ですか?

「若大将シリーズ」や「北の国から」などで知られる田中邦衛さん。長らく俳優としてご活躍されていますが、現在は何をされているんでしょうか。また、娘さんはNHKのキャスターとして活躍されています。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト