『ゆるゲゲ』、史上最大の大型アップデートを実施!遊び方が広がる新コンテンツ「ゆるゲゲさんぽ」&「ゲゲゲ史」が登場!
2020年7月14日 更新

『ゆるゲゲ』、史上最大の大型アップデートを実施!遊び方が広がる新コンテンツ「ゆるゲゲさんぽ」&「ゲゲゲ史」が登場!

人気アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』を題材としたスマートフォン向けゲーム『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争』(略称:ゆるゲゲ)で、同ゲーム史上最大の大型アップデートが7月14日(火)に公開された。

128 view

ゲームアプリ『ゆるゲゲ』大型アップデートで位置情報を使った新コンテンツ「ゆるゲゲさんぽ」とアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』をモチーフにした「ゲゲゲ史」を実装!

人気アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』を題材としたスマートフォン向けゲーム『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争』(略称:ゆるゲゲ)で、同ゲーム史上最大の大型アップデートが7月14日(火)に公開された。
 (2211986)

『ゆるゲゲ』はきたろうや目玉おやじ、ねこ娘など鬼太郎ファミリーや、今話題のアマビエなど数々の妖怪たちがゆる~い姿で登場するタワーディフェンスタイプのゲームアプリ。
本大型アップデートで新たに追加されたコンテンツで注目なのが、起動するとスマホ上の地図に妖怪が現れる「ゆるゲゲさんぽ」とアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の印象的なお話をモチーフにした「ゲゲゲ史」の2つ。今回それぞれのコンテンツに注目してみた。
 (2211987)

 (2211988)

まず、「ゆるゲゲさんぽ」は、ゲーム内で「ゆるゲゲさんぽ」を起動するとGPS機能で今いる地図上に妖怪たちが現れ、アイテムがもらえるといったお散歩をしながら楽しめる機能だ。また、移動距離に応じたポイントも手に入り、ポイントに応じた様々なアイテムと交換も出来る。その他にも、自動でアイテムを受け取れる「オートモード」や、地図上の地名表示のオン・オフ設定などが搭載されているので、安全に遊ぶことができる。「ゆるゲゲさんぽ」の名の通り、ちょっとしたお散歩の時や、なまった体をほぐしたい時などのリフレッシュにちょうど良いのではないだろうか。さらに、今後はイベントと連動した期間限定の妖怪が登場するなどの仕掛けも予定されているので、そちらも楽しみにしたい。
 (2211989)

そしてもう1つ「ゲゲゲ史」は、これまでのアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』シリーズから印象的な各場面をモチーフにした新ステージ群だ。初実装となる今回は、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(6期)から大逆の四将の一角である「鵺(ぬえ)」が登場。強敵も『ゆるゲゲ』テイストで描かれるので、どんなビジュアルになるのかも注目だ。
今後は6期以外のアニメからも続々と実装予定なので、どんな妖怪たちが登場するのか今から楽しみにしたい。
 (2211990)

他にもさらに遊びやすくなった機能も追加されるので、これまで楽しんできたユーザーはもちろん、始めたばかりの方にもプレイしやすくなっている。まだプレイしたことのない方は是非、この機会に遊んでみてはいかがだろう。

タイトル概要

 (2211991)

タイトル ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争(略称:ゆるゲゲ)
ジャンル ドタバタ妖怪タワーディフェンス
対応OS および アプリダウンロード先 URL iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/id1420324252 Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yurukita.game
配信日 2018年11月1日
価格 基本無料(一部有料)
公式サイト https://yurukita-game.com/
公式Twitter https://twitter.com/yurukitagame
著作権表記 © 水木プロダクション・フジテレビ・東映アニメーション © PONOS Corp. © ゆるゲ大戦争製作委員会
 (2211995)

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』について

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』は、水木しげるによる同名漫画を原作とした妖怪アニメ。1968年から1969年にかけてフジテレビ系列で放送された第1シリーズ以来、第2シリーズ(1971年~1972年)、第3シリーズ(1985年~1988年)、第4シリーズ(1996年~1998年)、第5シリーズ(2007年~2009年)、第6シリーズ(2018年~2020年)と、60年代から2010年代までの各年代ごとに作品が放送された人気シリーズとなっている。

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するキャラクターについて

鬼太郎(きたろう)
『ゲゲゲの鬼太郎』の主人公であり、隻眼の左目を隠す長髪、リモコン下駄、ちゃんちゃんこがトレードマーク。髪の毛針などの能力を持った、正義感の強い妖怪。

目玉おやじ(めだまおやじ)
鬼太郎の父であり、目玉に小さな体が生えている姿が特徴。茶碗風呂に入る姿が印象深い。

ねずみ男(ねずみおとこ)
人間と妖怪のハーフ(半妖怪)であり、基本的には鬼太郎の仲間であるものの、金や保身のために他の妖怪を裏切る悪役的な一面も。ねこ娘(後述)とは仲が悪い。

ねこ娘(ねこむすめ)
ねずみ男同様の半妖怪であり、鬼太郎の幼馴染。俊敏な動きや鋭い爪や牙で敵に立ち向かう。鬼太郎を慕っており、ひそかに恋心を抱いている。ねずみ男とは仲が悪い。

砂かけ婆(すなかけばばあ)
和服姿の老婆の姿をした妖怪であり、敵を攻撃する際に砂を使うのが特徴。短気であるが面倒見の良い性格であり、妖怪アパートの経営者でもある。

子泣き爺(こなきじじい)
赤ちゃんの風貌をした老人の妖怪であり、敵にしがみついて自身を石化させることで敵の動きを封じることができる。砂かけ婆と仲が良く、酒が大好きという一面も。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 795 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
池袋で「水木しげるの大妖界」が開催!目玉おやじのかき氷も登場!

池袋で「水木しげるの大妖界」が開催!目玉おやじのかき氷も登場!

2016年7月26 日(火)から8月29 日(月)まで、池袋のサンシャインシティにて『体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界』が開催される。「プレミアムかき氷」はかき氷の上に「目玉おやじ」の形をしたゼリーを乗せた一品だ。
「ゲゲゲの鬼太郎」の人気キャラを特集したムック『ねこ娘大全』『ねずみ男大全』が発売決定!

「ゲゲゲの鬼太郎」の人気キャラを特集したムック『ねこ娘大全』『ねずみ男大全』が発売決定!

文藝春秋より、「ゲゲゲの鬼太郎」の人気キャラクターを特集した文春ムック『ゲゲゲの鬼太郎 CHARACTER BOOK ねこ娘大全』『ゲゲゲの鬼太郎 CHARACTER BOOK ねずみ男大全』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,616 view
少年ジャンプがユニークな展開色々!広島カープとコラボにマワシヨミジャンプに大喜利に!

少年ジャンプがユニークな展開色々!広島カープとコラボにマワシヨミジャンプに大喜利に!

創刊50周年を迎えた週刊少年ジャンプが、現在ユニークな企画を続々と展開しています。この記事では、最近の展開をまとめてみました。
隣人速報 | 793 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト