日本初のヘアヌード映画はココから始まったのです。
2020年1月13日 更新

日本初のヘアヌード映画はココから始まったのです。

日本で初めてヘアヌード映画が公開されたのが1994年。90年代の代表的なヘアヌード映画をご紹介します。

3,214 view

ヘアヌード

昔々その昔。ヘアヌードは猥褻なのか?それとも芸術なのか?という、今となってはどうでもいいようなことが、長きにわたって論じられていました。それが解禁されたのは90年代。日本を代表するカメラマン、篠山紀信が撮影した1冊の写真集によってのものでした。
当時売れっ子の女優(今でも売れっ子ですが)、樋口可南子の写真集「water fruit 不測の事態」がそれですね。
樋口可南子写真集『water fruit 不測の事態』

樋口可南子写真集『water fruit 不測の事態』

撮影:篠山紀信
ヘアヌード解禁となる記念碑的写真集「water fruit 不測の事態」が発売されたのは1991年2月です。そりゃもう長い道のりでした。解禁できたのは、篠山紀信ってところが信頼を得たのでしょうし、樋口可南子のキリッとした美しさが猥褻さを感じさせなかったというのも大きいですね。その後は堰を切ったかのように、この手の写真集がじゃんじゃん出てくるのはご存知のとおりです。
では、映像の世界はどうだったのでしょう?映画におけるヘアヌードの歴史を見てみましょう。

愛の新世界

例えば、1976年10月に公開された大島渚監督の「愛のコリーダ」は海外では無修正で放映されたものの、国内では大幅にボカシがかけられていました。こうした例は他にもいくつもあり、なかなかヘアヌードを見ることができなかったのです。
それが90年代以降、ようやく事実上ヘアヌードが解禁となります。日本における初のヘアヌード映画は、1994年公開の「愛の新世界」でした。
愛の新世界

愛の新世界

監督:高橋伴明
脚本:剣山象
原作:島本慶、荒木経惟
出演者:鈴木砂羽、片岡礼子
音楽:山崎ハコ、かしぶち哲郎
撮影:栢原直樹
編集:菊池純一
配給:東映アストロフィルム

公開:1994年12月17日
上映時間:115分
【解説】 風俗ギャルの生の声を綴った島本慶のエッセイと荒木経惟の写真を融合させた同名写真集を基に、高橋伴明監督が映画化。SMクラブの女王様として働きながら、女優への道を進む若い女性と、ホテトルで働きながら、いつか玉の輿に乗ろうと考えている現代娘の姿をとらえた、爽やかな青春映画。日本映画初のヘア・ヌードが話題にもなった。
ヘアヌードを披露してくれてるのは鈴木砂羽と片岡礼子のお2人です。
因みに日本映画で初のフルヌードを披露したのは前田通子で、1956年公開の「女真珠王の復讐」とされています。結構古いんですね。それから38年後にしてようやくヘアヌードです。苦節38年!関係者のご苦労が忍ばれます。

New Love in Tokyo 「愛の新世界」 Trailer 予告

監督は高橋伴明。高橋伴明といえば、「TATTOO(刺青)あり」や「獅子王たちの夏」など、小粒ながらも上質な作品で知られている監督です。
しかし、まぁ、この映画、写真の印象が強烈で、荒木経惟の印象が強く残ります。荒木経惟とは勿論カメラマンのアラーキーですね。まぁ、流石です。インパクト大。いい仕事してます。

墨東綺譚

さて、時代が前後しますが「濹東綺譚」を紹介しないわけにはいきません。

「濹東綺譚」は、樋口可南子の写真集が発売されてから1年後の1992年夏に上映されています。ヌード場面はぼかされていたのですが、後に発売されたビデオでは無修正版がリリースされています。「愛の新世界」よりも早くヘアヌードが撮られていた訳です。が、まぁ、このような経緯の映画は他にもありますから特別というわけではないのですが、いえ、特別ではないとはいえ、「濹東綺譚」でヘアヌードを披露してくれているのが墨田ユキというところが非常に嬉しいのです。
濹東綺譚

濹東綺譚

監督:新藤兼人
脚本:新藤兼人
原作:永井荷風
出演者:津川雅彦、墨田ユキ
音楽:林光
撮影:三宅義行
編集:渡辺行夫、近藤光雄

製作会社:近代映画協会
配給:日本アート・シアター・ギルド、東宝

公開:1992年6月6日
上映時間:116分
【あらすじ】 1879年、良家の長男として生まれ育った荷風。父の意向に反し、早くから文学の道を志した荷風は、やがて玉ノ井の娼家でお雪と出会う。世の中の底辺に生きながらも清らかな心を持つお雪に、荷風は運命的なものを感じ、57歳にしてついに結婚の約束をする。が、東京大空襲に見舞われた2人は離れ離れとなってしまう……。
墨田ユキの美しい肢体と大胆なラブシーン。その香り立つようなエロティシズムは最高です。
そしてまた、相手役の津川雅彦がイイのです。艶っぽいというのでしょうか、イイ役者だなぁとしみじみ思います。

濹東綺譚 "BOKUTO KIDAN" A Strange Story of Oyuki │ 高雄市電影館【寫給吾愛的情書】新藤兼人與其妻乙羽信子回顧展

「濹東綺譚」の原作は永井荷風で、1960年、1992年、2010年と現在までに3度も映画化されています。
この1992年版で監督を務めたのは新藤兼人。新藤兼人といえば日本のインディペンデント映画の先駆者で、 モスクワ国際映画祭グランプリを受賞した「裸の島」や「裸の十九才」、「ある映画監督の生涯 溝口健二の記録」など多くの優れた作品で知られています。

あ、そうです。それともうひとつ大事なことが。この映画の配給は非商業主義的な芸術作品を製作・配給していた日本アート・シアター・ギルド(ATG)なのですが、ATG最後の作品としても知られています。

南京の基督

「愛の新世界」からちょうど1年後の1995年12月、富田靖子のヘアヌードが拝める「南京の基督」が公開されます!しかし、富田靖子のヘアヌードと喜んでばかりもいられません。とても難しい役に挑んでいるんです。なんといっても娼婦。しかも梅毒に侵された娼婦ですからね。まさに体当たりの演技です。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

昔と今の恋愛ソングの変遷を探る! 愛の形はどう変わったの?

昔と今の恋愛ソングの変遷を探る! 愛の形はどう変わったの?

時代が変わり、若者を取り巻く恋愛事情が変化すれば、流行る恋愛ソングも変わっていきます。恋愛ソングは、その時代の恋愛価値観がストレートに反映されていると思います。社会情勢や恋愛に必須な連絡用ツールが変わっただけで、恋の叶いやすさは格段に違ってきました。今回は80年代から現代までに流行った恋愛ソングを比較し、それぞれの時代の恋愛観について紐解いていきます。
iVERY | 214 view
【WJ原作】仙界伝 封神演義とは【90年代TVアニメ】

【WJ原作】仙界伝 封神演義とは【90年代TVアニメ】

90年代は週刊少年ジャンプが何度目かの全盛期を迎えた時期がありました。 連載されている数々の作品の中から、原作は小説安能務訳、藤崎竜作の『封神演義』をピックアップしていきます。
maythdo | 239 view
『山咲千里』清純派からセクシー女優へ!そしてギャルに変貌した現在を調査!

『山咲千里』清純派からセクシー女優へ!そしてギャルに変貌した現在を調査!

NHK朝の連続テレビ小説『鮎のうた』に抜擢され、清純派女優として活動していた山咲千里さん。しかし1990年に入り、ボンテージ写真集を出版するなどセクシー路線に変わり、世の男性を虜にしました。すっかりセクシーなイメージが定着した彼女ですが、ギャル風メイクに変貌したルックスが話題になりました。そこで山咲千里さんデビューから現在をまとめてみます。
ガチャまま | 17,275 view
『真弓倫子』芸能活動を休止するもヘアヌードで復帰!現在の活動は?

『真弓倫子』芸能活動を休止するもヘアヌードで復帰!現在の活動は?

真弓倫子さんと言えば、ショートヘアが似合うアイドルでしたね。1980年の後半から歌やドラマで活躍するも芸能活動を休止。復帰後はVシネなどで披露した大胆なヌードや不倫騒動で世間を賑わしました。近年見かけなくなった真弓倫子さんの現在を探ってみたいと思います。
ガチャまま | 22,261 view
サザン、森高千里、90年代にビールのCMソングに起用された8センチシングル

サザン、森高千里、90年代にビールのCMソングに起用された8センチシングル

アサヒ「スーパードライ」、サッポロ「冬物語」、キリン「ラガー」他、ビールを飲みたくなる懐かしいCM映像とともに紹介します

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト