ここがヘンだよ日本人に出演していた外国人の現在は?
2021年12月29日 更新

ここがヘンだよ日本人に出演していた外国人の現在は?

1990年代にビートたけしが司会をしていた「ここがヘンだよ日本人」覚えていますか?様々な国の外国人が集まって、それぞれの国の価値観から、日本や日本人の不思議について語り合う番組でした。出演していた外国人のキャラが濃くて面白かったですよね。ここがヘンだよ日本人に出演していた外国人は現在何をしているのでしょうか?外国人出演者のその後について調査してみました!

947 view

ここがヘンだよ日本人とは?

Amazon | その男、凶暴につき [DVD] | 映画 (2327627)

まずは「ここがヘンだよ日本人」とはどんな番組だったのか?番組の概要についてご紹介します。
1998年10月~2001年3月までTBS系で放送されていました。
日本に住む多数(約100人)の外国人たちが、日本で住む中で感じた様々な問題に対して日本人パネラーとして、討論をする形式で進行した番組です。
司会:ビートたけし
アシスタント:江口ともみ
       浅草キッド(水道橋博士・玉筋筋太郎)
レギュラーパネラー:テリー伊藤
          そのまんま東
          RIKACO
そのほかゲストで後に東京都知事となる舛添要一や大竹まこと、ラモス瑠偉たちが出ていたのが印象深いです。
出演していた外国人は、一般人として会社員、経営者、英語講師などとして紹介されていましたが、実は大半が外国人タレント(稲川素子事務所所属)だったことが明らかにされていました。
外国人は一般の人でも個性豊かな人が多いと思っていましたが、タレントさんだったということで納得です。

ゾマホン・ルフィン

Amazon.co.jp: ゾマホン・ルフィン:作品一覧、著者略歴 (2327651)

まずは興奮すると、何を言っているかわからなくなるキャラで人気を博したゾマホンです。
ゾマホン・イドゥス・ルフィン(Zomahoun Idossou Rufin、1964年6月15日 - )は、西アフリカ・ベナン共和国の外交官(駐日本国ベナン共和国特命全権大使)[1]、日本のテレビタレント。二代目そのまんま東。

1998年、TBS系列のバラエティ番組『ここがヘンだよ日本人』に留学生としてレギュラー出演。外国人タレントとして当初は稲川素子事務所に所属していたが、後にオフィス北野に移った。

21世紀になってからはNPO法人の設立および運営、ベナン共和国第4代大統領ヤイ・ボニのアジア・オセアニア関連大統領特別顧問と、駐日特命全権大使を兼務していた[2][3]。2016年、ベナンの大統領がパトリス・タロンに交代したことに伴って年内で駐日大使を退任した[4]。

幼少時にカトリックの洗礼を受けているカトリック信者(クリスチャン)でもあり、本名のルフィンは洗礼名である。
中学時代に授業で「日本はアジアで一番野蛮な国」として教えられたことがきっかけで日本に興味を持ちました。
高校生の頃に日本がベナンとは比べられない程の先進国だと知り、日本に行きたいと言う気持ちを強め、中国への国費留学後に1994年に自費留学生として来日を果たします。
1998年に高円寺のラーメン屋で稲川素子事務所のアメリカ人からスカウトされ、「ここがヘンだよ日本人」に出演しました。
ここがヘンだよ日本人で人気を博した後、様々な番組にコメンテーターと出演しています。
社会福祉にも興味を持ち、ベナンに小学校の建設を実現させました。
ビートたけしを尊敬していて、オフィス北野に移籍後はたけし軍団に所属しています。
ビートたけしの付き人として、テレビ画面に映ることもありました。
2007年には「二代目そのまんま東」を襲名しています。
2011年には駐日ベナン大使に決定し、オフィス北野を離れ「二代目そのまんま東」の名前も返上しました。
プライベートでは2012年にポヌ・ジョジアヌと結婚しています。
2016年には駐日ベナン大使を退任し、ベナン国民議会選挙に出馬予定でしたが、政権側からの嫌がらせで候補者の擁立が出来なくなり、断念していました。
ベナンの政治家として頑張ろうとしているけれど、政権側からの嫌がらせを受けたり、なかなか思うようにいかないようです。
ゾマホンは正義感が強く、温かい人柄だと番組を見た中で感じていましたが、実際にそのままの人だったのですね。
ベナンの発展のために、頑張って欲しいです。
 (2327682)

日本びいきのゾマホンですが、日本人から詐欺にあったり、マスコミから事実と異なる虚偽の報道からバッシングを受けた事もあり、一時期日本人に対して不信感を持ったことを、著書「ゾマホン、大いに泣く」の中で明かしています。
悪い事をする人はどこの国でもいますが、良い人もたくさんいますから不信感が拭えてよかったです。

ケビン・クローン

Amazon.co.jp : ケビン・クローン (2327700)

1967年生まれでアメリカ・イリノイ州シカゴ出身のケビン・クローンは上智大学を卒業しています。タレントやコラムニストとして、ここがヘンだよ日本人出演以前から活躍していました。
ここがヘンだよ日本人で、一気に有名になりその後も数々のテレビ番組に出演しています。
著書
空爆式ディベート革命(KKベストセラーズ)
トンデモ英語デリート事典(光文社ペーパーバックス)
執筆コラム
週刊文春
ゲイナー
週刊ポスト
RAY
中央公論
国会ジャーナル
日刊ゲンダイ
English Journal
日経BP社月刊各誌
テレビ
平成教育委員会(ゲスト)
グッドモーニングジャパン
ここがヘンだよ日本人
太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。
アドレな!ガレッジ
たかじんのそこまで言って委員会
バイキング
白熱ライブビビット
胸いっぱいサミット
みのもんたのよるバズ
好きか嫌いか言う時間
橋下×羽鳥の番組
ラジオ
越智啓斗のMORNING FREEWAY
キュレーター
そうすけ そうすけ

テレビ番組への出演は橋本×羽鳥の番組(2017年終了)が最後となっています。
著書もたくさんあり、弁もたつしとても頭の良い方なのですね。

サンドラ・ヘフェリン

なぜ外国人女性は前髪を作らないのか (単行本) | サンドラ・ヘフェリン |本 | 通販 | Amazon (2327816)

ドイツ人の父と日本人の母を持つサンドラ・ヘフェリンはロンドンで出生後、幼少期に父親の母国であるドイツのミュンヘンに移住しました。
1997年に来日し、一般企業での勤務を経て「ここがヘンだよ日本人」に出演しています。
その後タレントとしの活動を始め、本も出版しています。
著書『浪費が止まるドイツ節約生活の楽しみ』(光文社)は大ベストセラーになりました。
現在は東京都に在住し、渡部里美という日本名も持っています。
日本でタレントとして、活躍されていますが、ベストセラーの著書もあり才能豊かな女性ですね。「こがヘンだよ日本人」への出演が人生の転機となっています。
著書
『浪費が止まるドイツ節約生活の楽しみ』(光文社)
『甘えを捨てるドイツ女性自立生活の楽しみ』(光文社)
『生きる力をつけるドイツ流子育てのすすめ』(PHP 研究所)
『無理せずお金が貯まる「ドイツ節約術」のすすめ』 (廣済堂出版)
『20代- ひとり暮らしで大切なこと』(海竜社)
『ハーフが美人なんて妄想ですから!!』(中公新書ラクレ)
『ニッポン在住ハーフな私の切実で笑える100のモンダイ』(コミックエッセイ。マンガ担当はヒラマツオ。メディアファクトリー)
『満員電車は観光地!?〜世界が驚く日本の「日常」〜』(コミックエッセイ。マンガ担当は流水りんこ。KKベストセラーズ)
『日本人、ここがステキで、ここがちょっとヘン。』(コミックエッセイ。マンガ担当は片桐了。大和出版)
連載
「可愛いハーフのつくり方」(扶桑社「マリカ」2008年6月号 - 2008年12月号)
「日独ハーフの視点」(「Young Germany Japan」 2009年10月のスタート)
出演番組
外国人記者は見た!日本inザ・ワールド(BS-TBS)
ここがヘンだよ日本人(TBS) - レギュラー
好きか嫌いか言う時間(TBS) - 準レギュラー
世界まる見え!テレビ特捜部(ドイツ担当エージェント(不定期)、日本テレビ系列)
NHKラジオ第2放送 『まいにちドイツ語 きっと新しい私に出会える”大人な女”のひとり旅 Mihos Traumreise』 2012年4月 -
魔法少女リリカルなのはシリーズ(クラールヴィント、闇の書、ゼストの槍(いずれもドイツ語音声))(アテレコ)
大竹まことのゴールデンラジオ 2020年7月27日
ドイツ人と日本人のハーフとしての視点も多く、ドイツのことも知る事が出来てとても興味深いですね。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

“国民的美少女”小田茜(43)が10年ぶりにテレビ出演!意外な職業に転身していたと話題に!!

“国民的美少女”小田茜(43)が10年ぶりにテレビ出演!意外な職業に転身していたと話題に!!

1990年に開催された第4回国民的美少女コンテストでグランプリを獲得し、“第二のゴクミ”として話題となった小田茜(43)が、日本テレビ系列で1月5日に放送された「1周回って知らない話+今夜くらべてみました」に出演、近況について語りました。
隣人速報 | 4,492 view
克・亜樹「ふたりエッチ」がついに連載25周年!「優良さんのラブジュース♡」プレゼントなど、豪華企画が続々スタート!!

克・亜樹「ふたりエッチ」がついに連載25周年!「優良さんのラブジュース♡」プレゼントなど、豪華企画が続々スタート!!

白泉社の青年漫画誌「ヤングアニマル」で好評連載中のお色気コメディ、克・亜樹「ふたりエッチ」が12月24日発売のヤングアニマル1号にて連載25周年を迎えるのを記念し、6つの豪華企画を実施することが決定しました。
隣人速報 | 1,615 view
天使なんかじゃない、ご近所物語、NANA…矢沢あいの展覧会『ALL TIME BEST 矢沢あい展』が開催決定!!

天使なんかじゃない、ご近所物語、NANA…矢沢あいの展覧会『ALL TIME BEST 矢沢あい展』が開催決定!!

人気漫画家・矢沢あいの展覧会「ALL TIME BEST 矢沢あい展」が、2022年夏に第1会場となる東京・新宿髙島屋を皮切りに、大阪髙島屋、横浜髙島屋で開催されることが決定しました。
隣人速報 | 224 view
かとうれいこ(52)がゴルフ場でのアラフィフ“ナイスショット”を披露!90年代の“セクシーショット”も振り返る!!

かとうれいこ(52)がゴルフ場でのアラフィフ“ナイスショット”を披露!90年代の“セクシーショット”も振り返る!!

タレント・かとうれいこ(52)がこのたび、自身のインスタグラムにてゴルフ場でのプレイ姿を披露し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 13,586 view
ビニ本、エロ劇画、トルコ風呂、ノーパン喫茶…昭和エロスの足跡をたどる『懐かしエロカルチャー大全』が発売決定!!

ビニ本、エロ劇画、トルコ風呂、ノーパン喫茶…昭和エロスの足跡をたどる『懐かしエロカルチャー大全』が発売決定!!

ジーウォークより、昭和を彩ったエロ産業の数々にスポットを当てたムック『懐かしエロカルチャー大全』の発売が決定しました。
隣人速報 | 3,126 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト