宝塚歌劇団・梨園の妻・政治家 中で最も大変だったのは「宝塚歌劇団」という扇千景さんとは
2020年4月1日 更新

宝塚歌劇団・梨園の妻・政治家 中で最も大変だったのは「宝塚歌劇団」という扇千景さんとは

宝塚歌劇団の女優は、1958年2代目中村扇雀(後の四代目坂田藤十郎)と結婚、梨園の妻となります。1977年第11回参議院議員通常選挙にて初当選。当時のタレント候補の一人と評された扇千景さん。

426 view

宝塚歌劇団から女優時代

高校卒業後、大学進学を希望していた扇千景さんですが、銀行員の父の意向により進学をあきらめます。
しかし、友人が勝手に願書を送った宝塚音楽学校を受験し、合格します。大学進学をあきらめさせた父への反発もあり、そのまま宝塚音楽学校に進学します。
大学へ進学したかっただけあり、宝塚歌劇団入団時の成績は51人中4位だったそうです。

宝塚歌劇団41期生の扇千景さんは、1954年に「春の踊り」で舞台デビューを果たします。
ですが、宝塚歌劇団の意向で、八千草薫さんと共に新設された映画専科に編入することになります。同年に宝塚映画「快傑鷹 第一篇 蛟竜風雲の巻」で映画デビューし、以降テレビドラマや映画に出演し、1956年「夜霧の女」で盲目の少女ジェニイを演じ、新人演劇賞を受賞しました。

その後、1957年に歌舞伎役者の二代目中村扇雀(後の四代目坂田藤十郎)との結婚のため退団します。結婚後は芸能活動から遠ざかっていましたが、1959年放送日本教育テレビ(現:テレビ朝日)制作のテレビドラマ「君はいま何を見つめている」に出演し、第14回文部省芸術祭個人奨励賞を受賞し、再デビューします。
芸能界に復帰してからは映画やテレビドラマなどに多数出演しました。

再デビュー後の主な出演作品
 1965年 NHK連続テレビ小説「たまゆら」
 1968年 「大奥」
 1971年 藤圭子 わが歌のある限り
 1973年 百年目の恋
 1974年 池田大助捕物日記
ワイドショー・情報番組
 1973年~1974年 3時のあなたの司会

などなど。宝塚歌劇団から現在まで53作品に出演しています。

フジカシングルエイト1965

「わたしにも写せます」のフレーズが人気を集めた富士フイルムの8ミリカメラのCMです。
初々しいですね。

二代目中村扇雀の妻となる

二代目中村扇雀こと四代目坂田藤十郎

二代目中村扇雀こと四代目坂田藤十郎

扇千景さんと出会った頃の二代目中村扇雀は大スターでした。その頃は、扇千景さんは新人俳優だったんですね。

初めて出会ったのは、扇千景さんの映画の撮影現場だったそうです。
二代目中村扇雀が見学に来た時、扇千景さんは舞妓さんの格好で映画に出ていたのを見初められます。

扇千景さんは、新人俳優なうえ、アイドル並みの人気の中村扇雀さんのことを全然知らず、話しかけられても「へぇー」ってくらいだったそうなんです。

その後、映画で共演の回数が増えていき、なんと中村扇雀さんから夜ごとの電話でのアタックがスタート。
扇千景さんは、父親の反対がありながらも、時間をみつけてはデートを繰り返していました。

恋愛中にはすでに結婚の条件に、仕事を辞めるように言われていましたが、そうこうしているうちに妊娠。
シングルマザーになり、俳優を続けようと考えていましたが、作家の川口松太郎氏の仲立ちにより結婚へと至りました。

夫となった二代目中村扇雀さんは、なかなかの女性遍歴の持ち主であり、結婚してからもワイドショーや女性誌の話題となる女性問題を起こしています。

しかし、扇千景さんは、「彼は芸人ですから」と前置き後「女性にモテない夫なんてつまらない」と発言。懐の広さと芸人の妻の覚悟ができている方ですね。
夫:四代目坂田藤十郎の舞妓とのスキャンダル

夫:四代目坂田藤十郎の舞妓とのスキャンダル

政界への進出

1977年第11回参議院選挙にて、自由民主党総裁福田赳夫や幹事長大平正芳らの要請を受け、公認候補として立候補し初当選しますが、当時タレント候補の一人と評されました。

1994年自民党を離党し、新生党に入党。同年12月新進党結党に参加します。
1995年第17回参議院議員通常選挙比例区で再選し、新進党解党後は小沢一郎率いる自由党結党に参画。自由党が自民党と連立を組んだことで再び与党議員となりました。

2000年与党連立政権を離脱。海部俊樹や野田毅、二階俊博ら25名の議員と保守党を結成し初代党首に就任したのです。
森喜朗 元首相

森喜朗 元首相

2000年~2001年第二次森改造内閣で、建設大臣兼国土庁長官として初入閣し、中央省庁再編に備えて運輸大臣、北海道開発庁長官も兼務しています。初代国土交通大臣です。
扇千景さん

扇千景さん

扇千景さんは、タレント議員では収まらず、しっかりと大臣としての仕事を果たしています。

内閣支持率が低迷する只中、若築建設事件で接待を受けた建設官僚の名前を公表したり、三宅島噴火時には、全島民避難の指揮をとるなどしました。

扇千景さんは、建設畑は全くの未知でしたが、この機会を活かし、持論の「一閣僚一仕事」を全うしようと努力しました。入札に関する汚職の問題の解決に世界中の入札制度を調査させ、公共工事の入札の透明化を図りました。そして、公共工事入札契約適正化法法案が成立に至ったのです。

2007年次期参院選への不出馬と政界からの引退を表明。引退後、「夫と2人で互助新婚生活をしてみたい」と語ったのでした。

これまでの所属政党
 自由民主党→新生党→新進党→自由党→保守党→保守新党→自由民主党
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

三原じゅん子氏、24歳年下と3度目の結婚を発表!交際してから約2カ月後にスピード婚!!

三原じゅん子氏、24歳年下と3度目の結婚を発表!交際してから約2カ月後にスピード婚!!

元女優で参議院議員の三原じゅん子氏が、3度目となる結婚をした事を自身のブログで発表。相手は、元公設秘書の中根雄也氏で、2016年8月から交際をスタートした。三原氏と中根氏は24歳の年の差婚となる。
red | 2,014 view
「仮面ライダーW」で園咲冴子役で活躍した『生井亜実』現在は?お母さん!!

「仮面ライダーW」で園咲冴子役で活躍した『生井亜実』現在は?お母さん!!

「仮面ライダーW」で風都への多大な影響力を持つ富豪、園咲家の長女・園咲冴子役で出演した生井亜実さん。仮面ライダーW出演後、芸能界を引退して現在は、お母さんだと言う・・・。
ギャング | 1,316 view
元宝塚娘役出身なのに全裸で体当たり演技に挑む!【宮本真希】の女優魂!!

元宝塚娘役出身なのに全裸で体当たり演技に挑む!【宮本真希】の女優魂!!

1994年に宝塚音楽学校に入学された宮本真希さん。映画『おもちゃ』では、主演の祇園芸者(舞妓)の役に抜擢され、前バリなしで全裸シーンに挑む等、話題になりました。そんな宮本真希をまとめてみました。
ギャング | 6,406 view
ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」がこのたび40周年を迎えたのを記念し、7月6日発売の最新号『週刊ヤングマガジン 32号』にて雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されています。
隣人速報 | 3,706 view
【葉山レイコ】AV作品にも出演した人気女優!エピソード・出演作まとめ

【葉山レイコ】AV作品にも出演した人気女優!エピソード・出演作まとめ

出演したAV作品は一本限りなのに、その圧倒的な存在感は、現在にも語り継がれるほどの葉山レイコさん。そんな彼女に注目して、エピソードや出演作を中心にご紹介していきたいと思います。現在もその美しさは健在ですが、全盛期の葉山レイコさんの魅力をご一緒に振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 20,123 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト