歌姫【中森明菜】Youtubeで聴ける80年代の名曲
2016年6月16日 更新

歌姫【中森明菜】Youtubeで聴ける80年代の名曲

1980年代を代表する歌姫「中森明菜」。次々とヒット曲を出し1985・1986年には日本レコード大賞を受賞。そんな彼女の名曲からYoutubeで聴けるものをピックアップしました。

18,486 view
中森明菜(なかもりあきな)

中森明菜(なかもりあきな)

1965年7月13日生まれ
本名同じ。東京都大田区生まれ、清瀬市育ち。
16歳の時に出場した日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』合格を機に、ワーナー・パイオニアとのレコード契約を締結。1982年にシングル「スローモーション」でデビュー以降、次々とヒットを連発。1985年・1986年と日本レコード大賞を受賞した。

中森明菜 1980年代の名曲 スローモーション

中森明菜『スローモーション』

作詞・作曲:来生えつこ・来生たかお
1982年5月1日に発売したデビュー曲。自身にとって初のレコーディングであったが、「スローモーション」のレコーディングでは、どうしても「スローモションー」と歌ってしまい、ディレクターの島田雄三に複数回注意されてしまったと中森は明かしている。
デビュー曲候補を4曲に絞っていた際に、母校の清瀬中学校の校内放送で候補曲を流し、アンケートを実施。その結果「Tシャツ・サンセット」が1位となったが最終的には2番人気の「スローモーション」がデビュー曲に選ばれた。

中森明菜 1980年代の名曲 少女A

中森明菜『少女A』

作詞:売野雅勇、作曲:芹澤廣明
1982年7月28日にリリースしたセカンドシングル。アイドル歌手としての地位を強固なものとした楽曲。本曲の詞については、もともと沢田研二向けに「ロリータ」のタイトルで提供され廃案になった歌詞を書き直したものだという。中森本人は「少女A」について、好きではないとのコメントを残している。

中森明菜 1980年代の名曲 セカンド・ラブ

中森明菜『セカンド・ラブ』

作詞・作曲:来生えつこ・来生たかお
1982年11月10日にリリース。中森は、この楽曲に深く感動し、繊細な歌詞とメロディに心を揺さぶられるあまり、自身が歌うべきなのか?、また、他の歌手が歌唱しても大ヒットする楽曲との確信から、ヒットしなかったらこの曲に対し申し訳無い気持ちであったと明かしている。

中森明菜 1980年代の名曲 1/2の神話

中森明菜『1/2の神話』

作詞:売野雅勇、作曲:大沢誉志幸
1983年2月23日にリリース。ソロデビュー前の大沢誉志幸が作曲し、後に大沢がセルフカバーしている。

中森明菜 1980年代の名曲 禁区

中森明菜『禁区』

作詞:売野雅勇、作曲:細野晴臣
1983年9月7日リリース。YMOの細野晴臣が作曲を手掛け、作曲した細野とともに萩田光雄によって編曲されたテクノ歌謡。1983年度のオリコン年間シングルチャートでは、17位を記録し、51万枚を上回る売り上げとなった。

中森明菜 1980年代の名曲 北ウイング

中森明菜『北ウイング』

作詞:康珍化、作曲:林哲司
7枚目のシングルとして1984年1月1日リリース。林の起用は、中森の指名によって実現された。「北ウイング」のタイトルは、候補として、「ミッドナイトフライト」・「夜間飛行」などもあったが、中森の提案によりこのタイトルに決定された。中森はこのタイトルについて、松任谷由実の「中央フリーウェイ」に影響を受けたと明かしている。

中森明菜 1980年代の名曲 サザン・ウインド

中森明菜 サザン・ウインド - YouTube

作詞:来生えつこ、作曲:玉置浩二
1984年4月11日リリース。作曲はシングルでは「禁区」のB面「雨のレクイエム」以来となる安全地帯の玉置浩二が手掛け、編曲は瀬尾一三が手掛けた。1984年度のオリコン年間シングルチャートでは、10位を記録。以降、この「サザン・ウインド」から1988年の「TATTOO」まで15作連続で1位を記録していく。

中森明菜 1980年代の名曲 十戒 (1984)

中森明菜『十戒』

作詞:売野雅勇、作曲:高中正義
1984年7月25日リリース。「十戒 (1984)」の作詞について売野は、ディレクター間での打ち合わせのみで、実際に詞の内容について中森と意見を交わしたことはなかったが、「ぼくの創り上げた詞の主人公を見事に演じ、脚本以上の映像をつくってしまう素晴らしきシンガーアクトレスだ」と語っている。

中森明菜 1980年代の名曲 飾りじゃないのよ涙は

中森明菜『飾りじゃないのよ涙は』

作詞・作曲:井上陽水
1984年11月14日リリース。中森にとってこの楽曲は、アイドルからシンガー、アーティストへの転機となった。中森のシングル楽曲では、1位の「セカンド・ラブ」、2位の「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」に次いで、3位の売上枚数を記録している。

中森明菜 1980年代の名曲 ミ・アモーレ

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高得点を目指せ!【中森明菜】イントロクイズ

高得点を目指せ!【中森明菜】イントロクイズ

類まれなる歌唱力と、曲ごとに印象をガラッと変える個性的なビジュアルでファンを魅了。 音楽業界の名だたる賞を総ナメした歌姫・中森明菜のヒット曲をアナタはどれだけ覚えていますか?
1983年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1983年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1983年にはどのような曲が流行っていたのか?売上枚数で見るリアルな年間ベスト10です。実はこの年、例年になく演歌が多数大ヒットしたんですよねぇ。
obladioblada | 1,993 view
懐かしい!シャンプーやリンスのCMに登場した女性アイドル

懐かしい!シャンプーやリンスのCMに登場した女性アイドル

70年代から80年代のシャンプーやリンスのCMには、デビュー当時の女性アイドルが、数多く出演しています。 10代から20代の頃に撮影したCMを振り返り、懐かしい、若い頃の映像を見てみましょう。
「じれったい(焦れったい)」という言葉を使った歌が好きでした。

「じれったい(焦れったい)」という言葉を使った歌が好きでした。

主観ですが「じれったい」という言葉を聞かなくなった気がします。”焦れったい”と書くこの言葉、「じれってぇ~な、はやくしろよ!」などと用いていた若いころを思い出しつつ、記憶に残っている「じれったい」歌について。
スター誕生で中森明菜に敗れた『佐久間レイ』声優に転向して大活躍!!

スター誕生で中森明菜に敗れた『佐久間レイ』声優に転向して大活躍!!

1983年アイドル歌手としてデビューした佐久間レイさん。実は彼女、第38回スター誕生の決勝大会で中森明菜さんに敗れた過去があるのです。その後スカウトされ芸能界に入ったものの、アイドルとしては鳴かず飛ばず!そんな時代を経て、現在は声優として大活躍している佐久間さんのこれまでを紹介します。
ガチャまま | 5,802 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト