テレビ出演に活躍し4キロ痩せた加藤一二三九段が登場! 「開運!なんでも鑑定団 秋の2時間スペシャル」きょう10月3日20時54分~放送
2017年10月3日 更新

テレビ出演に活躍し4キロ痩せた加藤一二三九段が登場! 「開運!なんでも鑑定団 秋の2時間スペシャル」きょう10月3日20時54分~放送

10月3日放送の「開運!なんでも鑑定団 秋の2時間スペシャル」に将棋界の大御所・加藤一二三九段が登場。2時間スペシャルの特別企画・「各界大御所のお宝鑑定大会」に内田裕也、IKKO等とともに出演します。

263 view

「開運!なんでも鑑定団 秋の2時間スペシャル」に加藤一二三九段が登場!

開運!なんでも鑑定団 秋の2時間スペシャル

開運!なんでも鑑定団 秋の2時間スペシャル

 14歳でプロデビュー、通算成績は2505戦1324勝1180敗――

 今年6月に惜しまれながらも引退が決定した棋士の加藤一二三九段。
 棋士のトップタイトル《名人》を獲得したこともある彼がお宝を持ってスタジオに登場。

 昭和の大棋士とも交流があった加藤一二三九段。やはりお宝も将棋関係なのか?
 あるいは戦争すら経験したことがある古豪から何かを託されていたり……?

 鑑定陣が思わず唸る名品奇品が登場してしまうかもしれません、結果は本日10月3日20時54分から放送の「開運!なんでも鑑定団」でどうぞ!

加藤一二三九段からのコメント

Q 各界の大御所の方々との収録でした。いかがでしたか
みなさんとは初めての共演でした。全然違った世界の著名な方で、本当にうれしかったです。

Q 番組出演依頼が来た時の印象は
2度目の依頼ということで、大変喜びました。が、「お宝に出すものあったかな?」と思い浮かべました。

Q 引退後、テレビによくご出演されますね? 4キロやせた、と聞きました
やせたのは、テレビ出演のおかげだと思います、ほかに理由がないので。
テレビ局って、みんな広いでしょ。広いところで足早に動いているからでしょうか?
この年齢になってくると、やせた方が良いって、決まってるんです。ありがたいことです。

テレビに出るようになって、将棋と違うな、と思ったことがあります。
将棋は、例えば、やぐらという作戦を用いますと、今まで、私はその作戦で500回、勝ってきました。同じ出だし、同じ作戦が通用します。
テレビの業界は、一回成功したからって、2度同じ番組をおつくりになりませんよね。そこが大変凄いと思います。常に全くオリジナルな番組を作っていかれるところが。

番組概要

・番組名     開運!なんでも鑑定団 秋の2時間スペシャル
・放送日時   10月3日(火) 20:54-22:48
・番組内容  
 秋の2時間スペシャル!鑑定士も唸る、選りすぐりのお宝が集結!加藤一二三、内田裕也らが登場「各界大御所のお宝鑑定大会」も!
 一般鑑定<怪物・加藤唐九郎が遺した幻の名碗>
 貯金ゼロ。稼ぎのすべてを骨董に注ぎ込む歯科医自慢のお宝は、実物を見ずに500万円で買った茶碗。それは「陶芸界の怪物」と言われた加藤唐九郎の作品で、自分なりに調べた所、唐九郎が最晩年に制作したものの、長年行方不明になっていた幻の名碗と確信したが… 驚きの鑑定結果にスタジオ騒然!
 他にも、<豊臣秀吉から拝領した大珍品>、<わずか22歳で他界した夭折の天才画家・村山槐多の傑作>等、見逃せないお宝が続々登場!
 そして、特別企画「各界大御所のお宝鑑定大会」。果たしてどんなお宝が飛び出すのか?

・特別企画依頼人
IKKO、内田裕也、加藤一二三、鈴々舎馬風、畠山みどり、ドクター中松
・番組出演者
MC;今田耕司、福澤朗
アシスタント;片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
鑑定士軍団;中島誠之助、北原照久、安河内眞美、山村浩一、田中大、澤田平、勝見充男、新家達雄
特別企画リポーター;松尾伴内
ナレーター;銀河万丈、冨永みーな
・放送局 テレビ東京系列
開運!なんでも鑑定団 秋の2時間スペシャル

開運!なんでも鑑定団 秋の2時間スペシャル

全盛期の加藤一二三九段伝説

加藤一二三九段いつの間にそんな写真撮りはったんですか……

加藤一二三九段いつの間にそんな写真撮りはったんですか……

テレビ出演でもタイトルを狙っているかのような勢いを見せている加藤一二三九段。
 日本将棋連盟に行くと棋士それぞれを紹介するページがあるのですが、加藤一二三九段のページにいくと〝ニュースがテレビ出演で埋まっています〟

 元々エッセイや動画、ニュースにおいても将棋、人物双方に人気があった加藤一二三九段。
 引退前数年は成績がふるわなかったこともあって多くのファンが心配をしていましたが、様々なところで元気な姿を拝見できるのはファンとして嬉しいことです、はい。
 さて加藤一二三九段、全盛期のすごさについて語られること山の如しでありまして、

・最年少デビュー、最年少トップ挑戦だったのでついたあだ名が《神武以来の天才》
 ※歴史が始まって以来の天才、の意
・一分将棋(持ち時間を使い切るなどして、1手60秒以内に指さなければならない将棋)の達人。とても強い。
・一分将棋の達人なので制限時間一分のなかでトイレに行って戻ってきて指す。
・対局中に10本以上のバナナを摂取した。
 ※房からもがずに食べた。
・板チョコを10枚くらい食べた。明治の板チョコが好きとのこと。
 ※1枚を10回食べたのではなく〝数枚重ねて食べた〟
・対局中にうるさいと感じたので〝旅館の滝を止めてもらった〟
・将棋雑誌の「将棋世界」で記事を書くことになったので《キリスト教について》を書いた。
・時間を割と気にしており「あと何分?」が名物。
 ※一分将棋なのに「あと何分?」
 ※係の人があと30秒ですと知らせた直後に「あと何分?」
 ※「あと何分?」「加藤先生〝もうありません〟」のやりとりに解説の森内先生もにっこり
・相手の後ろに立つ(ひふみんアイ)
 ※先後同型(盤が線対称で、先手から見ても後手から見ても同じ局面)でも〝相手の後ろに立つ〟
・対局中に歌う。
・電気カミソリが10日ほどで使えなくなるので買い替えていた。後に〝電池交換〟をおぼえる。
・ネクタイが長いことを知っている。だが自分ではまだ短く思える、とのこと。
・勝ちを見つけて「ウヒョー!」
・私物のストーブを持ち込み対局に臨む。〝ストーブは相手に向ける〟
・背広のポケットに2100円ずつ入れている。〝うな重の代金である〟
・実は聖シルベストロ教皇騎士団勲章を受章している。
・対局中、ひたすらにミカンを食べ始めたので〝対局相手もミカンを食べ始めた〟
 双方2時間以上ミカンを食べ続け、けっきょくミカンを多く食べた加藤一二三九段が勝利した。

 ミカン勝負の際の対局者は米長邦雄先生なのですが、彼と加藤一二三九段の名解説がこちら

米長先生「よく手が見えますねぇ。すごいねえ。〝プロみたいだね〟」

 このあたりの〝伝説〟はいくつかのパターンがあってネット上に広まっていますが、エピソードの多数が〝将棋以外〟なのが親しみやすいポイントなのかもしれません。

 たまに仲間内で「加藤一二三九段の全盛期はいつか?」というような話をするのですが、ひととおり各々が好きな逸話を話した後〝生涯全盛期〟という結論を出してシメとするのが恒例となっております。

関連書籍

ユリイカ 2017年7月号 特集=加藤一二三 ―棋士と...

ユリイカ 2017年7月号 特集=加藤一二三 ―棋士という人生―

加藤一二三名局集

加藤一二三名局集

将棋名人血風録 奇人・変人・超人

将棋名人血風録 奇人・変人・超人

20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

キングレコードより、60年代から80年代にかけて活動し、既存の日本映画とは一線を画した傑作の数々を世に送り出した伝説の映画会社「日本アート・シアター・ギルド(ATG)」の作品群が、DVDで一挙に発売されることが決定しました。
隣人速報 | 607 view
ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,067 view
藤井聡太七段の「矢倉囲いでの勝利」を将棋のレジェンド・加藤一二三が予言していたと話題に!!

藤井聡太七段の「矢倉囲いでの勝利」を将棋のレジェンド・加藤一二三が予言していたと話題に!!

将棋界に旋風を巻き起こしている藤井聡太七段が、6月28日に行われた渡辺明三冠との棋聖戦五番勝負第2局にて、古くからの戦型の定番である「矢倉囲い」で勝利を収めました。それに際し、SNS上では将棋界のレジェンドである加藤一二三が過去に発した以下のコメントに注目が集まっています。
隣人速報 | 265 view
【志麻いづみ】ポルノを中心に幅広く活躍した女優!経歴・代表作まとめ

【志麻いづみ】ポルノを中心に幅広く活躍した女優!経歴・代表作まとめ

1970年代から1980年代にかけて活躍した美人女優で、ポルノから一般映画・テレビドラマまで幅広い活躍をみせた志麻いづみさん。今回は、そんな彼女の美しさを振り返っていきたいと思います。経歴や代表作なども紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になり、彼女の美貌を堪能なさってください。
tsukumo2403 | 4,272 view
『超人バロム・ワン』で白鳥健太郎と木戸猛を演じた2人の少年の今は・・・。

『超人バロム・ワン』で白鳥健太郎と木戸猛を演じた2人の少年の今は・・・。

1972年(昭和47年)4月2日から同年11月26日まで、放送されたさいとう・たかをによる原作によるの特撮テレビドラマ『超人バロム・1』小学校5年生の子供2人がヒーローに変身するという珍しいドラマでした。その2人の少年の今は・・・。
ギャング | 7,361 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト