ともさかりえの連ドラデビュー作「素晴らしきかな人生」!
2020年9月11日 更新

ともさかりえの連ドラデビュー作「素晴らしきかな人生」!

浅野温子さん、織田裕二さん、ともさかりえさんの出演した「素晴らしきかな人生」を覚えていますか?脚本は野沢尚さん。娘と2人暮らしをしている女性の新しい人生について描いた作品です。

283 view

「素晴らしきかな人生」の放送時期

「素晴らしきかな人生」が放送されたのは1993年7月から9月。フジテレビで木曜22時からの「木曜劇場」で放送されていました。この時間は割とシリアスなドラマが多いですよね。この作品もシリアスで大人のドラマです。

人気のドラマだったのですが、ソフト化はされていません。再放送もなかなかしていなかったのでもう一度観たい!という人も多いでしょう。

2009年にフジテレビONE、フジテレビTWOで再放送されてから、再放送をするようになりました。地上波ではないですが再放送してくれるだけでもうれしいですね。現在はフジテレビオンデマンドでも配信されているのでぜひチェックしてみてください。

「素晴らしきかな人生」のキャストとスタッフ

まずはキャストとスタッフを見て見ましょう。

主演は浅野温子と織田裕二!

メインキャストは以下の通りです。

・高畑(芝木)結女:浅野温子 (高校生時代):瀬戸朝香 
・芝木貢:織田裕二
・伊藤初音:富田靖子
・今泉アミコ:七瀬なつみ
・高畑(芝木)遥:ともさかりえ
・永沢邦生:田中健 (青年時代):長崎真純
・永沢哲夫:田中明夫
・穂坂新平:佐藤浩市

主演は浅野温子さんと織田裕二さん、90年代ドラマという感じがしますよね。そして、浅野温子さんの娘役でともさかりえさんが出演されています。

ともさかさんはこの時、12歳。テレビドラマデビュー作だったんですよ。ドラマ初出演ながら、ナレーションも担当されています。初々しいともさかさんの姿も要チェックです。

スタッフも豪華!

「素晴らしきかな人生」の脚本は、「眠れる森」などで有名な野沢尚さんです。野沢さんの作品のファンの方も多いですよね。「素晴らしきかな人生」は1992年の「親愛なる者へ」、1994年の「この愛に生きて」とともに「夫婦純愛三部作」とも呼ばれています。他の作品をまだ見ていないという方はチェックしてみてください。

「素晴らしきかな人生」は違いますが、他の2作品は不倫の話なので「夫婦?」「純愛??」という感じはしますが、作品は面白いです。

そして、プロデューサーは太田亮さんです。「東京ラブストーリー」、「101回目のプロポーズ」などトレンディドラマ、月9全盛期の作品を多くプロデュースしてきた方です。現在はフジテレビジョン常務取締役となっているので、それだけの実力者ということですよね。


主題歌は「Make-up Shadow」

Amazon.co.jp: Make-up Shadow: 音楽 (2222043)

主題歌は井上陽水さんの「Make-up Shadow」です。曲だけでもかなり有名ですがこのドラマの主題歌だったんですね。井上陽水さんの妖艶な歌声がドラマに合っていたでしょうね。

ちなみに、「Make-up Shadow」は2006年にトヨタ・ブレイドのCMにも起用されています。発売から20年以上経ってCM起用とはすごいですよね。そして2007年にマキシシングルとして再発売されています。

「素晴らしきかな人生」のあらすじ

浅野温子さん演じる高畑結女は、料理教室の講師をしながらともさかりえさん演じる娘の遥と二人暮らしをしていました。

結女は高校3年生の時永沢邦生と交際していて、破局した直後に妊娠が発覚したのです。未婚の母になるつもりだったのですが、幼馴染で兄として慕っていた穂坂新平(佐藤浩市さん)から結婚を申し込まれ、結婚。そして遥を出産しました。春華の戸籍上の父は穂坂です。春華は穂坂が父だと思って過ごしています。3人で生活していましたが穂坂は浮気癖がひどく、遥が10歳になった時に離婚しました。

過去の経験から心を閉ざし、特に恋愛からは遠ざかっていました。化粧もせず、質素な生活を送っていました。そんなある日、遥の通う中学校のPTAを引き受けることになります。そこで、国語教師をしている芝木貢(織田裕二さん)に再会します。貢は邦生の弟。両親が離婚したため、姓が違いますが実の兄弟です。

邦生と結女が付き合っていた時から結女のことを知っていて、実は恋心を抱いていました。邦生と結女が分かれてからも6年間も結女への想いを引きずっていたんです。ですが大学進学後、伊藤初音(富田靖子さん)に出会い、交際、同棲をしています。

貢は結女に出会ったことで結女への想いが復活し、初音に別れを告げます。そして結女に猛アタック。初めは受け入れなかった結女ですが、再婚を決意します。そして結婚生活が始まるのですが、その後も初音からの嫌がらせ、乳がんの発症、穂坂や邦生からも復縁を迫られるなどトラブルが続きます。

そして初音が自殺。貢も後を追うとしたところを結女に止められます。正気を取り戻したのですが結女とは離れて北海道の学校に行くことに。結女はロンドンでの日本料理店のシェフにならないかという申し入れがあり、遥とも別れ一人で旅立っていきます。

4年後、遥が18歳で結婚する時、結女が戻ってきました。4年ぶりに貢、穂坂にも再開したところで物語は終わります。

ざっとあらすじを見ただけでもかなりドロドロしていますね。この頃のドラマらしい感じがします。ですがただドロドロしているだけではなく、得るものもあるドラマですよ。
16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

歌詞が甘く切ない昔のミスチル!デビューシングルから3作の【Mr.Children】初期のラブソングを聴きなおす

歌詞が甘く切ない昔のミスチル!デビューシングルから3作の【Mr.Children】初期のラブソングを聴きなおす

名盤『Atomic Heart』の前に3作のシングルを発表しているMr.Children。今回はその3作に焦点を絞ってみたいと思います。初期の名作3作はオススメですよ~(^^)/
つきねこ | 5,104 view
高橋克典「デビューした時は歌手でした」!13年ぶりのライブを開催!西内まりやとのデュエット曲も披露!

高橋克典「デビューした時は歌手でした」!13年ぶりのライブを開催!西内まりやとのデュエット曲も披露!

俳優の高橋克典(51)が国内では13年ぶりとなるライブを行った。同じく13年ぶりのCDリリースとなった、出演ドラマ主題歌のカバーアルバム「SINGS ~Cover Theme Songs~」の収録曲を中心に披露した。西内まりや(22)もライブ中盤から参加。
浅野温子主演!「ママハハ・ブギ」

浅野温子主演!「ママハハ・ブギ」

浅野温子主演!「ママハハ・ブギ」 主人公の蘭子がこぶつき男と再婚したが・・・
うーくん | 7,382 view
【ドラマ最終回シリーズ!】振り返れば奴がいる【ネタバレしてます】

【ドラマ最終回シリーズ!】振り返れば奴がいる【ネタバレしてます】

司馬先生(織田裕ニ)の悪~い感じが何とも癖になるドラマ!ちなみに織田裕二は翌年「お金がない!」で主演。かなりギャップがありますよね(笑) そんな『振り返れば奴がいる』 の最終回をチェック!
ななこ撫子 | 96,291 view
1993年に行われた『第35回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

1993年に行われた『第35回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

紅白歌合戦と共に行われている年末の風物詩でもある「日本レコード大賞」。レコード大賞を受賞した楽曲の売上が大きく伸びると言われた時代もありました。時代を表すレコード大賞を主な受賞作と共に振り返ってみましょう!
もこ | 251 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト