歌詞が甘く切ない昔のミスチル!デビューシングルから3作の【Mr.Children】初期のラブソングを聴きなおす
2018年4月16日 更新

歌詞が甘く切ない昔のミスチル!デビューシングルから3作の【Mr.Children】初期のラブソングを聴きなおす

名盤『Atomic Heart』の前に3作のシングルを発表しているMr.Children。今回はその3作に焦点を絞ってみたいと思います。初期の名作3作はオススメですよ~(^^)/

2,141 view

Mr.Childrenとは

Mr.Children

Mr.Children

もともとMr.Childrenという名前には深い意味が無く、響きで決めたそうです。
Mr.Childrenの前身のバンドであるTHE WALLSでTHEがついていたので、THEは付けない方が良いということで一致。そして4人が渋谷のロイヤルホストでバンド名について意見を出し合い、ChildrenにMr.をつけて落ち着いたとか。
後に、「大人から子供まで幅広く聞いてもらいたい」という意味を加えたそうです。

Mr.Childrenのオフィシャルホームページはこちら

Mr.Childrenのメンバー

Mr.Childrenのメンバー

Mr.Childrenのメンバー

桜井和寿:ボーカル・ギター・ブルースハープ・ピアノ
田原健一:ギター・グロッケン・マンドリン・ピアニカ
中川敬輔:ベース
鈴木英哉:ドラムス・コーラス・ボーカル

初期のシングル3作について

ファーストシングルからの3作は、ミスチルの中でも特に淡く切ない曲となっており、ラブストーリーの物語を見ている様な内容になっています。
PVを観て思うのですが、ほんとに皆さん若い! その若さがまた切なさを生み出しているのかもしれません。
とにかくこの3作は名曲です!さっそく聴きなおしてみましょう。
きっと懐かしい気持ちになれると思いますよ(^^)/

1992年 君がいた夏

君がいた夏

君がいた夏

作詞・作曲:桜井和寿
編曲:小林武史 & Mr.Children
この曲はアマチュア時代から存在し、その当時は「夏が終わる」というタイトルだったそうです。
収録されているアルバムがミニアルバムの『EVERYTHING』であり、デビューシングルというよりは1stシングルと表すのが正しい曲の様です。
曲を聴いてみると、確かに夏が終わる頃の印象を受ける歌詞の内容です。
切なく儚い感じと若さが入り混じった、この当時のミスチルならではの一曲だなぁと思いました。

Mr.Children 「君がいた夏 」

1992年 抱きしめたい

抱きしめたい

抱きしめたい

作詞・作曲:桜井和寿
編曲:小林武史 & Mr.Children
アルバムにも収録されており、まだ知名度も低かったせいもあり、売れ行きはあまり良くなかったシングル。しかし、ブレイクしてからは評価が一転し、初期のミスチルの代表曲となりました。
曲のコンセプトはクリスマスであり、当初はクリスマスソングとして「震えそうな夜に」を「クリスマスの夜に」にしようとしたところ、小林武史さんに反対された為、「抱きしめたい」となりました。
このスローバラードは、ほんとに染み渡る様な名曲です。こんな恋愛してみたいですねぇ(笑)

Mr.Children 抱きしめたい PV(1992)

1993年 Replay

Replay

Replay

作詞・作曲:桜井和寿
編曲:小林武史 & Mr.Children
グリコ「ポッキー」のCMに起用され、初めて大々的にミスチルの曲がテレビで流れたのがこの「Replay」です。その効果があってミスチルの知名度がかなり上がりました。この曲がブレイクのきっかけだったという見方も出来ますね。
夏の曲であり、気持ちの良いテンポと爽やかな歌詞が非常にマッチしており、聴いていてとても気分の良い曲でした。

Mr.Children Replay

初期のシングル3作を聴きなおしてみて

1stシングルからの3作を聴きなおしてみて、いかがだったでしょうか?
今のミスチルもかなり好きですが、この当時のミスチルは爽やかさに加えて、淡く切ない若さがあった様に思いました。
夏の歌が2曲、冬の歌が1曲でしたが、どの曲もラブソングでしたね。ミスチルらしい歌詞は昔からなんだなぁと改めて思いました。
また機会があれば、90年代のミスチルの曲を特集してみたいと思います。
最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

関連記事はこちら

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

チェッカーズがデビューから35年!活動をまとめた記念CD集が2018年に2作発売へ!

チェッカーズがデビューから35年!活動をまとめた記念CD集が2018年に2作発売へ!

チェッカーズのデビュー35周年を記念した、2月21日発売の「チェッカーズ・オールシングルズ・スペシャルコレクション」と3月21日発売の「チェッカーズ・オリジナルアルバム・スペシャルCDBOX」の詳細が分かった。
遡るシリーズ!【1992年・平成4年】のアレコレを振り返る

遡るシリーズ!【1992年・平成4年】のアレコレを振り返る

皆さんにとって、1992年とはどんな年でしたか? この年は夏季冬季の2つのオリンピックが開催された最後の年で、新幹線「のぞみ」の運転が開始され、冬彦さんが大活躍した年でした!さっそく振り返ってみましょう(^^)/
つきねこ | 14,837 view
あすなろ白書の主題歌『TRUE LOVE』藤井フミヤのソロ初シングルにしてWミリオン!

あすなろ白書の主題歌『TRUE LOVE』藤井フミヤのソロ初シングルにしてWミリオン!

1993年11月10日に、藤井フミヤのソロ活動第1弾シングルとして発売された『TRUE LOVE』。作詞・作曲を藤井フミヤ自身が手掛けている。俺じゃダメか?でお馴染みの月9ドラマ『あすなろ白書』の主題歌に起用された90年代屈指のラブソングを特集する。
ひで語録 | 1,971 view
高橋克典「デビューした時は歌手でした」!13年ぶりのライブを開催!西内まりやとのデュエット曲も披露!

高橋克典「デビューした時は歌手でした」!13年ぶりのライブを開催!西内まりやとのデュエット曲も披露!

俳優の高橋克典(51)が国内では13年ぶりとなるライブを行った。同じく13年ぶりのCDリリースとなった、出演ドラマ主題歌のカバーアルバム「SINGS ~Cover Theme Songs~」の収録曲を中心に披露した。西内まりや(22)もライブ中盤から参加。
【あの頃の流行語を振り返る】1991~1995年に流行った流行語、憶えていますか?時が経つと廃れてしまうけれど、あの頃みんな使っていた流行語を振り返る。

【あの頃の流行語を振り返る】1991~1995年に流行った流行語、憶えていますか?時が経つと廃れてしまうけれど、あの頃みんな使っていた流行語を振り返る。

「流行語」一過性の爆発力を持った言葉から、世相を反映した言葉、今なお使われ続けている言葉など、様々な流行語がありますよね。その語源は音楽だったり漫画だったり、時には事件だったりと様々。そんな流行語を年代別にお届けするこのシリーズ。今回は「1991~1995年」を振り返ります。
青春の握り拳 | 17,788 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト