伝説の企画⁉『B‐RAP HIGH‐SCHOOL』学校へ行こう!
2020年4月13日 更新

伝説の企画⁉『B‐RAP HIGH‐SCHOOL』学校へ行こう!

数々の流行や伝説?を残してきた、超人気番組『学校へ行こう!』。 ジャニーズ・V6による学校教育バラエティー番組ですが、中高生はもちろんのこと年齢問わず人気がありました。 数々の企画があり『未成年の主張』は年一回の特番『V6の愛なんだ』でもやってますよね。 しかしながら2年も続いた企画ながら終わりを告げることもなく自然消滅した企画をご存知でしょうか? その名も『B‐RAP HIGH‐SCHOOL』。 今回は『B‐RAP HIGHSCHOOL』にスポットを当ててみました。

925 view

笑いと感動の学校教育バラエティー!

 (2181719)

学校へ行こう!って?学校教育バラエティーとは?

『学校へ行こう!』はTBS系列のバラエティー番組。
学校教育バラエティーというだけあり、メインのターゲットは中高生。
堅苦しい番組ではなく「学生を応援」するのがコンセプト。
楽しむことを大事に、V6のメンバーたちが企画を通じて学生たちと触れ合っていきます。
コギャルの子たちがクイズする企画・貧乏学生にスポットを当てた企画・恋愛系企画など様々な企画が。
子どもたちだけでなく大人が見ても笑え、ときには感動も。
家族で一緒になって『あーじゃない?こーじゃない?』いってみたり、子供の本音が垣間見えたりとみんなで楽しみながら観ることのできる番組でした。

V6はじめ豪華出演者

・V6:坂本昌行  長野博  井ノ原快彦
    森田剛   三宅健  岡田准一
・みのもんた
・渡辺満里奈
・サエコ
・上野未来
・加藤あい
・ビビアン・スー
・つぶやきシロー

今ではメディアの露出があまりなく拝見できない人もいますが、豪華なキャスティングではないでしょうか?
人気企画のひとつ『休み時間向上委員会』では豪華なゲストが出演したり、『B‐RAP HIGHSCHOOL』ではなんと小室哲哉さんまで!!

学校へ行こう!といえば…この企画‼

やっぱり「未成年の主張」でしょう!

学校へ行こう!がはじまったときから放送されていた企画。
超人気企画で年一回の特番「V6の愛なんだ」でもやっています。
小~高校生までの子たちが、それぞれの思いの丈を学校の屋上から叫ぶ!という簡単なものですが、これがなかなか奥が深い…。
告白もありますが(これはこれで、かなりの勇気が必要)先生に言いたいこと、親に伝えたいこと、疑問に思うこと、いろんな事を叫ぶ!叫ぶ!

面白いし楽しいですよね。
笑えて、感動して、考えさせられることもある。
高評価な人気の企画です。

学校へ行こう

休み時間向上委員会

さて、休み時間をいかに楽しく過ごすか?
視聴者考案のオリジナルのゲームを、教室のセット内で検証する企画です。
検証するメンバーは、現役高校生のサエコ・井ノ原・長野・岡田・渡辺満里奈。
いろんなオリジナルのゲームがありましたが、なかでも『みのりかリズム4』が人気に。
いつのまにかゲストを招いて『みのりかリズム4』をやるようになりました。
視聴者からの追加ルールをプラスしたり、罰ゲームに鉛筆デコピンを起用したりと進化。
※鉛筆デコピンは小学生が真似て怪我をしたためキャップをするように改定。

2003年4月~2005年5月までの2年間放送。
特番でまたやってもらいたい企画です。
いまだったら、どんなオリジナルな遊びが出てくるのか興味があります。

どこへ行くんですか?ゲーム

2人ペアの3チームで通行人に声をかけ答えた行先に行き、また声をかけを繰り返しながら目的地に早く辿り着いたチームが豪華ディナーにありつけるという企画。
「どこへ行くんですか?」と聞く前にもちろん質問するんだけど、これがなかなか難しく日本の端から端なんてことも。
イライラ・ドキドキしながらも家族でみてました。
1999年8月~2003年3月、主に特番で放送。


似たような番組も多数ありましたよね。
行き先を聞きながら旅して目的地に行ったり、食べたものを聞いて同じものを食べる番組もありましたが、やはり学校へ行こう!のが好きです。

B‐RAP HIGHSCHOOL

Co.慶応 - YouTube (2181721)

「アホだなぁ」に小室哲哉もビックリ!!

ラッパー発掘の企画のはずでしたが、気が付けば有名な曲の替え歌やダンスなどノージャンル、様々なパフォーマンスが披露されウケていた人気企画『B‐RAP HIGHSCHOOL』。
正統派ラッパーの出演は、
・㏇慶応 勉強ラップを披露。現在はYouTubeで活躍中でチャンネル登録者数は6万人以上。
・PHYMAHOLIKS アニソンラッパーでこの企画の大黒柱的存在。
他に人気があったのは、
・歌DA道子 宇多田ヒカル『Traveling』にのせて道案内ラップを披露。
 母親兼ドライバー「藤子」は後に「まちゃまちゃ」としてエンタの神様で活躍。
・尾崎豆 158㎝の身長といじめられっ子の過去を、尾崎豊の曲にのせて披露。
・MUSIA MISIA「Everything」などを歌い人気に。ただ彼は音痴…。破壊力抜群です。
・軟式globe 男女2人組のユニットで globeの替え歌を披露。
 初登場から人気に。
他、個性的な出演者多数。笑いがたえません。

そしてゲストが豪華なのにびっくり!
小室哲哉,ウィル・スミス,クエンティン・タランティーノ,今井絵理子,SAM,氣志團などが出演しています。



爆笑!!軟式globe「アホだなぁ」

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

本日19時から『V6の愛なんだ2017』が放送!学校へ行こう時代の屋上から告白する名物企画も!

本日19時から『V6の愛なんだ2017』が放送!学校へ行こう時代の屋上から告白する名物企画も!

本日19時より、TBSでV6による『V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!』が放送される。前身番組だった90年代の人気番組『学校へ行こう!』時代に人気だった屋上からの告白コーナーも放送される。
【90年代J-POP】PAMELAH(パメラ)って覚えてる?珍しかった男女音楽ユニット

【90年代J-POP】PAMELAH(パメラ)って覚えてる?珍しかった男女音楽ユニット

90年代の小室ファミリーブームが巻き起こるなか、ギターリストであり、作曲家、音楽プロデューサーの小澤正澄と女性ヴォーカリストの水原由貴との音楽ユニットがデビュー。男女ペアでの音楽ユニットは珍しく、後に続くTWO-MIX、Favorite Blueの先駆けとなりました。懐かしいビーイングサウンドのPAMELAH(パメラ)をまとめました。
Himasasa | 1,221 view
90年代屈指の悪名高き助っ人「メル・ホール」を知っているか?

90年代屈指の悪名高き助っ人「メル・ホール」を知っているか?

良い意味で記憶に残る外国人は数知れず。その一方で、悪い意味で記憶に刻まれてしまった助っ人も少なくない。 ロッテ・中日に在籍していた野手、メル・ホールもその一人。愛甲猛が「史上最低の野球選手」、小宮山悟が「はらわた煮えくり返った」、山崎武司が「僕の中で、助っ人としてNo.1にダメだった人」と酷評した悪名高き同選手は、いったい、どんな悪行を働いていたのか?今回、振り返っていきたい。
こじへい | 2,434 view
街ぶらバラエティー番組の先駆けDAISUKI!の人気の秘密はなに?

街ぶらバラエティー番組の先駆けDAISUKI!の人気の秘密はなに?

90年代の深夜番組として放送されていた、ひでちゃん・なおちゃん・松本さんがレギュラーで出演していた「DAISUKI!」は、視聴率が10%台をキープするほどの人気番組でした。今回は、「DAISUKI!」が多くの人から愛され続けた理由をひも解いてみたいと思います。
がきんこ | 2,336 view
お菓子系雑誌とブルセラブームに湧いた90年代《2》

お菓子系雑誌とブルセラブームに湧いた90年代《2》

本稿では前回に引き続き、90年代当時に人気を集めたお菓子系雑誌を特集します。萩原舞や風野舞子といった懐かしの名前も登場しますので、お楽しみに。
トダカユースケ | 19,780 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト