旧芸名は「槍魔栗三助」!個性的なキャラが光る生瀬勝久さんの出演ドラマまとめ
2023年7月12日 更新

旧芸名は「槍魔栗三助」!個性的なキャラが光る生瀬勝久さんの出演ドラマまとめ

「トリック」「ごくせん」などの個性的名キャラが印象的な生瀬勝久さん。生瀬さんの出演ドラマをまとめました。

784 view

ドラマデビューまで

生瀬勝久さんは、大学在学中に同志社大学の劇団「第三劇場」や辰巳琢郎さんが座長を務めていた「劇団そとばこまち」に所属し、劇団員として活躍していました。その時の芸名は槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)です。

大学卒業後は内定をもらっていたのですが辞退して演劇の道へ。1986年にドラマ人間模様 追う男 でドラマデビューします。

1988年には「そとばこまち」の4代目座長となります。その年に讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』にレギュラー出演。さらに『探偵!ナイトスクープ』でも初期の探偵として1回目から出演していました。

さらに1988年下半期の連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」に出演することに。槍魔栗三助の名前ではNHKにふさわしくない、ということで本名の生瀬勝久に改名されました。

ドラマデビュー作もNHKだったのですが、クレジットなしのエキストラだったのでしょうね。

生瀬さんとNHKの縁は強く、2023年までに連続テレビ小説4回、大河ドラマには7回も出演されているんですよ。

「新・部長刑事 アーバンポリス24」

1989年からは「新・部長刑事 アーバンポリス24」にレギュラー出演。こちらは関西ローカルのドラマ。「大阪の庶民的な観点から、事件に関わる人々の人間模様を描く」というテーマの刑事ドラマです。

「部長刑事」シリーズとして1958年から2002年まで50年近く放送されていた人気シリーズです。「新・部長刑事 アーバンポリス24」はその第二段で生瀬さんは1話から309話まで倉田小太郎 刑事を演じています。1997年まで出演されていたんですよ。1つの役にこれだけ長くかかわるというのはなかなかないですよね。

ちなみに最初はNHKでのみ生瀬勝久の名を使っていたので、初期は槍魔栗三助名義で出演していますが、1990年以降は生瀬勝久一本でやっているのでそこから芸名が変わっています。

「奇跡のロマンス」

 (2534363)

NHKや関西ローカルのドラマには多数出演されていた生瀬さんですが、民放の連ドラでレギュラー出演したのは意外と遅く、1996年の「奇跡のロマンス」が最初でした。

主演は赤井英和さん。赤井さん演じる久住武蔵は提灯職人の35歳。妹の桜(羽野晶紀さん)の結婚式のために上京してきて、鈴木真琴(葉月里緒菜さん)という美しい女性に出会い、一目ぼれしてしまうというお話。

生瀬さんは武蔵の弟で銀行員の大和を演じています。武蔵と真琴の出会いは大和の銀行でした。真琴は22歳で未婚の母。大和は兄を心配しています。

妹は結婚詐欺に遭い、きょうだい3人で同居するというきょうだい愛のドラマでもありましたね。

「Age,35 恋しくて」

 (2534361)

「Age,35 恋しくて」は中井貴一さん主演。中井さん演じる島田 英志は、妻と双子の子供がいて、家族を愛しているのにもかかわらず不倫をしています。妻の朱美が不倫に気が付いた時、偶然大学時代の同級生と再会して・・・というお話。

生瀬さんは英志の友人で、朱美の親友の夫である大平 幾也を演じています。このドラマは漫画原作ですが、漫画では「大平」としてしか登場しておらず「幾也」という名前はドラマで初めて名づけられました。

幾也も不倫をしていて、一度は不倫相手を選び家を出て行くのですが妻の妊娠を知り、家に戻りその後は子煩悩になるという役どころでした。

「恋のバカンス」

 (2534365)

1997年には「恋のバカンス」に出演。主演は明石家さんまさん。

さんまさん演じる黛勘九郎は恋の曲芸師の異名を持ち、彼女が2人いるにもかかわらず、さらにもう1人別の女性にアタックしているという女好き。

生瀬さんは勘九郎の同僚で年下の幼馴染の小野寺太一を演じています。勘九郎が太一についた嘘から大きな騒動に発展して・・・というドタバタとしたコメディです。

生瀬さんは主人公の同僚役で出演することが多いですね。さんまさんとは1999年の「甘い生活。」でも共演されています。

さんまさんは結婚6年目の鵜飼力丸を演じています。ですがこの役も女好きは変わらず不倫騒動を起こし、左遷になっています。生瀬さん演じる矢沢英一は、力丸の妻の晃子(高島礼子さん)に思いを寄せていて、不倫騒動をきっかけにアタックしていくという役どころでした。

「トリック」「ごくせん」でブレイク!

 (2534367)

 (2534368)

そして2000年からは「トリック」シリーズに出演。

「トリック」は仲間由紀恵さん演じる自称天才マジシャンの山田奈緒子と、阿部寛さん演じる日本科学技術大学物理学教授・上田次郎のコンビが超常現象や奇妙な事件を解決していくというコメディ要素の強い謎解きドラマ。

生瀬さんは2人が事件に遭遇すると必ず現れる公安部所属の警部補・矢部謙三を演じています。セリフ回しや髪型も特徴的でしたよね。

仲間さん、阿部さんの出世作ですが、生瀬さんにとっても代表作になっていますよね。

さらに2002年からは仲間さん主演の「ごくせん」に出演。任侠一家で育った熱血高校教師・山口久美子(仲間さん)通称ヤンクミが不良ばかりのクラスを担当し、奮闘していく学園コメディ。

生瀬さんは厳しい性格で問題児やヤンクミを敵視する教頭・猿渡 五郎を演じています。その後、校長になり、他の学校に赴任しますがなぜかいつもヤンクミとセットで段々とよいコンビになっていきました。

仲間さんとは他にも『功名が辻』、『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜』で共演されています。どのドラマも2人のコンビはよかったですよね!

現在もコンスタントにドラマ出演されている生瀬さん。今後の活躍も楽しみですね。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【神保町シアター】名作映画に老優あり──笠智衆、大滝秀治、宇野重吉ら “老け役” 名優たちの魅力に迫る特集上映!

【神保町シアター】名作映画に老優あり──笠智衆、大滝秀治、宇野重吉ら “老け役” 名優たちの魅力に迫る特集上映!

監督・出演者・テーマなど様々な角度から作品にスポットを当て、古き良き日本映画をフィルムで上映する、本の街の名画座・神保町シアター。 12月2日(土)からは、名優・笠智衆を中心とした、愛すべき老優たちの魅力に迫る「笠智衆と素晴らしき老優たち」の特集上映です。
メインキャストから脇役まで!【鶴見辰吾】の出演ドラマを振り返ってみた!

メインキャストから脇役まで!【鶴見辰吾】の出演ドラマを振り返ってみた!

12歳の頃から俳優活動を始めた鶴見辰吾さん。デビュー以降、本当に数多くの作品に出演され様々な役柄で私たち視聴者を楽しませてくれていますよね。この記事では、ほんの一部になってしまいますが、そんな鶴見辰吾さんの出演ドラマについて振り返ってみました。
ハナハナ | 363 view
名バイプレーヤー【宮川一朗太】10代の頃はどんな作品に出ていた?

名バイプレーヤー【宮川一朗太】10代の頃はどんな作品に出ていた?

数々のヒット作品に出演し存在感を放つ宮川一朗太さん。2023年にデビューから40年を迎えました!この記事では、そんなベテラン俳優である宮川一朗太さんが、まだ10代だった頃に出演されていた作品について振り返ってみました。
ハナハナ | 734 view
【追悼】僅か40歳の若さで亡くなった、ポッチャリ系俳優『松山幸次』!!

【追悼】僅か40歳の若さで亡くなった、ポッチャリ系俳優『松山幸次』!!

1994年にNHK連続テレビ小説「春よ、来い」でデビューし、ぽっちゃり体型が特徴で、多くのドラマや映画で脇役として活躍していた松山幸次さん。2015年11月21日に40歳の若さでお亡くなりになられています。今回追悼の意味も含めてまとめてみました。
ギャング | 3,253 view
朝ドラ「ひまわり」で松嶋菜々子の弟役だった【遠藤雅】今どうしてる?

朝ドラ「ひまわり」で松嶋菜々子の弟役だった【遠藤雅】今どうしてる?

1996年放送のNHK朝の連続テレビ小説「ひまわり」が、2022年5月23日から12月19日にかけて再放送されていました。そこで再び注目を集めたのが、ヒロイン・松嶋菜々子さんの弟役として出演されていた遠藤雅さんです。「ひまわり」での役どころを振り返りつつ、現在の活動について調査してみました。
ハナハナ | 663 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト