懐かしのキンツマ!続編もドキドキ!『金曜日の妻たちへIII・恋におちて』
2017年1月31日 更新

懐かしのキンツマ!続編もドキドキ!『金曜日の妻たちへIII・恋におちて』

パート1で夫婦役だった古谷一行といしだあゆみが今度は不倫関係に。 “金妻シンドローム(症候群)”をもう一度! シリーズ最高視聴率を記録した『金曜日の妻たちへIII・恋におちて』

13,923 view
元恋人は、元同級生の夫。白けた友情よりも昔の恋心が熱く燃え上がる・・・?!
シリーズ3も、やっぱり不倫で壊れていく人間関係が見どころ。
元同級生だった4人の女性が繰り広げる、愛と友情の結末にドキドキします。

金曜日の妻たちへIII 恋におちて

金曜日の妻たちへIII 恋におちて

金曜日の妻たちへIII 恋におちて

シリーズ最高視聴率23.8%を記録。
これまでのシリーズでは海外の楽曲がテーマ曲に使用されてきたが、本作では小林明子の「恋におちて -Fall in love-」が主題歌として採用され大ヒットした。

あらすじ

キンツマシリーズのなかでも最高視聴率を記録した、第3作目。
物語の舞台は東京郊外。東急田園都市線沿線つくし野にある中庭つきの一戸建てがドラマのメインとなる。

彩子・由子・法子・桐子の4人は、仙台のお嬢様学校である青葉女学院で幼稚園から短大までの16年間を共に過ごした同級生。
学生時代は竹のように細かった彩子は“タケ”、こまねずみのように動く行動派の由子は“おコマ”、動作がのろいことから自身の名前にもかけて法子は“ノロ”と、桐子以外はお互い愛称で呼び合う。

卒業後、結婚してそれぞれ家庭を持つが、タケ、おコマ、ノロの3人は家も近いことからよく集まっていた。音信不通になっていた桐子とおコマが偶然再会し、タケの父親が所有している別荘でのパーティーに桐子も招待されることに。
そこで桐子は、かつて恋人だったタケの夫、圭一郎と10数年ぶりの再会を果たす。
結婚まで考えていた仲でありながら、理不尽な理由で別れなければならなかった桐子と圭一郎が再び恋に落ちていくのは必然のことだった・・・。

桐子があらわれたことによる波紋は、桐子の同僚である藤森とノロとの間にも新しい恋心を芽生えさせてゆく。
2組の不倫カップルと、そこに巻き込まれてゆく夫婦と友人たち。平凡で幸せだった日常が少しずつ歪みはじめる。

主な登場人物

秋山圭一郎:古谷一行

秋山圭一郎:古谷一行

大手建築会社の設計部部長で過去に2年間ブラジル勤務の経験がある。
現在はつくし野の一軒家に妻、娘、母と住む。現在は都内の本社勤務だが会社では施工に関して上司と部下の板挟みになり苦労している。
秋山彩子(タケ):篠ひろ子

秋山彩子(タケ):篠ひろ子

(小学校時代:高橋純子、中学時代:鬼沢真奈美)
圭一郎の妻。旧姓櫻井。学生時代は竹のように細かったので愛称はタケ。仙台でも有数の資産家の娘。学生時代から成績がよく品性方向な自他ともに認める優等生。子供のころの夢を叶えて独身時代はスチュワーデスをしていたが、機内での秋山との運命的な再会の後結婚のため退職した。
山下由子(おコマ):小川知子

山下由子(おコマ):小川知子

(小学校時代:甲斐みどり、中学時代:掘実夏)
山下の妻。旧姓山野。「こまねずみ」のようにせわしなくいつも何か行動を起こしているため愛称はおコマ。以前は勤めをしていたが雑誌で主婦がレストランを経営して成功していることを見ると触発されて長津田で「ソル・エ・マール(太陽と海)」という地中海料理料理店を経営している。離婚経験があり宏治とは再婚。
岡田桐子:いしだあゆみ

岡田桐子:いしだあゆみ

(小学校時代:田島加奈子、中学時代:磯崎亜紀子)
映画の翻訳字幕の仕事をしている。圭一郎とは独身時代交際していた。現在は恵比寿の2DKのマンションに一人で住んでいる。
遠藤法子:(ノロ)森山良子

遠藤法子:(ノロ)森山良子

(小学校時代:溝江哉、中学時代:山崎美穂)
子供の頃から動作がのろいので自身の名前をかけて愛称はノロ。旧姓関川。仙台に単身赴任中の夫がいるため東京と仙台を行き来する生活をしている。
山下宏治:板東英二

山下宏治:板東英二

会社員、営業3部 部長補佐。おコマとは再婚。連れ子の有紀がいる。おコマと再婚できたことを心から嬉しく思っている。
藤森順一:奥田瑛二

藤森順一:奥田瑛二

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

不倫ドラマの先駆けはやっぱりコレ!『金曜日の妻たちへ』

不倫ドラマの先駆けはやっぱりコレ!『金曜日の妻たちへ』

数ある不倫ドラマのなかでも、その先駆けとなったのが『金曜日の妻たちへ』。 “金妻シンドローム(症候群)”とも言われる社会現象を巻き起こした、80年代大ヒットドラマです!
pocoapoco | 3,196 view
東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」34年の幕を下ろす。2018年春にリニューアル!!

東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が2月末に34年の歴史に幕を下ろし、ネット上では惜しむ声が上がっている。
red | 2,391 view
【稲垣潤一】の「夏のクラクション」夏の終わりを告げるこの名曲をアンサーソングと共に振り返る

【稲垣潤一】の「夏のクラクション」夏の終わりを告げるこの名曲をアンサーソングと共に振り返る

1983年にリリースされた稲垣潤一さんの「夏のクラクション」。この曲にはアンサーソングがあったのをご存じですか?この記事では「夏のクラクション」を中心にアンサーソングと共に振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 744 view
「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

80年代から90年代にかけてグラビアで活躍した女優・武田久美子が、自身のブログにて久しぶりとなるビキニ姿を披露、その美しさが話題となっています。
隣人速報 | 11,585 view
不作?とんでもない!83年組7人が「お神セブン」となってデビュー35周年イベントを開催!!

不作?とんでもない!83年組7人が「お神セブン」となってデビュー35周年イベントを開催!!

レジェンド級アイドルが多数輩出された82年デビュー組などに比べ、大ブレイクした人が少なかったことから「不作」という不名誉な称号を得ている83年デビュー組の女性アイドル。そんな彼女たちが21世紀に入り「神7」ならぬ「お神セブン」として活動しているのをご存知でしょうか?
隣人速報 | 2,820 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト