今年もやります!独断によって選考・贈呈される『輝け!第20回みうらじゅん賞』GYAO!で26日に無料生配信!
2017年12月17日 更新

今年もやります!独断によって選考・贈呈される『輝け!第20回みうらじゅん賞』GYAO!で26日に無料生配信!

1994年から始まったみうらじゅんさんが主催し、みうらじゅんさんの独断によって選考・贈呈される賞「みうらじゅん賞」。今回も昨年に引き続き「GYAO!」で無料生配信されます。12月26日(火)21時より。

589 view

12月26日(火)21時からGYAO!で無料生配信『輝け!第20回みうらじゅん賞』

12月26日(火)21時より無料映像配信サービスGYAO!で、「みうらじゅん賞」の受賞者を発表する『輝け!第20回みうらじゅん賞』が、昨年に引き続いて独占無料生配信されます。

1994年から始まった「みうらじゅん賞」は、”イラストレーターなど”の肩書を持つみうらじゅんさんが主催し、みうらじゅんさんの独断によって選考・贈呈される賞です。

今年、記念すべき第20回を迎える同賞の発表。MCはみうらじゅんさんと安齋肇さんがつとめ、スペシャルゲストも続々登場予定です。

昨年発表された第19回では女優の月船さららさんや、アーティストのボブ・ディランさんが受賞したことを受け、東京ボブディランさんが出演するなど話題を集めました。今年はどんな意外な人物受賞するのか期待が膨らみます。
 (1954228)

歴代受賞者(敬称略)

第1回(1994年) :杉作J太郎、中野まり子、カーツ佐藤、いとうせいこう
第2回(1995年) :薮下秀樹、泉晴紀、泉麻人、田口トモロヲ
第3回(1996年) :金子修介、樋口真嗣、町山智浩、水野晴郎、安斎肇、山田五郎
第4回(1997年) :宮本浩次、吉田照美、喜国雅彦、谷ナオミ、松崎しげる、水道橋博士
第5回(1998年) :スターシップ・トゥルーパーズ、ミスターマッスル、野坂昭如、
           ヤセの断崖、池田貴族
第6回(1999年) :遠藤賢司、久住昌之、ジョージ・ルーカス、優香、ニャンまげ
第7回(2000年) :ケビン・ベーコン、野沢直子、井上陽水、小林よしのり、叶姉妹
第8回(2005年) :熊田曜子、井筒和幸、猫ひろし、リリー・フランキー、峯田和伸、
ジャガー、リチャード・ギア
第9回(2006年) :高見沢俊彦、スチャダラパー、高田純次、サミュエル・L・ジャクソン、
二本松の菊人形、大竹伸朗、ギャル曽根
第10回(2007年) :SAM(TRF)、俺たちフィギュアスケーター、黒川晃彦、入水鍾乳洞、田村正和、
ポッチャリ王子、キヨーレオピン
第11回(2008年) :せんとくん、笑福亭鶴光、人間椅子、高田文夫、根本敬、中井貴一
第12回(2009年) :チョー、ポール・スミス、色即ぜねれいしょん、松本清張、ビーグル38
第13回(2010年):水嶋ヒロ、ダニー・トレホ、YO-KING、風間ゆみ、太田章、松久淳
第14回(2011年):野口健、前野健太、わさお、ピンク・フロイド、ミゲル
第15回(2012年):川勝正幸、ドン小西、糸井重里、壇蜜、オリエント工業
第16回(2013年):タモリ、宮藤官九郎、土門拳、真如海上人、ねぎしのしろ4
第17回(2014年):楳図かずお、小谷元彦、橋本マナミ、渡辺祐、リーアム・ニーソン
第18回(2015年):平田一式飾、松本人志、三浦憲治、マッドマックス 怒りのデス・ロード、GLIM SPANKY
第19回(2016年):安住紳一郎、Since1624、月船さらら、御陣乗太鼓、ボブ・ディラン

『輝け!第20回みうらじゅん賞』概要

イベント名  :『輝け!第20回みうらじゅん賞』
展開期間    :2017年12月13日(水)~未定
特設サイトURL: https://gyao.yahoo.co.jp/special/miuraaward/

■生配信について
配信日時:2017年12月26日(火)21:00~22:30(予定)
出演:みうらじゅん、安齋肇 ※その他、ゲスト出演予定
7 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【1994年】モノマネ番組で人気のあの人が!日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

【1994年】モノマネ番組で人気のあの人が!日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。中でもドキドキするのが、日本レコード大賞の「大賞」と「最優秀新人賞」の発表の瞬間。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。
izaiza347 | 149 view
【1994年洋楽】グリグリ!?ピザまん!?の空耳ソング!「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1994年洋楽】グリグリ!?ピザまん!?の空耳ソング!「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1994年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 339 view
プレステ(初代)の名作ゲームといえば何?

プレステ(初代)の名作ゲームといえば何?

1994年に発売された初代プレステ。「ファイナルファンタジーVIII」や「クロノ・トリガー」、「パラッパラッパー」など名作タイトルが発売されています。あなたにとって名作タイトルは何がありますか?
宝塚の現役娘役がヒロインに!朝ドラ「ぴあの」を振りかえる

宝塚の現役娘役がヒロインに!朝ドラ「ぴあの」を振りかえる

最近ではすでに有名な女優さんがヒロインに選ばれることも増えましたが、朝ドラといえば新人女優が主演することが多かったですよね。ですが「ぴあの」では宝塚歌劇団の現役の娘役が主演していました。そんなドラマを振り返ってみましょう。
saiko | 439 view
【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

ナリタブライアンのクラシック三冠で盛り上がった1994年。実はその裏で、逆三冠馬(最下位の三冠馬)になれそうだった競走馬がいたことはあまり知られていません。皐月賞ブービー、ダービー最下位、菊花賞最下位。最低人気で重賞を勝ってしまったこともある競走馬。その馬こそサムソンビッグです。
izaiza347 | 667 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト