元はっぴいえんどの松本隆、“幻の対談集”復刊とオフィシャルHPの人気対談が書籍化決定!
2016年12月31日 更新

元はっぴいえんどの松本隆、“幻の対談集”復刊とオフィシャルHPの人気対談が書籍化決定!

元はっぴいえんどで作詞家・松本隆の“幻の対談集”が復活、Web公開中の人気対談も初書籍化し、2017年1月10日(火)に『松本隆対談集 風待茶房 1971-2004』と『松本隆対談集 風待茶房 2005-2015』の2タイトルが同時発売されることが決定した。

791 view

松本隆、“幻の対談集”復刊とオフィシャルHPの人気対談が書籍化決定!!

元はっぴいえんどで作詞家・松本隆の“幻の対談集”が復活、Web公開中の人気対談も初書籍化し、2017年1月10日(火)に『松本隆対談集 風待茶房 1971-2004』と『松本隆対談集 風待茶房 2005-2015』の2タイトルが同時発売される。

『松本隆対談集 風待茶房 1971-2004』

『松本隆対談集 風待茶房 1971-2004』は、長らく絶版となっていた2005年に出版された松本の対談集『KAZEMACHI CAFE』を、高田渡との対談やエッセイを加えて復刊する。

本書での松本の対談相手は、第1章に谷川俊太郎、桜井淑敏、林静一。第2章に太田裕美、細野晴臣、佐野史郎、大滝詠一、筒美京平、薬師丸ひろ子、藤井隆、松たか子、萩尾望都、松任谷由実。第3章に町田康、妹島和世、是枝裕和。アンコールに高田渡といった各界の著名な17人が参加している。“はっぴいえんど”や歌謡曲のことはもちろん、映画、F1、建築と様々なジャンルの話を楽しく語る。

さらにアンコールでは、喫茶店でいろんな人に会った事を綴った松本のエッセイが収録される。

『松本隆対談集 風待茶房 2005-2015』

『松本隆対談集 風待茶房 2005-2015』では、松本のオフィシャルHP「風街茶房」の人気コーナー、松本が各界の著名人を招き、ゆったりとした雰囲気で語り合う人気対談ページ「カフェのお客さま」を書籍化。

マンガ家、映画監督、俳優・女優など様々なジャンルで活躍するトップランナー12人が、松本隆と対談し、深い会話を展開していくという内容だ。

対談には、斉藤由貴、松本大洋、山下敦弘、江川紹子、天野喜孝、堤幸彦、鈴木茂、羽海野チカ、中川翔子、水谷豊、菅野よう子、今日マチ子が参加。さらに細野晴臣・鈴木茂・松本隆による「風街レジェンド」スペシャル鼎談も掲載。

アンコールでは、松本隆がアニメソングについて語るほか、「マツモトメモ 2005~2009」も収録されている。

松本隆

松本隆

松本隆

1949年7月16日生まれ。東京都港区出身。
作詞家、ドラマー、音楽プロデューサー。
1968年に細野晴臣が掛け持ちしていたバンド「バーンズ」のドラマーとして活動中に小坂忠、柳田博義、菊池英二らに細野とともに誘われエイプリル・フールを結成。

エイプリル・フールが短期間で解散した後、細野、大瀧詠一、鈴木茂と「バレンタイン・ブルー(後のはっぴいえんど)」を結成。作詞は細野から「こんな詩を書け」といわれて渡された輸入盤レコードの歌詞を大学の友人に訳してもらい、自分なりに似せて作ったところから始まったという。

はっぴいえんど在籍中は、つげ義春や永島慎二など『ガロ』系漫画や渡辺武信の現代詩に影響を受けた独特の作風で、都市に暮らす人々の心象風景を「ですます」調で描き、一部に熱狂的支持者を生むとともに、日本語ロック論争の発端となった。

はっぴいえんど解散後はムーンライダーズ(オリジナル・ムーンライダーズ)として活動する傍ら、作詞家兼音楽プロデューサー業を始める。その後、音楽プロデューサー業の熱が冷めたため、作詞家としての活動に専念する。
伝説のロックバンド「はっぴいえんど」で活躍していた松本隆。

伝説のロックバンド「はっぴいえんど」で活躍していた松本隆。

若いころの松本隆。
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「はっぴいえんど」の最新リマスターCD発売記念!松本隆と鈴木茂によるスペシャルトークイベントが開催決定!!

「はっぴいえんど」の最新リマスターCD発売記念!松本隆と鈴木茂によるスペシャルトークイベントが開催決定!!

東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIOにて、松本隆と鈴木茂によるスペシャルトークイベントが開催されます。開催日程は11月4日(土)。
隣人速報 | 170 view
親が作家の有名人【女性5選】

親が作家の有名人【女性5選】

山村紅葉、阿川佐和子、高見恭子など、親が作家として活躍した5名の女性有名人についてスポットを当ててみたいと思います。
昭和の未解決事件にスポットを当てた『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が好評発売中!

昭和の未解決事件にスポットを当てた『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が好評発売中!

宝島社より、昭和の文豪・松本清張がノンフィクション作品で取り上げた未解決事件について特集した『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 2,277 view
懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

島村楽器株式会社が、このたび従業員に対して洋楽ロックバンドに関する調査を実施しました。その結果、楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」に加え、一番ロックが盛り上がっていたのはどの年代だったのかも明らかに!
隣人速報 | 3,333 view
元死刑囚・永山則夫が起こした「連続ピストル射殺事件」彼が獄中で執筆した作品とは?

元死刑囚・永山則夫が起こした「連続ピストル射殺事件」彼が獄中で執筆した作品とは?

皆さんは元死刑囚・永山則夫の名前をご存知でしょうか?1968年10月から11月にかけて発生した連続ピストル射殺事件の犯人であり、東京拘置所に収監されている間、小説の執筆など幅広い創作活動を行い日本文学界に多大な影響を与えたことでも有名です。
となりきんじょ | 15,663 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト