浜崎、広末、華原、モー娘。…90年代アイドルのトリビアまとめ!!
2021年5月27日 更新

浜崎、広末、華原、モー娘。…90年代アイドルのトリビアまとめ!!

ミドルエッジ世代であれば一度は夢中になった事があるであろうアイドル。この記事では、90年代にアイドルとして活動していた方々のトリビアをいくつか挙げてみたいと思います。

25,189 view

浜崎、広末、華原、モー娘。…90年代アイドルのトリビア!!

ミドルエッジ世代であれば一度は夢中になった事があるであろうアイドル。それぞれのアイドルはその活動の中で、色々なエピソードや「トリビア」と呼ばれるものを持っています。この記事では、90年代にアイドルとして活動していた方々のトリビアをいくつか挙げてみたいと思います。
 (2130779)

「トリビアの泉」で使われていた「へぇ~」のボタン。

浜崎あゆみは2回歌手デビューしている

近年では、マックス松浦氏との過去の熱愛に関する暴露本「M 愛すべき人がいて」で注目を集めている浜崎あゆみ。松浦氏と知り合う前の1995年、当時アイドルとして活動していた浜崎は"AYUMI"名義で、シングル及びアルバム「NOTHING FROM NOTHING」を発表しています。これが最初の歌手デビューであり、1998年に「poker face」で歌手デビューしたのは再デビューとなります。

こちらが「NOTHING FROM NOTHING」のジャケット。

 (2130783)

再デビュー時の映像はこちら!

浜崎あゆみ デビュー当時 poker face (1998.04.14)

華原朋美は芸名を2回変えている

小室ファミリーの代表格であった華原朋美。「並・ギョク・つゆだく」の牛丼が好きなことで有名な華原は、渋谷の吉野家でスカウトされて芸能界入り。1993年に「さんまのナンでもダービー」でアシスタントを務めていた頃は三浦彩香を名乗っていました。そして1994年にELTの持田香織などが在籍していた「黒BUTAオールスターズ」に選抜された頃は遠峯ありさ、1995年に歌手デビューしたときから華原朋美と名乗り始めました。
 (2130781)

眞鍋かをりは「吉野家」でスカウトされた

華原と同様に、吉野家でスカウトされたアイドルは実は他にもいます。現在タレントとして活躍している眞鍋かをりです。1999年に愛媛県から上京。それから14日後に訪れた渋谷の吉野家を出たところでスカウトされ、芸能界入りを果たしました。ちなみに眞鍋の当時の所属事務所は「アバンギャルド」であり、華原を渋谷の吉野家でスカウトした芸能事務所と同じです。
 (2130790)

※画像はイメージです。

優香は「名無し」の状態でグラビアデビューした

現在もタレントとして活躍中の優香。ホリプロ初のグラビアアイドルとしてデビューした彼女ですが、デビュー当初は芸名が無く、「週刊プレイボーイ」やインターネットで芸名を一般公募し、17000通に及ぶ応募の結果「優香」という芸名になりました。ちなみに名付け親となった人には「優香と1日デートできる権」がプレゼントされたとのこと。
 (2130788)

芸名を公募したプレイボーイ。「バスト87cmの17歳」とあるのが、後の優香です。

C.C.ガールズは合計8人いる

90年代前半のセクシー系アイドルの代表格であったC.C.ガールズ。青田典子、原田徳子、藤原理恵、藤森夕子の4人で結成され、C.C.ガールズと聞くと彼女たちのことを思い浮かべる人が多いかと思いますが、実は彼女たちは「初代」C.C.ガールズであり、その後メンバーチェンジを経て浜野裕子、本杉美香、森洋子、山田誉子の4人組(便宜上2代目と呼ばれる)となりました。
59 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしいあの時に戻れる2時間半!『いつでもパーティー!-平成J-POPコンピ-』が発売決定!!

懐かしいあの時に戻れる2時間半!『いつでもパーティー!-平成J-POPコンピ-』が発売決定!!

ソニー・ミュージックレーベルズより、90年代から2000年代の平成J-POP・32曲を収録したコンピ盤『いつでもパーティー!-平成J-POPコンピ-』の発売が決定しました。発売予定日は9月27日、価格は3300円(税込)。
隣人速報 | 366 view
“ヒロスエブーム”を巻き起こした「広末涼子」かわいさ溢れる全盛期の魅力を振り返ろう

“ヒロスエブーム”を巻き起こした「広末涼子」かわいさ溢れる全盛期の魅力を振り返ろう

90年代後半に空前の“ヒロスエブーム”が巻き起こる。14歳でデビューした広末涼子さんですが、ボーイッシュなスタイルで一躍人気者となりました。世の若者のほとんどの方が、トリコになったのではないでしょうか。ショートカットブームは広末涼子さんから発信とされ、当時クラスの男子半分以上は夢中になっていた印象です。そんな広末涼子さんの、全盛期をまとめてみたいと思います。
あやおよ | 2,302 view
【訃報】ダンスプロデューサー・振付師の夏まゆみさん死去。吉本印天然素材、モーニング娘。などにダンス指導

【訃報】ダンスプロデューサー・振付師の夏まゆみさん死去。吉本印天然素材、モーニング娘。などにダンス指導

ダンスプロデューサーで振付師の夏まゆみ(なつ まゆみ)さんが6月21日、がんのため亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 1,027 view
【1990年代J-POP】美の映像にピッタリ!女性が歌った懐かしの化粧品CMソング7選

【1990年代J-POP】美の映像にピッタリ!女性が歌った懐かしの化粧品CMソング7選

化粧品のCMといえば、昔から映像の美しさに定評があり、起用されるBGMもまた美を引き立てるセンスがありました。1970年代には有名歌手の楽曲が起用されるようになり、その後は、歌った本人が出演することも。今回は1990年代にフォーカスし、当時お茶の間でよく流れたCMソングを7曲ご紹介します。
izaiza347 | 1,140 view
【ヒロスエブーム】40代になっても美しい広末涼子の若い頃の活躍にプッツン事件とは?

【ヒロスエブーム】40代になっても美しい広末涼子の若い頃の活躍にプッツン事件とは?

ショートカットが似合う明るく爽やかなアイドルとして1990年代に人気を博した広末涼子さん。歌手としても女優としても大活躍で、テレビで観ない日はないくらいの人気者でした。40代になった現在も変わらぬ美しさで活躍を続ける広末涼子さんの若い頃や騒動になったプッツン事件についてもご紹介します。
そうすけ | 1,198 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト