テーマ曲は一度聴いたら耳から離れない!昭和の名作【意地悪ばあさん】をご紹介します
2016年3月7日 更新

テーマ曲は一度聴いたら耳から離れない!昭和の名作【意地悪ばあさん】をご紹介します

長谷川町子の4コマ漫画作品『いじわるばあさん』を原作として製作された日本のテレビドラマで、1967年から1968年にかけて放送され、シリーズ中最も人気を博した青島幸男が主演した作品をご紹介したいと思います。

13,576 view

意地悪ばあさん

1967年9月26日から1969年9月25日まで、読売テレビ(ytv)の製作により日本テレビ系列で放送された。制作はC.A.L、モノクロ(第100回のみカラー放送)。放送時間は第1〜78回が毎週火曜日22時〜22時30分、第79〜最終回が毎週木曜日19時〜19時30分。
 (1594157)

出典 ameblo.jp
毎日新聞社(2015年以降は毎日新聞出版)発行の『サンデー毎日』で1966年から1971年まで連載された漫画『いじわるばあさん』のテレビドラマ化作品はこれまでに4本製作されているが、特に人気を博したのは1967年に放送を開始した読売テレビ(以下「ytv」)製作・日本テレビ系列放送の第1作と、その実質的なリメイク版で1981年から1982年にフジテレビ(以下「フジ」)で放送された第3作であった。
 (1594232)

原作者の長谷川町子は『サザエさん』のテレビアニメ版と同様に本作の映像化を快く思っていなかったとされ、漫画の作中でもytv版のロケを見た主人公の石が青島演じる波多野タツに対して「あたしのほうがよっぽどキリョウがいいよ」と憤慨して途中で帰ってしまうと言うエピソードがある。

テーマ曲

主題歌『意地悪ばあさんのうた』は青島本人が歌唱していたが、歌詞にはろう者に対する差別用語とされる言葉が含まれている。

オープニング
タイトルクレジット部はアニメ―ションで、ばあさんが「これから何が始まるかって? 決まってんじゃない! 『意地悪ばあさん』!」と言うと、画面上部にマシンガンの音と共にタイトルが出されるが、違うタイトルなのでばあさんが消し「意」「地」「悪」「ば」「あ」「さ」「ん」と一文字ずつ出て、最後にばあさんが「ヒヒヒヒヒ!」と笑うという構成となっている。
いじ・いじ・いじいじいじいじ・意地悪ばあさん♪

ストーリー

長谷川町子さんの作品で、サザエさんの次に人気がある作品と言えば、『いじわるばあさん』だろう。主人公のいじわるばあさん「伊知割 石(いじわる イシ)」がほぼ毎回他人にいじわるを行う、ブラックな四コママンガだ。

いじわるばあさんはアニメ化もされたが、元東京都知事の故・青島幸雄さん主演でドラマ化された事を想像する人も多いと思う。現在は市原悦子さん主演になっており、振り込め詐欺などの現代の問題を取り上げ、いじわるばあさんの知恵で痛快に解決するという面白い仕上がりになっているのだ。
意地悪ばあさんこと、波多野たつ、当年69歳。夫に先立たれ、長男の平四郎を女手ひとつで育て上げ、大学まで出したと自信満々。だが、平四郎はなんとも頼りなく、嫁の良子の尻にひかれっぱなし。そこでばあさんは、反骨精神旺盛な孫のよしおと手を組んで、意地悪の開始。
 (1594271)

いじわるばあさんの真の面白さは、原作の四コママンガにあるブラックな部分にあると言っても良いだろう。ドラマのいじわるばあさんからは信じられないような、逮捕されてもおかしくないとんでもない行為をしている事をご存じだろうか。
 (1594280)

<マンガのいじわるばあさんが行った極悪行為>
・車で事故を起こした運転手に酒を飲ませ、飲酒運転に仕立て上げる。
・18歳以下の少年を連れてアダルト映画館へ行く。
・歌舞伎を見に行った老夫婦の家が放火されたと偽の通報をし、無理やり帰宅させようと試みる。
・昼寝をしているよその家の犬にショベルでコショウをかける。
・旦那と喧嘩した奥さんを和解させるフリをして、離婚させる。
・息子が葬式に行く前にワライダケを食べさせ、式中に笑わせる。
・挨拶をしなかったおばあさんの家にうな重20人前をイタズラ注文。
・夕刊が休みで助けても新聞に載らない事を理由に、溺れている人を見殺しにする。
・金を貰って犬のかぶり物を作り、風呂場の覗きを斡旋する。
・マツタケの採れる林で死体のふりをし、他を追い出す。そしてマツタケ独占。
・ホームレスの男性を土管に閉じ込め、出入り口をセメントで封鎖する。
・宅急便を届けに来た人をなぜか殴り飛ばす。
 (1594274)

1966年(昭和40年)スタートにして、高齢化社会や老人介護の問題についても取り上げており、長谷川さんの先を見る天才的な目を見る事が出来る作品になっているのではないでしょうか。
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 981 view
サガミオリジナルが発売20周年!デート代20万円が当たるキャンペーン特設サイトをオープン!!

サガミオリジナルが発売20周年!デート代20万円が当たるキャンペーン特設サイトをオープン!!

国内No.1ブランドコンドーム「サガミオリジナル」は、発売20周年を記念し、愛し合うすべてのカップルを対象にした「デート代20万円を100組にプレゼント」するキャンペーンを実施中です。併せて、キャンペーン特設サイトをオープンさせました。
隣人速報 | 2,958 view
宮沢りえだけじゃない!10代の頃からヌードを披露していた女優まとめ!!

宮沢りえだけじゃない!10代の頃からヌードを披露していた女優まとめ!!

いつの時代も観る者を惹きつける女優のヌード。体当たり演技のひとつとして、高く評価されることも多いですよね。そんなヌードを10代のうちから披露していた方々が意外に多いのをご存知でしょうか?
となりきんじょ | 27,075 view
【訃報】女優・赤木春恵さん死去。「おしん」「渡鬼」「金八先生」など

【訃報】女優・赤木春恵さん死去。「おしん」「渡鬼」「金八先生」など

「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」など、数多くのテレビドラマ、映画などで活躍した女優・赤木春恵さんが11月29日、都内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。94歳でした。
隣人速報 | 832 view
松田聖子、岡田有希子、酒井法子…老舗芸能プロ「サンミュージック」がついに創業50周年を迎える!

松田聖子、岡田有希子、酒井法子…老舗芸能プロ「サンミュージック」がついに創業50周年を迎える!

松田聖子、岡田有希子など多くのトップアイドルを輩出した芸能プロダクション「サンミュージック」が、11月27日に創業50周年を迎えます。
隣人速報 | 525 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト