【1984年の洋楽】なぜこんなことに・・・原題と違いすぎる不思議な邦題7選!
2024年7月6日 更新

【1984年の洋楽】なぜこんなことに・・・原題と違いすぎる不思議な邦題7選!

最近の洋楽の邦題は、原題をそのままカタカナにすることが多いですが、1980年代はそのままカタカナにするケースはわりと少なく、新たに邦題を設けるのが通例でした。中には、原題と違いすぎて、理解に苦しむ不思議な邦題も!? 今回は40年前の1984年の洋楽の中から、原題と異なる不思議な邦題7選をご紹介します。

421 view

『ハイスクールはダンステリア』

『ハイスクールはダンステリア』は、アメリカ合衆国ニューヨーク生まれのポップシンガー、シンディ・ローパーの代表曲の一つで、彼女を一躍スターダムにのし上げた大ヒット曲です。

原題は『Girls Just Want To Have Fun』。"女の子はただ楽しみたいだけなの" という意味ですが、それとは全く異なる "ハイスクールはダンステリア" という邦題が付けられています。ダンステリアとは、かつて1980年代にニューヨークにあったナイトクラブの名前です。

現在は、原題をそのままカタカナにした『ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン』が邦題として採用されています。"Want To" は、実際の発音に合わせて "Wanna" (ワナ) とされています。

『ハイスクールはダンステリア』

Cyndi Lauper - Girls Just Want To Have Fun (Official Video)

『夢見るトレイシー』

『夢見るトレイシー』は、イギリス出身の女優・歌手・コメディアンであるトレイシー・ウルマンのヒット曲で、彼女の短い音楽キャリアでは、世界的にヒットした希少なシングルです。

原題は『They Don't Know』で、実は、オリジナル曲ではなく、カースティ・マッコールのデビュー曲のカバー。作詞・作曲を手がけたのもカースティ・マッコールで、無論、邦題の "夢見るトレイシー" は、トレイシー・ウルマン専用のものです。詞は、原題の通り「私たち(私と恋人)のことを彼らはよく知らないのに、勝手なことを言っている」と歌っており、恋人と一緒にいることを "夢見る" と言っているのでしょうか・・・。

『夢見るトレイシー』

Tracey Ullman - They Don't Know

『ビートに抱かれて』

『ビートに抱かれて』は、アメリカ合衆国ミネアポリス生まれの世界的人気アーティスト、プリンスの代表曲の一つで、1984年の全米年間ナンバーワン曲です。プリンス自身が主演し、デビュー作となった映画『パープル・レイン』のサウンドトラック収録曲でもあり、アルバムの中では最後にできた曲と言われています。

原題は『When Doves Cry』。「鳩が "泣く" とき」という意味で、「私たちはなぜお互いに叫びあうのか?鳩が泣くときのように」と歌われています。ビートが際立った曲ですが、邦題はその "ビートに身を委ねる" というようなニュアンスがあるのでしょうか・・・。

『ビートに抱かれて』

Prince & The Revolution - When Doves Cry (Official Music Video)

『愛の魔力』

『愛の魔力』は、ロックンロールの女王と呼ばれたティナ・ターナーの最大のヒット曲で、彼女を象徴する代表曲です。本曲で、グラミー賞最高の栄誉である最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などを受賞しています。

原題は『What's Love Got To Do With It』。「愛と何の関係があるの?」と言う意味で、「男と女が惹かれあうことと、愛と何の関係があるの?」と歌っています。

1993年には、かつてのパートナー、アイク・ターナーとの生活など彼女の波乱に満ちた半生を描いた映画が公開され、映画の原題が正に『What's Love Got To Do With It』でした。

『愛の魔力』

Tina Turner - What's Love Got To Do With It (Official Music Video)

『心の愛』

『心の愛』は、スティーヴィー・ワンダーの代表曲の一つで、他曲同様、作詞・作曲・プロデュースはすべて本人が手がけたものです。

原題は『I Just Called To Say I Love You』。「愛していると言うために電話しただけ」という意味で、邦題と比べると文字数の差が顕著です。サビは「愛していると言うために電話しただけ。心の底からそう思っている」と歌っており、その意味から『心の愛』という邦題が生まれたのかもしれません。

『心の愛』

Stevie Wonder I Just Called To Say I Love You

『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』

ここからは、原題と部分的に一致しますが、ユニークな枕詞がついたものの中から・・・。

『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』は、イギリスのポップデュオ、ワム!の代表曲の一つで、アメリカで初めて大ヒットし、名実ともに世界的人気アーティストとなった楽曲です。

原題は『Wake Me Up Before You Go-Go』。作詞・作曲を手がけたジョージ・マイケルによれば、本曲誕生のきっかけは、相方のアンドリュー・リッジリーが両親に宛てた伝言メモだったとのことで、そこには、「Wake me up up before you go go」と書かれていました。どうやら「Wake me up up」と誤ってupを2回書いてしまったため、意図的にgoも2回連呼したというものだったようです。

なお、邦題の "ウェイク・ミー・アップ" は、原題の "Wake Me Up (起こして)" と一致していますが、枕詞の "ウキウキ" は新たに創り上げたもの。歌詞全体の雰囲気から "ウキウキ" と感じたのでしょうか・・・。

『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』

Wham! - Wake Me Up Before You Go-Go (Official Video)

『ひとりぽっちのロンリー・ナイト』

『ひとりぽっちのロンリー・ナイト』は、元ビートルズのポール・マッカートニーの楽曲で、ウイングス解散後に大ヒットした希少なソロシングルです。

原題は『No More Lonely Nights』で、「寂しい夜はもうたくさんだ」と言う意味。詞も「彼女のいない夜は寂しい」という思いを歌っています。

邦題が「ひとりぽっち」か「ひとりぼっち」か("ほ" が半濁点か濁点か)の議論がありますが、1984年リリース当時のシングルのカバーは、「ひとりぽっち」(半濁点)と書かれています。原題の意味は維持されていますが、邦題の方がやや柔和な表現という印象です。
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【1985年洋楽】ライク・ア・ヴァージン・フ〜!「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1985年洋楽】ライク・ア・ヴァージン・フ〜!「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1985年の日本" のにフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 763 view
【80年代洋楽】カッコいい!シブい!男同士の超豪華デュエット5選

【80年代洋楽】カッコいい!シブい!男同士の超豪華デュエット5選

デュエットの名曲が多かった1980年代。男女のデュエットがメインだったものの、それに勝るとも劣らない男同士のデュエットもありました。しかも、その顔ぶれが超豪華!アーティストも曲もカッコいい!シブい!現代では決してお目にかかれない、超豪華デュエット5選をご紹介します。
izaiza347 | 413 view
【80's洋楽チャート】1984年9月29日付全米1位は、惜しくも今年亡くなったプリンスのあの曲!

【80's洋楽チャート】1984年9月29日付全米1位は、惜しくも今年亡くなったプリンスのあの曲!

ベストヒットUSAや地上波MTV・・・お茶の間に洋楽が浸透していた80年代半ば頃、全米シングル・チャート上位にランクインした楽曲及びアーティストは、日本でもメジャーな存在でした。聴くと思わず青春時代が蘇ってくる、懐かしいあの頃のチャートを思い出してみましょう!※順位はBillboardのHot100シングル・チャート
Gaffa | 4,549 view
【洋楽ヒットチャート】1980年代の10年間でアメリカで最もヒットした洋楽トップ10

【洋楽ヒットチャート】1980年代の10年間でアメリカで最もヒットした洋楽トップ10

アメリカのビルボード誌は、毎年の年間チャートに加え、10年ごとに「◯◯年代の10年間チャート」を発表しています。今回は、1980年代(1980年〜1989年)の10年間シングルチャートから上位10曲をご紹介します。アメリカで最もヒットした洋楽を10位からカウントダウンで見てみましょう。
izaiza347 | 596 view
【1986年洋楽】荻野目の『ダンシング・ヒーロー』の原曲は!?「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1986年洋楽】荻野目の『ダンシング・ヒーロー』の原曲は!?「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1986年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 282 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト