漫画版 「仮面ライダーBLACK」 のダークな世界観とそのエンディング
2017年2月1日 更新

漫画版 「仮面ライダーBLACK」 のダークな世界観とそのエンディング

特撮テレビドラマ『仮面ライダーBLACK』の漫画化作品であり、仮面ライダーシリーズの原作者・石ノ森章太郎が執筆した。テレビ版よりもダークな世界観が大人にも受けた。

36,353 view

原作版仮面ライダーBLACK!

 (85430)

前傾姿勢&わき腹に手足がついてるのが原作版BLACK!
http://gray.ap.teacup.com/kazslog/timg/middle_1227183624.jpg (85432)

フォルムが良くわかるのがこちら

グ、グロい。。笑

原作版ストーリー

記憶を失い、ニューヨークの地下水道をうろつく日本人の男性・南光太郎は、秘密結社「ゴルゴム」に身体を改造され、研究室から逃げ出した身であった。テレビ番組『裏の世界』(リバースワールド)の取材陣、サムやとケイトと知り合った光太郎は、彼らのカメラマンとして取材に参加すると、世界の奇怪な事件を追う中で自分の記憶を取り戻し、謎を解明してゆく。
http://livedoor.blogimg.jp/new_maskedrider/imgs/0/a/0abef229.jpg (85436)

原作版の物語はアメリカから始まるんですね。。

実写版との違い

原作版では超能力の類を使っているシーンが何度か登場した
ラ、ライダーが超能力ですか。。。
光太郎の義父や信彦の彼女・あゆみ、信彦の命の恩人クレオパトラ・ジョーンズといった光太郎の身近な人がゴルゴムの手で改造されて光太郎を連れ戻すために送り込まれてくる・・と実写以上に壮絶な展開。
 
身内がいつのまにかゴルゴムに改造されていて、それを倒さなければいけなくなるというムゴい展開。。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/762/85/N000/000/003/124643970744016429338_SIC-BLACK-01_2009.jpg (85443)

さらに後半になると何度か未来の世界に呼ばれるというシチュエーションが登場。(そーいや実写版の続編である「RX」でも敵が異次元人という設定のため何度か異次元に飛ばされるというシチュエーションが登場してたか)未来の世界では核戦争で人類の殆どが死に絶え、「魔王」と呼ばれる存在が配下の怪人を使って生き残っている人類を狩っていた。生き残った人類は魔王と同じ力を持つ光太郎に自分達を救ってもらおうとしてた。光太郎は未来世界で魔王と遭遇したが未来の魔王の正体は誰なのかという謎を残すことになりこれが最終回(後述)に繋がる
超能力を使い出すのはこのあたりですね笑
ちなみに、原作版にも信彦(実写版でのシャドームーン)は登場します。光太郎と戦い、生き残ったほうが世界の支配者になる。。という設定なのですが。。
http://blog-imgs-43-origin.fc2.com/a/i/c/aichikengei/20130315213925ef8.jpg (85447)

このシーンはいったい。。。。というのは実際に読んでみてのお楽しみですね笑
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和にテレビ放送された最後の仮面ライダー!仮面ライダーBLACKRX

昭和にテレビ放送された最後の仮面ライダー!仮面ライダーBLACKRX

1988年10月23日~1989年9月24日にかけて放映された、昭和最後の仮面ライダー・仮面ライダーBLACKRX。 放映当時は賛否両論を巻き起こし、今でも絶大な人気を誇る仮面ライダーBLACKRXを思い出してみましょう。
緋雪悠斗 | 12,085 view
【昭和カルチャー&ホビーのブーム①】特撮「変身ヒーロー」が量産された「第2次怪獣ブーム / 変身ブーム」から「巨大ロボットアニメ」ブームへ

【昭和カルチャー&ホビーのブーム①】特撮「変身ヒーロー」が量産された「第2次怪獣ブーム / 変身ブーム」から「巨大ロボットアニメ」ブームへ

かつて「怪獣ブーム」を支えた円谷プロダクションによる『帰ってきたウルトラマン』が1971年に放映開始され、仮面ライダー(初代)は社会現象となった「変身ブーム」をもたらしました。1971年後半からは、特撮ヒーロー番組も一気に増えていき、「第2次怪獣ブーム / 変身ブーム」は様々な新機軸を生みだしながら、ますます加熱していきました。この「変身ブーム」から「マジンガーZ」が生み出した「巨大ロボットアニメ」ブームへと子供たちの関心が移り替わっていく流れを、1970年代の特撮変身ヒーロー作品や巨大ロボットアニメの代表作を通じて、振り返ってみましょう。
ガンモ | 15,278 view
ミドルエッジ世代必見!ツイッターのハッシュタグ「#自分がライダーオタクになった原因あげろ」が話題沸騰中!!

ミドルエッジ世代必見!ツイッターのハッシュタグ「#自分がライダーオタクになった原因あげろ」が話題沸騰中!!

1971年の放送開始以来、老若男女問わず人気を博している「仮面ライダーシリーズ」。現在ツイッターにてハッシュタグ「#自分がライダーオタクになった原因あげろ」を付けて、自分が仮面ライダーに夢中になったきっかけを投稿する人が続出。ちょっとしたブームとなっています。
隣人速報 | 627 view
ダイナマン、サンバルカン、ゴーグルファイブ…ミドルエッジ世代が夢中になった「スーパー戦隊」の主題歌が1枚のCDに!

ダイナマン、サンバルカン、ゴーグルファイブ…ミドルエッジ世代が夢中になった「スーパー戦隊」の主題歌が1枚のCDに!

コロムビアより、ミドルエッジ世代が昭和の頃に夢中になった「スーパー戦隊シリーズ」の主題歌を集めたコンピレーションアルバム「ザ・ベスト 青春のスーパー戦隊」が11月27日に発売となりました。
隣人速報 | 2,804 view
〈太陽×月〉!〈肉×鋼鉄〉! 親友でありながらその対比が癖になる名作ヒーロー

〈太陽×月〉!〈肉×鋼鉄〉! 親友でありながらその対比が癖になる名作ヒーロー

1988年(昭和63年)放送されていた「仮面ライダーBLACK」。 昭和ライダーの中でも屈指の名作であるこの作品のもつ魅力を紹介させていただきます。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト