記憶にも記録にも残る名作が 1990年代の視聴率30%越えの大ヒットドラマ
2018年6月25日 更新

記憶にも記録にも残る名作が 1990年代の視聴率30%越えの大ヒットドラマ

テレビ離れが叫べれて久しい昨今ですが、1990年代は視聴率15%以上で成功と言われていました。そんな中30%以上獲得したドラマも多数あり、今回は35.0%を上限に最高視聴率30%以上獲得した作品を紹介したいと思います。

8,704 view

ダブル・キッチン(TBS金曜9時 1993年4月~6月)

 (2024244)

山口智子主演。最高視聴率30.7%。二世帯住宅をテーマに山口智子演じる花岡家に嫁いだ嫁の都(みやこ)と野際陽子演じる姑の真知子との日常と対立を描いたコメディードラマ。お互いにストレスがたまるとのれんと鼓を叩きまくって八つ当たりしていた。共演には高嶋政伸、坂井真紀、佐野史郎、伊東四朗ほか。主題歌はプリンセスプリンセスのだからハニー。翌年正月には特番が放送され野際さんが水着姿を披露している。

野際さんはこの1年前出演したずっとあなたが好きだった以降姑キャラを確立していきTBSで野際さんが出演するドラマはどれも高視聴率を獲得していました。しかし実際は娘さんのみで子供が結婚しても嫁が来ることはなかったりキャリアウーマンタイプな女性で家事などが苦手で妻や母親として悩んでいたこともあったそうです。

妹よ(フジテレビ月曜9時 1994年10月~12月)

 (2024403)

和久井映見主演。最高視聴率30.7%。境遇や立場の違う二組の兄妹が知り合い、後にお互いの兄妹同士で交際に発展するラブストーリー。共演は唐沢寿明、鶴田真由、岸谷五朗ほか。主題歌はCHAGE&ASKA のめぐり逢い。ドラマと共に大ヒットし125.2万枚売り上げ自身3番目の記録となった。

この頃和久井さんは主にフジテレビの連続ドラマに多く主演していてどれも高視聴率でした。また共演の鶴田真由さんと共に理想の彼女やお嫁さんの上位にランクインしていましたね。でもこの人気絶頂の時に結婚されたのでちょっと寂しかったです。

眠れる森(フジテレビ木曜10時 1998年10月~12月)

 (2024437)

中山美穂主演。最高視聴率30.8%。中山美穂演じる15年前に起こった市議会議員一家惨殺事件の生存者である次女の大庭実那子は事件の記憶を催眠療法によって交通事故とすり替えられていた。真実の記憶が蘇り事件が明らかになっていくサスペンスドラマ。共演者には木村拓哉、陣内孝則、仲村トオルほか。主題歌は竹内まりやのカムフラージュが起用された。

木村さんや陣内さんなど悪役が多くて真犯人は正直第1話からは想像できなかったですね。しかし木村さんは主演でなくても高視聴率を叩き出すなあと当時の勢いを感じました。

家なき子2(日本テレビ土曜9時 1995年4月~6月)

 (2024196)

安達祐実主演。最高視聴率31.5%。1年前の1994年に放送され高視聴率と社会現象を起こしたドラマの続編。まだ13歳の子役時代の安達祐実が主演し、生活の為身分を偽って潜入した大富豪の屋敷内や中学校でのいじめ等に遭いながらも乗り越えていくストーリー。前回に引き続き野島伸司脚本で新たな共演者に堂本光一、中山エミリ、榎本加奈子、草彅剛などを加え嘘や裏切りなどドロドロの人間関係を描いた。主題歌は旅人のうた。前作に続き中島みゆきが担当した。

父親役の内藤剛志さんはリアリティ感を出すため安達祐実さんと敢えて口を利かないようにしていたそうです。普通の子役ならそんなことはしないけどこの人は一流の女優だと感じ、フォローを田中好子さんにお願いしていたそうです。最近では刑事ドラマで共演し仲良い写真がSNSにアップされていましたね。
当時は野島伸司さんが脚本を書くだけで話題になっていましたが重たい内容のものも多くメッセージ性が強かったように思います。

素顔のままで(フジテレビ月曜9時 1992年4月~6月)

 (2024441)

安田成美、中森明菜主演。最高視聴率31.9%。環境も性格も全く違う安田成美演じる香坂優美子と中森明菜演じる月島カンナが同居生活することになり、女の友情とお互いの新しい部分を知り成長していくストーリー。脚本は単独での連続ドラマはこれが初めてだった北川悦吏子。主題歌は米米CLUBの君がいるだけで。289.5万枚売り上げこの年の年間1位、歴代でも第5位の記録を持つ。

放送中はカンナや優美子に憧れる女性がこの当時増えていた印象があります。そして中森さんは普段おとなしい印象とは真逆の役だったように思います。このドラマでもですが当時は大ヒットしているドラマの放送時間になると町から若い女性が消えると言われてましたね。今ではテレビ番組のために早く帰宅することはほとんどないように思います。
北川悦吏子さんはほぼデビュー作でいきなり大ヒットし、その後も担当するドラマは軒並み高視聴率を記録していましたね。

あすなろ白書(フジテレビ月曜9時 1993年10月~12月)

 (2024565)

石田ひかり主演。最高視聴率31.9%。柴門ふみ原作コミックの実写化で北川悦吏子が脚本を担当。大学の同回生5人であすなろ会というサークルを結成し友情を深めていこうとするが、徐々にお互いが恋愛対象になっていくストーリー。石田ひかり演じる園田なるみを木村拓哉演じる取手治が「俺じゃダメか」と言い後ろから抱き寄せるシーンはあすなろ抱きと言われ当時大ブームとなった。共演者には筒井道隆、木村拓哉、鈴木杏樹、西島秀俊ほか。メインキャスト5人にとって出世作になるが特に木村拓哉はこのドラマがきっかけで後に出演するドラマが軒並み高視聴率を獲るほど大ブレイクする。主題歌は藤井フミヤのTRUE LOVE。チェッカーズ解散後初のソロ曲で名義も読みにくいからという理由でカタカナに変更。202.3万枚売り上げ自身最大のヒット曲となった。

このドラマ筒井さんの掛居くんと木村さんの取手くんはもともと逆だったようで木村さんが台本を読んでこっちやりたいと言い変更されたそうです。石田ひかりさんは逃げ恥以降再注目されている石田ゆり子さんの妹ですが現在は子育てと主婦業の傍ら女優業をされています。この頃は朝ドラの主役に選ばれたり紅白の司会をするなどどちらかというと妹さんの方が大きな仕事が多かったように思います。

東京ラブストーリー(フジテレビ月曜9時 1991年1月~3月)

 (2024597)

41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

実は名作の宝庫 1990年代後半の最高視聴率20%台後半の連続ドラマ

実は名作の宝庫 1990年代後半の最高視聴率20%台後半の連続ドラマ

ドラマ全盛期だった1990年代は視聴率が30%を超えるドラマが多く今でも話題に上がることがありますが、最高視聴率が20%台の作品も大ヒットと言われ数多くの名作があります。今回は29.9%を上限に1995年から1999年の間で視聴率を25%以上を記録した作品を紹介したいと思います。
pepe | 5,745 view
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
フジテレビの月9ドラマは東京ラブストーリー、ロングバケーションなど珠玉の名作揃い。1988~97年の月9ドラマ変遷をまとめてご紹介。

フジテレビの月9ドラマは東京ラブストーリー、ロングバケーションなど珠玉の名作揃い。1988~97年の月9ドラマ変遷をまとめてご紹介。

フジテレビの月9ドラマと聞けば、誰でもそれが人気ドラマ枠を意味していることを知っているくらい月9は浸透した言葉でした。実は80年代の月9は欽ちゃんの「良い子悪い子普通の子」、その枠が見事に大人気ドラマ枠として90年代に浸透していったのです。そんな月9ドラマの変遷を、とくに人気作品が目白押しの1988年から1997年まで振り返っていきます。
青春の握り拳 | 48,991 view
【1999年のテレビ番組】1999年のテレビを彩った番組たち、アニメやバラエティ、ドラマなどを振り返ってみよう。【懐かしいかつての人気番組たち】

【1999年のテレビ番組】1999年のテレビを彩った番組たち、アニメやバラエティ、ドラマなどを振り返ってみよう。【懐かしいかつての人気番組たち】

「19○○年のテレビ番組」について振り返るこのシリーズ、今回は1999年のテレビ番組について振り返ります。掲載番組「地球に乾杯」「L×I×V×E」「Sports Party ただいま夢中!」「グッドニュース」「あぶない放課後」「ガチンコ!」「ナオミ」「メントレ」「S-FIELD」「ピカイチ」「恋愛地球旅行あいのり」「スキヤキ!!ロンドンブーツ大作戦」「力の限りゴーゴゴー!!」「週刊ストーリーランド」
青春の握り拳 | 10,615 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト