名バイプレーヤー【宮川一朗太】10代の頃はどんな作品に出ていた?
2023年7月13日 更新

名バイプレーヤー【宮川一朗太】10代の頃はどんな作品に出ていた?

数々のヒット作品に出演し存在感を放つ宮川一朗太さん。2023年にデビューから40年を迎えました!この記事では、そんなベテラン俳優である宮川一朗太さんが、まだ10代だった頃に出演されていた作品について振り返ってみました。

734 view

宮川一朗太

名前:宮川一朗太
生年月日:1966年3月25日
出身地:東京都新宿区
身長:171cm
血液型:A型

名門男子校の御三家と呼ばれている武蔵中学校・高等学校を卒業後、早稲田大学に進学されている宮川一朗太さん。
その頭脳明晰さは、クイズ番組「東大王」(TBS)などでも知られていますね。

宮川一朗太さんが芸能界に興味を持ち始めたのは中学生の頃。
男子校に通っていたこともあり、かわいい女の子とのキラキラした学園生活を描いたドラマに憧れを抱き「共学っていいな。俳優になればモテるかも」と思ったのがきっかけだったそうです。

今では、心優しい善人の役から陰険でいけ好かない役、さらにコミカルな役や悪役など様々な顔で多くの作品に出演される名バイプレーヤーとして大活躍されていますね。

映画「家族ゲーム」

 (2535935)

1983年6月4日公開
宮川一朗太さんのデビュー作となったのが、映画「家族ゲーム」でした。

宮川一朗太さん演じる中学3年生の沼田茂之が、茂之の成績を上げるために雇った家庭教師で三流大学の7年生・吉本勝(松田優作さん)により徹底的に鍛え上げられ、受験戦争や学校で起きているイジメに立ち向かっていく様子を描いた作品です。

宮川一朗太さんは高校1年生の時に劇団に入りレッスンを受けていたものの、オーディションには連戦連敗で、なかなかデビューできない悔しい日々を送っていたそうです。

本作のオーディションを受けることになったのは「俺は俳優に向いてないんだ」とすっかり自信をなくしていた時のことでした。
「どうでもいいや」と投げやりな態度で受けたところ、そのやる気のなさが茂之のキャラクターにピッタリということで森田芳光監督の目に止まり、応募者約3,000人の中から選ばれることになったのです。

しかし、いざ撮影が始まると自分の演技の下手さに直面し落ち込んでしまったという宮川一朗太さん。
ですがそんな時、松田優作さんから「天狗になるよりいいじゃないか」という言葉をもらったそう。
その言葉により救われ、それは今でも宮川一朗太さんを支える言葉になっているんだそうですよ。

宮川一朗太さんは、本作で「第7回 日本アカデミー賞 新人賞」受賞しました。

ドラマ「ぼくたちの疾走」

 (2536324)

1984年5月9日~9月26日放送(全16回)

主題歌:「夢中遊泳船」(大沢逸美)
1984年4月21日発売
「家族ゲーム」以降、ドラマや映画への出演が急増した宮川一朗太さん。

ドラマ「ぼくたちの疾走」では、主役の大山安夫役として出演。
学校で起こる様々な問題や性への関心、また将来に対する不安など、等身大の高校生を演じられています。

その後も高校生役を中心に、重要なポジションで学園ドラマに出演することが増えていきました。

ドラマ「青い瞳の聖ライフ」

 (2536323)

1984年10月17日~1985年4月3日放送(全23回)

主題歌:「DESERT MOON」(谷山浩子)
1984年11月21日発売
高校生の男女が偽造結婚をしたことで巻き起こる青春ラブコメディを描いた、ドラマ「青い瞳の聖ライフ」。

ヒロインは、アメリカからやってきた留学生のベス・グリーン(フローレンス芳賀さん)。
学校でロックフェスティバルを開催させるのを夢見ています。

宮川一朗太さんは、ベスと同じ学校に通うドジっ子男子高校生・高樹祐太郎として出演しています。
学校では駅伝部に所属し、マラソン大会でライバルに勝ちたいという目標がありました。

そんな中、ベスは両親によりアメリカへの帰国を言い渡され、祐太郎は父親の転勤により熊本の学校へ転校しなくてはいけないことになります。

目標をどうしても諦めたくない2人は、お互いの両親に嘘をついて偽装国際結婚をする作戦に出ることに・・・

ドラマ「高校聖夫婦」に似たようなストーリーでもあり、当時まだ小学生だった私は、高校生のお兄さんとお姉さんが両親に嘘をついて結婚しちゃう展開にドキドキでした!

映画「姉妹坂」

 (2535936)

1985年12月21日公開
京都を舞台に血のつながらない四姉妹が、自身の出自、恋愛、青春に迷いながらも懸命に生きていく姿を描いた物語です。

本作で宮川一朗太さんが演じたのは、大学生の柚木冬悟。
この物語のヒロインでもある三女・喜多沢杏(沢口靖子さん)と同じ大学に通っていおり、女子大生たちから絶大な人気を得ているモテ男子です。

そして、その人気を二分しているのが桜庭諒(尾美としのりさん)。
共に杏を好きになった二人が杏をめぐってフェンシング対決をするなど、序盤はライバル的存在として描かれています。

実は親が決めた許嫁がいる冬悟ですが、杏にプロポーズをし、物語が進むにつれて杏を支える存在へと成長していきます。

ドラマ「ヤヌスの鏡」

 (2536110)

1985年12月4日~1986年4月16日放送(全18回)

主題歌:「今夜はANGEL」 (椎名恵)
1986年1月1日発売
昼間は真面目で気弱な女子高生・小沢裕美、夜は自由奔放にして凶悪な不良少女・大沼ユミ(杉浦幸さんの二役)。
そんな正反対の2つの人格を持つようになってしまった少女の姿を描いた学園ドラマです。

宮川一朗太さんが本作で演じていたのは、裕美と同じ高校に通う生徒会長の進東哲也。
東大進学を目指す秀才です。
裕美のことが好きであの手この手で裕美との距離を縮めようとしますが、裕美が教師の堤邦彦(山下真司さん)と話す姿を見ただけで嫉妬の炎を燃やすなど、ストーカー的な歪んだ愛情へと変化していきます。
終盤は裕美を自分の部屋に軟禁するなど狂気に満ちた顔を見せ、視聴者に強いインパクトを与えました。

マイケル・J・フォックスの吹き替え

 (2536289)

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

悪役から理想の上司へ!長塚京三さんの出演ドラマまとめ

悪役から理想の上司へ!長塚京三さんの出演ドラマまとめ

1970年代から芸能界で活躍されている長塚京三さん。若い頃と中年以降では演じる役柄がだいぶ変わってきました。長塚さんの出演ドラマをまとめます。
saiko | 126 view
脇役でも個性が光る!岡田義徳さんの出演ドラマまとめ

脇役でも個性が光る!岡田義徳さんの出演ドラマまとめ

1990年代から俳優として活躍している岡田義徳さん。岡田さんの出演ドラマをまとめました。
saiko | 270 view
名脇役として数々のドラマに出演!渡辺いっけいさんの出演ドラマまとめ

名脇役として数々のドラマに出演!渡辺いっけいさんの出演ドラマまとめ

数々のドラマに出演してきた渡辺いっけいさん。主演ではなくてもそこにいるだけで安心するような存在で90年代から現在まで数々のドラマに出演されています。渡辺いっけいさんの出演ドラマを振り返ってみましょう。
saiko | 296 view
【追悼】スーパー戦隊シリーズや人気ドラマで名脇役を務めた『ドン貫太郎』!!

【追悼】スーパー戦隊シリーズや人気ドラマで名脇役を務めた『ドン貫太郎』!!

1990年代から2000年代初頭にかけてスーパー戦隊シリーズやドラマを中心に名脇役として活動していたドン貫太郎さん。追悼の意味も含めてまとめてみました。
ギャング | 1,058 view
【神保町シアター】名作映画に老優あり──笠智衆、大滝秀治、宇野重吉ら “老け役” 名優たちの魅力に迫る特集上映!

【神保町シアター】名作映画に老優あり──笠智衆、大滝秀治、宇野重吉ら “老け役” 名優たちの魅力に迫る特集上映!

監督・出演者・テーマなど様々な角度から作品にスポットを当て、古き良き日本映画をフィルムで上映する、本の街の名画座・神保町シアター。 12月2日(土)からは、名優・笠智衆を中心とした、愛すべき老優たちの魅力に迫る「笠智衆と素晴らしき老優たち」の特集上映です。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト