「一番じゃなきゃダメでしょうか?」の蓮舫議員が一番輝いたグラビアまとめ。
2016年6月16日 更新

「一番じゃなきゃダメでしょうか?」の蓮舫議員が一番輝いたグラビアまとめ。

蓮舫議員といえば「一番じゃなきゃダメですか?」発言が脚光を浴びましたが、もちろん政治家としてバリバリご活躍なさっています。そんな蓮舫さん、もとはタレントだったんですね。タレント時代のグラビアをちょっとまとめちゃいました。

61,553 view

蓮舫

蓮舫

蓮舫

蓮舫(1967年11月28日 - )は、日本の政治家、マルチタレント。
民主党所属の参議院議員、民主党代表代行、民主党東京都連副会長。
内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全、行政刷新担当、「新しい公共」担当、少子化対策担当、男女共同参画担当)公務員改革担当大臣、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員会委員長を歴任
2012年12月28日、民主党の次の内閣でネクスト行政改革・公務員制度改革・規制改革担当大臣に就任と錚々たるキャリアを歩んでいらっしゃいます。

あまりにも有名になったこの発言

いわゆる「仕分け人」として一躍脚光を浴びましたね

蓮舫 「2位じゃダメなんですか?」  (元動画) - YouTube

大修館書店が全国の中高生から国語辞典に載せたい言葉を募集する「第6回『もっと明鏡』大賞 みんなで作ろう国語辞典!」で、事務局オススメ傑作選に「レンホートーク」という言葉が選ばれた。

この言葉は、事業仕分けの際に官僚を厳しく詰問する蓮舫の様子から「相手の欠点や弱点を厳しく指摘する。反論する時間を与えない」という意味。

政治家としては10年以上のキャリア、数々の要職を歴任

2004年に民主党から出馬、以降政治の世界に

2004年に民主党から出馬、以降政治の世界に

2004年7月、手塚仁雄の誘いで民主党から第20回参議院議員通常選挙に出馬(東京都選挙区:定数8・改選4)。比例区新人の吉田公一との連動で、小川敏夫と共に当選。
2007年9月、民主党のネクスト年金担当大臣である長妻昭からの要請で、ネクスト年金担当副大臣に就任。
2009年10月21日、内閣府が設置した事業仕分けワーキンググループの一つである、農林水産省・文部科学省・防衛省担当の「仕分け人」に。

2010年6月8日に発足した菅内閣において、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)に就任。
同年9月17日に発足した菅改造内閣では引き続き内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)に留任し、国務大臣としての担当事項として「公務員制度改革を推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当」も。

2011年1月発足の菅第2次改造内閣では、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)に留任。「公務員制度改革を推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当」から外れ、新たに内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、節電に関する啓発等担当も兼務することに。
6月27日に閣僚ポストをすべて退任し、内閣総理大臣補佐官へ。

2011年9月2日に発足の野田内閣において、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)に返り咲く形で就任。

2012年1月13日の野田第1次改造内閣発足に伴って、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)を退任し、民主党行政改革調査会会長代行に就任。

若かりし頃はタレントとして活躍しました

17歳でNTTテレホンカードのCMに登場

17歳でNTTテレホンカードのCMに登場

1985年、17歳の時にNTTのテレホンカードCMに登場。
音響機器メーカーのキャンペーンガールである「1988年度クラリオンガール」として青山学院大学在学中に選ばれ、当初は日本テレビのバラエティ番組などを中心に活動。

1993年、テレビ朝日の報道番組『ステーションEYE』のメインキャスターに抜擢されて以降、ジャーナリスト活動も活発に。阪神・淡路大震災の際には現場から約一週間レポートも。

グラビアもこなしていました!

蓮舫

蓮舫

蓮舫

蓮舫

蓮舫

蓮舫

蓮舫

蓮舫

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 写真が間違っています。蓮舫さんではありません。 2019/9/7 17:50

    「グラビアもこなしていました!」の次に掲載されているカネボウのポスターのモデルさんは、蓮舫さんではありません。女優の麻生祐未さんです。人違いされています。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】女優・タレントのあき竹城さん死去。トラック野郎・度胸一番星、楢山節考、マルタイの女など

【訃報】女優・タレントのあき竹城さん死去。トラック野郎・度胸一番星、楢山節考、マルタイの女など

女優・タレントのあき竹城(あき たけじょう)さんが15日、大腸がんのため東京都内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。75歳でした。
隣人速報 | 918 view
ミスマガジンがついに40周年!「ミスマガジン2022」にて史上初となる“2人”のグランプリが誕生!!

ミスマガジンがついに40周年!「ミスマガジン2022」にて史上初となる“2人”のグランプリが誕生!!

講談社より、今年で40周年を迎えた「ミスマガジン2022」のグランプリのほか、ミスヤングマガジンやミス週刊少年マガジン、読者特別賞、審査員特別賞の受賞者が発表されました。
隣人速報 | 1,458 view
まるでウェディングドレス!南野陽子(55)が純白のドレス姿で美魔女っぷりを披露!最近の活動もご紹介!!

まるでウェディングドレス!南野陽子(55)が純白のドレス姿で美魔女っぷりを披露!最近の活動もご紹介!!

80年代を代表するアイドルの一人で、現在は女優として活躍する南野陽子(55)がこのたび、自身のインスタグラムにてウェディングドレスのような純白ドレス姿を披露し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,502 view
「かつて大変お世話になりました」かとうれいこ(53)が20代の頃のグラビアショットを公開!!

「かつて大変お世話になりました」かとうれいこ(53)が20代の頃のグラビアショットを公開!!

かつてグラビアアイドルとして一世を風靡し、現在はタレントとして活動するかとうれいこ(53)がこのたび、自身のインスタグラムにて20代の頃に撮影したグラビアを披露し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 7,912 view
中川翔子がセクシーなランジェリー姿で雑誌「FLASH」の表紙を飾る!父・中川勝彦のお墓参り動画も話題に!!

中川翔子がセクシーなランジェリー姿で雑誌「FLASH」の表紙を飾る!父・中川勝彦のお墓参り動画も話題に!!

光文社が発行する雑誌「FLASH」7月12日号(6月28日発売)にて、10年ぶりの写真集「ミラクルミライ(講談社)」が話題の中川翔子がセクシーなランジェリー姿で登場し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 3,788 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト