新客車投入間近。国鉄唯一のSL「SLやまぐち号」とは?
2017年9月20日 更新

新客車投入間近。国鉄唯一のSL「SLやまぐち号」とは?

ミドルエッジ世代が子どもの頃のSLといえば、国鉄山口線を走っていた「SLやまぐち号」でした。新しい客車の登場と、D51形の復活で再び注目を集めている「SLやまぐち号」に注目していきます。

580 view

国鉄から蒸気機関車が消滅

国鉄では、列車の動力を煙の多い蒸気から、電気やディーゼル機関などに移行する「動力近代化」を1950年代から推進。1975年12月、国鉄の営業線上からすべての蒸気機関車牽引列車が消滅しました。

国鉄では、京都の梅小路機関区を整備して「梅小路蒸気機関車館」を開設。蒸気機関車の動態保存を行っていました。そして1979年8月1日、蒸気機関車の復活を求める声に応えて、山口線で観光列車「SLやまぐち号」の運行を開始しました。

牽引機に選ばれた蒸気機関車は、細身のボイラーと大きな動輪からなる美しいプロポーションで、「貴婦人」と呼ばれていたC57形の1号機。客車は急行形の12系が使用されました。沿線への迷惑を少しでも減らすため、C57形の煙突には、煙が横に広がるのを防ぐ集煙装置が取り付けられました。

翌80年にはC58形1号機も加わり、2両を連ねた重連で牽引したり、交代で牽引にあたったりしました。しかし、1984年1月をもってC58形は運転を終了してしまいました。
煙突に集煙装置を取り付けたC57形1号機と、オリジナル...

煙突に集煙装置を取り付けたC57形1号機と、オリジナルな姿の12系客車

国鉄時代に撮影された、懐かしい姿。

JR西日本が継承、マイテ49形も連結

1987年4月1日に国鉄は分割民営化され、「SLやまぐち号」の運行はJR西日本に継承されました。12系客車は「SLやまぐち号」用として、車体色がぶどう色(焦げ茶色)に白帯を巻いた色調に変更されました。

さらに、国鉄末期に復活した往年の展望車、マイテ49形や旧型客車が連結されたり、同じくJR西日本に継承された梅小路蒸気機関車館の動態保存車、C56形160号機と重連で牽引することもあり、話題を集めました。

1988年には、12系の内外装をレトロ調に改造した編成が登場。編成の端部はマイテ49形のようなオープンデッキの展望車となりました。当時は各地にジョイフルトレインが登場し、復活SLも増え始めていましたが、この客車の登場で「SLやまぐち号」も負けず劣らぬ魅力を持つ列車となりました。

また、JR化後はお座敷列車や欧風列車などのジョイフルトレインを牽引する機会も増え、「ゆうゆうサロン岡山」「サロンカーなにわ」「あすか」などの先頭にも立ちました。
C56形160号機とC57形1号機の重連で牽引する「S...

C56形160号機とC57形1号機の重連で牽引する「SLやまぐち号」

機関車寄りの客車は、塗装変更をした12系。
1988年に登場した、レトロ調に改造された12系を牽引...

1988年に登場した、レトロ調に改造された12系を牽引する「SLやまぐち号」。

レトロ調客車の最後部は、マイテ49形のようなオープンデ...

レトロ調客車の最後部は、マイテ49形のようなオープンデッキの展望車となった。

岡山地区の欧風客車、「ゆうゆうサロン岡山」を使用した「...

岡山地区の欧風客車、「ゆうゆうサロン岡山」を使用した「SLやまぐちゆうゆう号」。

SLやまぐち号 2017年ファーストラン 【祝 C571号機 製造80周年】

2017年のファーストランでは、C57形1号機の製造80周年を祝うイベントも開かれた。

新しい旧型客車が登場、D51形も復帰間近

2014年10月、JR西日本は梅小路蒸気機関車館(現・京都鉄道博物館)で保存しているD51形200号機の本線復帰を発表しました。山口線は勾配が厳しく、蒸気機関車の現役時代は、D51形が牽引していた路線でした。実はC57形にとって、性能的には不向きの路線だったのです。

D51形200号機は、もともと動態保存されている機関車でしたが、構内で「SLスチーム号」を牽引するくらいなら問題ありませんが、本線復帰に耐えられるほどではないので、ボイラーや足回りが徹底的に修繕されました。すでに2017年5月から本線試運転を実施しており、11月25日から営業運転に入る予定です。

さらに、2017年9月から開催される「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」に合わせて、客車の新造も2015年3月に発表されました。12系客車も登場からすでに40年以上経っており、末永い運転のため、旧型客車をモチーフにした35系を投入することになり、9月2日から営業運転に入っています。

「SLやまぐち号」は子どもの頃から知っていても、遠すぎて連れて行ってもらえなかった読者が多いのではないでしょうか? 新しくなったのを機に、「SLやまぐち号」に乗りに、撮りに出かけてみてはいかがでしょうか?
11月から「SLやまぐち号」に使用される予定のD51形...

11月から「SLやまぐち号」に使用される予定のD51形200号機。

新しい35系客車の展望車、オロテ35形。

新しい35系客車の展望車、オロテ35形。

D51200号機 山口線試運転

山口線で試運転をするD51形200号機。「SLやまぐち号」を牽引するのが待ち遠しいですね。
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1984年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1984年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1984年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは最終的に解散した年を記しています。
ギャング | 2,563 view
豪華なクリエイター達が携わった【吉川晃司】の「ラ・ヴィアンローズ」

豪華なクリエイター達が携わった【吉川晃司】の「ラ・ヴィアンローズ」

1984年にリリースされた吉川晃司さんの「ラ・ヴィアンローズ」には、作詞・作曲・編曲で大変豪華な方々が携わっていました!若さ溢れんばかりのカッコよさをもつ、当時の吉川晃司さんの名曲を聴き直してみましょう(^^)/
つきねこ | 3,302 view
1984年の今日、7月27日、映画『パープル・レイン』が全米で公開となり、プリンスはロックの歴史に永遠に名を刻んだ。そのタイトル曲の秘話とは?

1984年の今日、7月27日、映画『パープル・レイン』が全米で公開となり、プリンスはロックの歴史に永遠に名を刻んだ。そのタイトル曲の秘話とは?

1984年の今日、7月27日、映画『パープル・レイン』が全米で公開となりました。プリンスが映画『パープル・レイン』を作ろうと思ったのは、あるロックスターのツアー公演を見たのきっかけだったという。リリース情報もお伝えする。
原作は200万部の大ベストセラーで映画では原田知世が主演した【天国にいちばん近い島】を覚えてますか?

原作は200万部の大ベストセラーで映画では原田知世が主演した【天国にいちばん近い島】を覚えてますか?

皆様は【天国にいちばん近い島】と聞くと、何を連想されますか?この記事では【天国にいちばん近い島】をテーマに、舞台となった場所、本、映画、音楽について触れてみたいと思います(^^)/
つきねこ | 1,370 view
本日は1984年のアルバム『パープル・レイン』が全米で発売された日!プリンス専属エンジニアだったスーザン・ロジャースが語る『パープル・レイン』の秘密

本日は1984年のアルバム『パープル・レイン』が全米で発売された日!プリンス専属エンジニアだったスーザン・ロジャースが語る『パープル・レイン』の秘密

1984年6月25日にプリンス&ザ・レヴォリューションの大ヒット・アルバム『パープル・レイン』が全米で発売されました。同作品についてプリンスの専属エンジニアだった、スーザン・ロジャースが色々と語ってくれました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト