80-90年代グラビア:癒し系美女「(癒し系女王)本上まなみ」「(お菓子系女王)升水美奈子」「中条かな子」「坂井泉水」「河合その子」「工藤静香」「渡辺満里奈」
2015年10月7日 更新

80-90年代グラビア:癒し系美女「(癒し系女王)本上まなみ」「(お菓子系女王)升水美奈子」「中条かな子」「坂井泉水」「河合その子」「工藤静香」「渡辺満里奈」

1980年代から90年代に活躍した本上まなみ・中条かな子・坂井泉水・工藤静香・河合その子・渡辺満里奈・升水美奈子の7名のグラビアと代表曲のまとめです。

32,416 view

本上まなみ | グラビアは1ページ目から

本上まなみ(ほんじょうまなみ) 癒し系女王

本上まなみ(ほんじょうまなみ) 癒し系女王

本上 まなみ(ほんじょう まなみ、1975年5月1日 - )は、日本のタレント、女優、ナレーター、エッセイストである。本名、沢田 まなみ(さわだ まなみ)。旧姓、本上。公式ニックネームはほんじょ。
大阪府茨木市出身。所属芸能事務所は、株式会社アクラ。身長168cm。
4歳からの20年間を大阪府と兵庫県で過ごし、その後は東京都に住んでいた。2013年4月より京都へ移り住んでいる。
茨木市立東中学校→大阪府立高槻北高等学校出身。池坊短期大学卒業。学生時代には大阪ガスの広告など、モデルとして活動していた。
1993年7月、フジテレビ系ドラマ『じゃじゃ馬ならし』秋野リカ役で本格的にデビュー。
1995年、ユニチカ水着キャンペーンモデルに起用され、グラビアアイドルとして本格的に活動を始める。同年、『爽健美茶』『NTT DoCoMo関西』など多数のCMに出演して有名になる。
(出典:Wikipedia)

工藤静香 | グラビアは2ページ目から

工藤 静香(くどう しずか) 元おニャン子クラブの会員...

工藤 静香(くどう しずか) 元おニャン子クラブの会員番号38番 1980年代後半の女性アイドル四天王

工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名:木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。元おニャン子クラブのメンバーである。夫はSMAP・木村拓哉。東京都西多摩郡羽村町(現・羽村市)出身。

1984年、中学2年の時に応募総数歴代最大18万325人の第3回「ミス・セブンティーンコンテスト」に出場し、特別賞を受賞。同コンテストの出場者には、後に同じグループとなる国生さゆり、渡辺満里奈のほか、渡辺美里、松本典子、網浜直子、麻倉あきらなどがいた。

高校へ進学後の1986年5月、事務所の勧めでフジテレビ系『夕やけニャンニャン』のオーディションコーナー・「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に出場。合格を果たし、おニャン子クラブの会員番号38番となる。既に歌手活動をしていたことやモモコクラブのメンバーであったことが知られたが、突出した玄人っぽさを見せることは無く、クイズ等で見せる「バカキャラ」(自ら「だってあたしバカなんだも〜ん」と発言したこともある)や「ヤンキーキャラ」(バイクが大好きと公言など)で注目されるようになる。おニャン子クラブは学業最優先が原則であったが、工藤はあまり真面目に学校へ通っていなかったことを後に告白している。1986年10月には渡辺満里奈のソロデビュー曲「深呼吸して」で生稲晃子とともに“withおニャン子クラブ”としてバックコーラスを担当する。

1987年春からは、生稲晃子・斉藤満喜子ともに内部ユニット“うしろ髪ひかれ隊”としての活動も開始。直後に発売されたおニャン子のシングル「かたつむりサンバ」ではフロントボーカルに抜擢されるなど、終焉に向かっていたおニャン子クラブの中で人気、知名度を上げていく。

1987年8月31日の『夕やけニャンニャン』最終回放映日に発売となったシングル「禁断のテレパシー」(広東版本:唐韋琪-今晚不設防)でソロデビューし、オリコン1位を記録。以後、1980年代後半から1990年代後半に渡りヒット曲を連発した。80年代後半に最も活躍した女性アイドル四人(工藤静香、中山美穂、南野陽子、浅香唯)は女性アイドル四天王と呼ばれていた。
(出典:Wikipedia)

渡辺満里奈 | グラビアは3ページ目から

渡辺満里奈(わたなべまりな) 元おニャン子クラブ 会員...

渡辺満里奈(わたなべまりな) 元おニャン子クラブ 会員№38番。 おニャン子一の美少女。このブルマ姿はプレミアものですよ!

渡辺 満里奈(わたなべ まりな、1970年11月18日 - )は、日本の女性タレント、司会者、女優、歌手。本名:名倉 満里奈(なぐら まりな、旧姓:渡辺)。夫はお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤。1984年のミス・セブンティーンコンテスト(応募総数コンテスト史上最高18万325人)に応募し、関東地区予選にてCBSソニーにスカウトされる。その後、1986年3月に『夕やけニャンニャン』のオーディション「ザ・スカウト アイドルを探せ」に参加。月曜日の登場時から存在感を示し、金曜日には高得点(120点。合格は100点以上)で合格を果たした。その際、とんねるずに「おニャン子はお前のものだ!!持ってけ!!」とまで言わしめた(オーディション中盤で「もう満里奈で今週は決まりだ」と言っていた)。
1986年3月27日におニャン子クラブ会員番号36番としてデビュー(ただし、当時行われていたコンサートツアーには時間的な余裕が無かったこともあり不参加)。デビュー早々より人気を得て、中期から後期にかけてのおニャン子クラブの主力メンバーとなった。おニャン子クラブ時代は同じ渡辺姓の渡辺美奈代とともに「W渡辺」「Wワタナベーズ」と呼ばれた。
おニャン子クラブ在籍中の1986年10月に発売されたソロデビュー曲「深呼吸して」は、当時のオリコン初登場1位最年少記録(15歳11ヶ月)であり、2001年3月27日、当時モーニング娘。だった後藤真希のデビュー曲「愛のバカやろう」(15歳6ヶ月)まで、約15年間この記録は破られなかった。
(出典:Wikipedia)

河合その子 | グラビアは4ページ目から

河合その子(かわい そのこ) 元おニャン子クラブ会員番...

河合その子(かわい そのこ) 元おニャン子クラブ会員番号12番。

河合その子(かわい そのこ、1965年6月20日 - )は、日本の元歌手。本名: 後藤 その子(ごとう そのこ)旧姓: 河合。

1985年9月、CBSソニーから「涙の茉莉花LOVE」で、おニャン子クラブから最初のソロデビューを果たす。同曲はオリコン週間チャートで初登場5位、翌週には1位を獲得し、女性歌手としては初めてデビュー曲で1位を獲得した。B面「恋のチャプターA to Z」は、「河合その子 with おニャン子クラブ」名義。バックのメンバーは国生さゆり・名越美香・高井麻巳子・城之内早苗で、デビューイベント等にも随伴した。

自己紹介するときにはいつも「永遠の少女、河合その子です」と自称していた。場合によってはそれが「歌うリカちゃん人形」のときもあった。

スタジオ入りがギリギリとなるためなのか、素顔に自信があるのか、度々すっぴんで番組に出演した。その際、本人自ら「今日はすっぴんの河合その子です」と自己紹介していた。
(出典:Wikipedia)

坂井泉水 | グラビアは4ページ目から

坂井 泉水(さかい いずみ) ZARDのボーカリスト ...

坂井 泉水(さかい いずみ) ZARDのボーカリスト 90年代を代表する女性歌手

坂井 泉水(さかい いずみ、1967年2月6日 - 2007年5月27日)は、日本の女性歌手、作詞家。ZARDのボーカリスト。本名は蒲池 幸子(かまち さちこ)。 ビーイングの関連会社「泉水(SENSUI)」に所属した。またZARDとしてビーインググループのレコード会社「B-Gram RECORDS」に所属。スリーサイズはB85・W59・H87。両親・弟妹の5人家族。20代前半までは身長165cmというスタイルを生かしモデルやレースクイーンとして活動していたが、歌手になるという強い希望を持ち続け、1991年2月、音楽グループ「ZARD」のボーカルとして歌手デビューを果たす。

90年代を代表する女性歌手として、多くのヒット曲を生み出した。6thシングル「負けないで」で大ブレイクして以降、メディア露出やライブ活動を全くしなかった。生涯を通し、数回のテレビ、ラジオへの出演以外はほとんどマスメディアに登場せず、ライブも殆ど行わなかった。

2007年(平成19年)
5月26日朝5時40分頃、入院先の病院内のスロープから3メートル下に転落し、駐車場で仰向けに倒れているところを通行人に発見される。集中治療室で緊急処置を受けるも、翌5月27日午後3時10分、後頭部強打による脳挫傷で急逝する。40歳没。
(出典:Wikipedia)

升水美奈子(ますみず みなこ) | グラビアは5ページ目から

升水 美奈子(ますみず みなこ) お菓子系アイドル全盛...

升水 美奈子(ますみず みなこ) お菓子系アイドル全盛期に絶大な人気を誇った。2004年に着エロビデオで再デビュー。

升水 美奈子(ますみず みなこ、生年月日非公表)は、日本のグラビアアイドル、タレント、歌手。
神奈川県出身。グラビアデビュー以降の所属事務所はウインドー→アルテミスブレーン→グランマザー。
中学2年生の頃より劇団で活動。1998年8月に芸能事務所のウインドーにスカウトされ、同年暮れに『すッぴん』12月号で16歳の女子高生モデルとしてグラビアデビュー。同誌のほか、『ワッフル』、『ラッキークレープ』『クリーム』『Beppin-School』などのお菓子系雑誌で度々メイングラビアを飾り、お菓子系アイドルとしてトップクラスの人気を獲得した。1999年から2000年にかけて3冊の写真集が発売され、『グラビアの美少女』(スカイパーフェクTV!)や『妄想ビーム』(テレビ東京)などのテレビ番組にも出演した。
(出典:Wikipedia)

中条かな子 | グラビアは6ページ目から

中條かな子 現在:緒方 かな子(おがた かなこ)

中條かな子 現在:緒方 かな子(おがた かなこ)

緒方 かな子(おがた かなこ、1973年(昭和48年)3月4日 - )は、広島市中区出身の日本のタレント、元グラビアアイドルである。本名:緒方 可奈子(読み同じ、旧姓・矢川)。広島第一女子商業高等学校中退。堀越高等学校卒業。1991年(平成3年)に中條かな子として芸能界デビュー。桜っ子クラブさくら組の創立メンバーでもあった。当時はアーティストハウス・ピラミッドに所属し、グラビアを中心にアイドルとして活躍。学園祭の女王の異名をとった。その後も女優、歌手、パーソナリティーとして幅広く活躍したが、1996年(平成8年)に広島東洋カープ外野手の緒方孝市と結婚し、翌春限りでひとまず芸能界を引退。その後、広島を中心にタレント活動を再開。家庭生活と両立させながら現在も活動中。
(出典:Wikipedia)

本上まなみ グラビア

http://24.dtiblog.com/i/idolparks/file/HonjyouManami_days_076.jpg (1075719)

トンネルを抜けると、そこは、まなみの国だった・・・

トンネルを抜けると、そこは、まなみの国だった・・・

この衣装もけっこうセクシーですよね。どうせなら乳首の所...

この衣装もけっこうセクシーですよね。どうせなら乳首の所もアミアミにしてほしかったですね(笑)

http://erotopia5.com/wp-content/uploads/2011/12/01-45.jpg (1075722)

やはり、股間に目が行っちゃうよね

やはり、股間に目が行っちゃうよね

113 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

奇跡のアラフィフ!かとうれいこ(51)が年齢を感じさせない美貌を公開!過去のグラビアと徹底比較!!

奇跡のアラフィフ!かとうれいこ(51)が年齢を感じさせない美貌を公開!過去のグラビアと徹底比較!!

90年代に巨乳グラビアアイドルとして活躍したタレント・かとうれいこ(51)が、自身のインスタグラムにて最新の自撮りを公開し、そのアラフィフらしからぬ若々しさ溢れる美貌に注目が集まっています。
隣人速報 | 4,197 view
ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」がこのたび40周年を迎えたのを記念し、7月6日発売の最新号『週刊ヤングマガジン 32号』にて雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されています。
隣人速報 | 2,802 view
BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム  おニャン子クラブ 編  9・20は「おニャン子クラブ解散29周年ビデオコンサート」

BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム おニャン子クラブ 編 9・20は「おニャン子クラブ解散29周年ビデオコンサート」

伝説のグループで社会現象を巻き起こした「おニャン子クラブ」。芸能界のグループで初となる「会員番号」と言う新語をつくりグループからスピンオフ的なグループが発祥する画期的な仕組みは、「AKB48」を作り上げた奇才「秋元康」の閃きが大きかったと思われます。短い時間しか過ごせなかったファン達は、解散後も彼女達を慕い、解散コンサートを行った「国立代々木第一体育館」周辺に集まり29年間続いている「ビデオコンサート」に繋がって行くのです。その、9月20日が近づいて来ましたのでおニャン子クラブのシングル盤とメンバーをできる限り紹介していこうと思います。
ゴールデン・アロー賞「グラフ賞」の歴代アイドル・女優・グラビアアイドル(1990年から2007年)

ゴールデン・アロー賞「グラフ賞」の歴代アイドル・女優・グラビアアイドル(1990年から2007年)

その年に最も雑誌のグラビアを飾り話題を提供した被写体が受賞者に選出されるゴールデン・アロー賞「グラフ賞」。1998年度(第36回)受賞の優香以降は、グラビアアイドルの登竜門的な賞となっていました。いずれもその時代を反映したフォトジェニックであり、受賞者を改めて見ることで一般大衆が求めるグラビアの傾向やその推移が見て取れます。1990年から2007年までの受賞者を振り返っていきましょう。
ガンモ | 15,132 view
伝説のグラビアアイドルの古谷芳香(ふるやよしこ)のグラビアまとめ。グラビア活動は1990年前半(1991年中心)のわずか数年だけ。

伝説のグラビアアイドルの古谷芳香(ふるやよしこ)のグラビアまとめ。グラビア活動は1990年前半(1991年中心)のわずか数年だけ。

メリハリのきいたナイスボディと、ワイルドな眼差しを持つ彼女の魅力がいっぱいのグラビア。活動自体は写真集やIVが中心であったため、それ程、知名度はないが、 ほんわかした癒し系の美人顔でありながら、際どい水着やシースルーな衣装を まとって、巨乳と透け乳首を余すことなく見せつけてくれた。
ガンモ | 56,669 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト