放映開始から40周年!レジェンド時代劇「暴れん坊将軍」からオリジナル時代小説が登場!
2018年8月30日 更新

放映開始から40周年!レジェンド時代劇「暴れん坊将軍」からオリジナル時代小説が登場!

今年40周年を迎えた時代劇「暴れん坊将軍」からオリジナル時代小説「暴れん坊将軍 江戸城乗っ取り」が刊行されました。本シリーズは3ヶ月連続刊行を企画しており、第2弾は9月22日、第3弾は10月24日に刊行される予定。さらにシリーズを記念して、著者の井川香四郎氏と松平健氏による対談が行われました。

444 view

〝暴れん坊将軍〟40周年記念成敗!!

オリジナル時代小説、井川香四郎「暴れん坊将軍 江戸城乗っ取り」3ヶ月連続刊行!

 今年40周年を迎えた国民的時代劇《暴れん坊将軍》から、オリジナル時代小説が登場!
 8月24日に第1弾、9月22日に第2弾、10月24日に第3弾――と3ヶ月連続刊行を予定しています。
 (2044704)

 作者は「暴れん坊将軍」の脚本経験がある井川香四郎氏。

 さらに文芸情報サイト《カドブン》では、新シリーズ開幕と第1弾「暴れん坊将軍 江戸城乗っ取り」の刊行を記念して著者井川氏と〝上様〟松平健氏による対談を発表。

 伝説の回と言われる《彗星回》や最終回スペシャルなど数多くの脚本を手がけた井川氏と、徳川吉宗役を演じた松平健氏による対談の模様が一部公開されています。
松平健氏 

松平健氏 

撮影/ホンゴユウジ
井川香四郎氏

井川香四郎氏

撮影/ホンゴユウジ

小説『暴れん坊将軍 江戸城乗っ取り』刊行記念対談

40年愛され続ける「暴れん坊将軍」の魅力

『吉宗評判記 暴れん坊将軍』のスタートが一九七八年ですので、今年は四十周年となります。まずは、四十年という節目を迎えた感想をお聞かせください。

井川:僕が脚本に参加したのは、パート7からでした。その頃は、スタートしてから十数年が経っていましたから、視聴者としてドラマは観ていても、脚本家としては前半のことは知らないんです。ただ大看板の番組に参加できた時の喜びは、今も覚えています。

松平:私が初めて吉宗を演じたのは、二十四歳の時です。その頃は四十年後のことなど想像できませんでしたが、振り返ってみると「早かった」という印象です。

『暴れん坊将軍』は、CSの時代劇専門チャンネルで常に放送され、現在は、地上波でも再放送がされています。なぜ長期間、愛されるシリーズになったとお考えですか。

井川:主演の魅力が大きいと思います。八代将軍の吉宗は、聡明な人物とされていますが、松平さんの風貌、体格、アクションはそれにぴったりでした。パート1は僕の師匠の小川英を始め、迫間健さん、飛鳥ひろしさん、結束信二さんなど優れた脚本家が参加していて、いま観ても一話一話がバラエティに富んでいます。小説を書くために改めて観直したのですが、将軍になったばかりの吉宗は戸惑うことも多いんです。例えば、忍者一人にも情けをかけて、自分の判断が事件を生んだのではないかという葛藤を抱えていました。それだけ物語に、時代を超えるパワーがあるのだと思います。

松平:吉宗が将軍になるところからスタートしたので、目安箱を設置した将軍が、投書の内容を確かめるため、貧乏旗本の三男坊・徳田新之助に変装して市中に出るという設定になっていました。それは将軍と新之助の二役をやっていたようなものですから、武士の暮らしも、町人の人情も分かるので、色々な物語がありました。悪がはっきりし、最後には正義が勝つので、大人から子供まで楽しめたことが大きいのではないでしょうか。

井川:「余の顔を見忘れたか」の決めゼリフが出てきたのは、いつ頃でしょうか。

松平:最初の頃は、悪人を城中に呼んで、御簾を上げると上様がいて驚くという形が多かったです。自分から正体をばらすので、『遠山の金さん』の逆パターンでした(笑)。

井川:上様に知られて、切腹するような悪人もいました。だから初期は、解決のパターンも決まっていなくて、色々な形を試していたから視聴者も楽しめたのだと思います。

脚本はどのように執筆されていたのでしょうか。

井川:プロデューサーと何人かの脚本家が会議をして、「この前はラブストーリーをやったので、次はハードなアクションにしよう」という方針を決めます。それからプロットを出し、修正して準備稿にして、それから何度か直して決定稿になるという流れです。

それから撮影に入るわけですか、どんな感じだったのでしょうか。

松平:二話分の脚本を、十一日で撮影していました。

井川:だからハードスケジュールですよね。

松平:ただ、今のように同じ芝居を繰り返し多方向から何度も撮ることはなかったので、芝居をしていて楽しかったですね。

この続きは、「カドブン」でお楽しみください!

対談 取材・文 /末國善己 撮影/ホンゴユウジ ©東映
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ男子がお世話になった“エロ本”の歴史を特集した「日本エロ本全史」が発売!!

ミドルエッジ男子がお世話になった“エロ本”の歴史を特集した「日本エロ本全史」が発売!!

太田出版より、ミドルエッジ男子であれば誰もがお世話になった“エロ本”の歴史を特集した書籍「日本エロ本全史」が現在好評発売中です。
隣人速報 | 19,413 view
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 857 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,714 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 985 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 533 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト