いつも恋の噂が絶えない美魔女、国生さゆりの人生を振り返る!
2016年9月3日 更新

いつも恋の噂が絶えない美魔女、国生さゆりの人生を振り返る!

おニャン子クラブでの大活躍以降、長く芸能界で活躍しながらもいつもちょっと不幸な恋愛がつきまとう魔性の美魔女、国生さゆり。国生の活動を振り返りながら彼女の魅力にフォーカスします。

290 view

国生さゆりプロフィール

国生さゆり

国生さゆり

出典 eiga.com
国生 さゆり(こくしょう さゆり、1966年(昭和41年)12月22日 - )は、日本の女優・タレント・歌手。血液型A型。愛称はさゆちゃん。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

鹿児島県鹿屋市出身。幼少期を長崎県佐世保市で過ごし、鹿屋市立西原小学校・鹿屋市立第一鹿屋中学校・清水ヶ丘高等学校(広島県呉市)卒(父親が海上自衛官で、佐世保基地から鹿屋基地、呉基地への転勤にともなうもの)[1][2]。

1985年(昭和60年)4月に、おニャン子クラブの会員番号8番としてデビューした。翌年の1986年(昭和61年)に、シングル曲の「バレンタイン・キッス」でソロデビューした[1]。
1980年代中盤から、一世を風靡したおニャン子クラブの中核メンバーとして、人気の一角を担っていた国生さゆり。おニャン子クラブ解散後、いくつかの浮き沈みを経験しながらも、自分自身の新たなキャラクターを開拓しながら、現在でも女優業を中心に芸能界で活躍しています。

内定が決まっていた!?おニャン子デビュー前。

高校時代を広島で過ごしていた国生さんですが、第3回ミス・セブンティーンコンテストに中国地区代表として選出され全国大会に出場しました。このときには残念ながら入賞できませんでしたが、このことが芸能界とつながりをもつきっかけとなったそうです。またコンテストの同期には、渡辺美里・工藤静香・渡辺満里奈などがいたとか。
ミスセブンティーン応募時の写真

ミスセブンティーン応募時の写真

純朴(笑)。
出典 rubese.net
その後、化粧品最大手の資生堂の美容部員として内定が決まっており、広島県内の百貨店の店頭に立つことになっていたそうです。もし芸能界に入っていなかったら美容部員として活躍してたことでしょう。
こんな感じで働いていたかも

こんな感じで働いていたかも

おニャン子クラブでのデビュー

一般人として就職する予定だった国生さんですが、そんな折にコンテストなどで付き合いのあったCBSソニーの担当者の薦めで、フジテレビ系列の深夜番組『オールナイトフジ』の“女子高生スペシャル”に出演。番組内の“美少女コンテスト”において優勝し、その年より新たに始まった伝説の番組『夕やけニャンニャン』のおニャン子クラブとして芸能界デビューを果たすことになります。
おニャン子クラブ会員番号8番(国生 さゆり):   アイドルの歴史 (1737916)

アイドルシーンを席巻したおニャン子クラブ

おニャン子クラブは、それまでのアイドル像をくつがえし、素人の女子高生がそのままアイドルになったような等身大アイドルの時代を作り上げたました。活動期間は学校生活さながらにわずか3年でしたが、おニャン子クラブの存在は、アイドルシーンへの影響にとどまらず芸能界と芸能人全体に在り方に変化を及ぼしたとも言えるでしょう。
【会員番号27〜52】おニャン子クラブメンバーを順番に並べてみた!工藤静香、渡辺満里奈ほか… | LAUGHY [ラフィ] (1737972)

出典 laughy.jp
1985年4月1日、フジテレビのバラエティ番組『夕やけニャンニャン』開始とともに番組内のアシスタントとして同時に芸能界デビューし、3ヶ月後の1985年7月5日に発表したデビューシングル「セーラー服を脱がさないで」がヒットしてブレイク。以降、おニャン子クラブとしてのグループ名義、メンバーのソロ名義、グループ内で作ったユニット名義などで、シングル、アルバム、ビデオソフト、写真集を絶え間なくリリースし続けてヒットさせ、1980年代中期のアイドルシーンを席捲していった。
しかし、1987年8月31日の『夕やけニャンニャン』の番組終了に伴い、翌9月に解散コンサートを行って、わずか2年半の期間でその活動が綴じられた。

おニャン子クラブの代表曲

おニャン子クラブ セーラー服を脱がさないで

およしになってねTEACHER

おニャン子クラブ - じゃあね (ファイナルコンサート)

54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元光GENJI・諸星和己(50)がアラフィフとは思えない肉体を見せつけていると話題に!!

元光GENJI・諸星和己(50)がアラフィフとは思えない肉体を見せつけていると話題に!!

光GENJIの元メンバーで、現在は俳優・歌手として活躍を続けている諸星和己(50)が、自身の公式ブログにてアラフィフとは思えない若々しい肉体を披露し、大きな話題となっています。
隣人速報 | 3,462 view
女優・高岡早紀(47)、愛娘が選んだ水着を着用した「アラフィフビキニショット」を公開!!

女優・高岡早紀(47)、愛娘が選んだ水着を着用した「アラフィフビキニショット」を公開!!

80年代から90年代にかけてアイドルとして活動し、現在は女優として活躍する高岡早紀(47)が、自身のインスタグラムにてセクシーなビキニショットを披露し話題となっています。
隣人速報 | 45,635 view
浅香唯(50)がライザップに挑戦!果たして結果にコミットすることは出来たのか!?

浅香唯(50)がライザップに挑戦!果たして結果にコミットすることは出来たのか!?

浅香唯(50)が、このたび「RIZAP(ライザップ)」でダイエットに挑戦したことが明らかとなりました。果たして「結果にコミットする」ことは出来たのでしょうか?
隣人速報 | 33,193 view
ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」がこのたび40周年を迎えたのを記念し、7月6日発売の最新号『週刊ヤングマガジン 32号』にて雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されています。
隣人速報 | 3,708 view
【80'sアイドル】おニャン子クラブで大人気だった新田恵利のアイドルとしての足跡

【80'sアイドル】おニャン子クラブで大人気だった新田恵利のアイドルとしての足跡

80年代に大ブームとなったバラエティ番組の「夕やけニャンニャン」から輩出されたアイドルグループ「おニャン子クラブ」の1人として活躍した新田恵利のアイドル時代から芸能界引退までの足跡をたどる!「おニャン子クラブ」の会員番号4番としての活躍やソロデビューした後も追いかけて特集します!
はんまのまま | 9,241 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト