ホラーの巨匠S・キングの映画「ペット・セメタリー」家族への愛が禁断地へと導く‥‥!
2017年9月16日 更新

ホラーの巨匠S・キングの映画「ペット・セメタリー」家族への愛が禁断地へと導く‥‥!

スティーヴン・キング原作の「ペット・セマタリー」は1989年、キング自ら脚本を担当し映画化されました(映画は「セメタリー」)。死に満ちた曰くの土地へ引っ越したため幸せのはずだった家族の生活が崩壊する‥‥ペット、家族を思う想いが悲劇を生む‥‥! 音楽はラモーンズが担当!(「ペット・セメタリー2」も少しだけ載せています)。

2,298 view

ペット・セマタリー? セメタリー? どっちなの?

最初に「ペット墓地」という意味の「ペット・セメタリー(Cemetery)」がほんとタイトルでないの? 誤字? と思われた方へ‥‥。
映画でも出てくるのですが(最初の方です)、霊園の看板に誰かが書いた「Sematary(セマタリー)」がそのまま、小説の方の原題になっています。ただ映画は「セメタリー」で統一されているので、映画になると「セメタリー」と表記‥‥ややこしいですね‥‥!
(英語の原題では、小説、映画ともに「セマタリー(Sematary)」で統一されています)。
スペルミスの看板

スペルミスの看板

見えますか?
霊園入り口の看板が思い切り「PET SEMATARY」‥‥
誤字が看板になってるのも珍しい‥‥!
なんだか出だしは、ほのぼのなのですが‥‥
原題の「Pet Sematary」は「ペット霊園」の意味であるが、英語の正しい霊園のスペルはCemeteryである。これは、「(本作品に登場する)ペット霊園の入り口には、幼い子供の書いた看板がかかっているが、"CEMETERY"を"SEMATARY"という子供らしいスペルミスをしている」と描写されていることから、そのスペルミス表記を原題として採用したものである。
ただAmazonなどで商品検索する場合は、「セメタリー」の方がたくさん出てきます。
(「セマタリー」だと小説本の方が多いようです)。

「ペット・セマタリー」とは‥‥

小説「ペット・セマタリー」

小説「ペット・セマタリー」

こちらは原作・小説の「ペット・セマタリー」。
1983年には発表されましたが、どうやら、もっと早い時期に作品はできていたようです。
「あまりの恐ろしさに発表を見合わせている」と噂があったとか!

『キング自身は「妻のタビサがこの本を私に発表させたがらない」と述べている』(Wikipediaより抜粋)

家族への愛のはずが、狂気にも見えてしまう‥‥でも、「わかるような気がする」「自分もそうするかもしれない‥‥」と考えさせられるホラーでもあります。
死に満ちた、曰くつきの陰鬱な土地へ来てしまったのも運命だったのでしょうか?!

映画化(1989年版)

映画「ペット・セメタリー」(1989年)

映画「ペット・セメタリー」(1989年)

監督/メアリー・ランバート

キャスト/
ブラッド・グリーンクイスト,
フレッド・グウィン,
ミコ・ヒューズ,
デイル・ミッドキフ

ペット・セメタリー - 予告編

日本語吹き替え版の予告編です。
映画の冒頭部分を見ることができます。

映画の音楽は

ラモーンズ

ラモーンズ

89年版の映画のテーマソングを担当するのはラモーンズ!
原作者のスティーヴン・キング氏の希望だったようですね!

Ramones - Pet Sematary

ラモーンズ「ペット・セマタリー」

主なストーリーと登場人物

ペット霊園の奥の閉ざされた場所に‥‥

ペット霊園の奥の閉ざされた場所に‥‥

ペットのお墓が並ぶ霊園の奥、藪や木々で蓋をされたように閉ざされている場所は‥‥禁断の地。
上記の「ペット・セメタリー予告編」動画に記載されていたものを引用させていただきます。
アメリカ・メイン州の小さな街ルドロー。
トラックが行き交う道路沿いに引っ越してきたルイス一家は新しい家に大喜び。
だが、数日後、ペットの猫が轢死。
近くにあるペット・セメタリー(動物墓地)の奥の"禁断の場所"に埋めると、なんと翌日猫は生き返った。
日を置かずして幼い息子ゲイジがトラックにはねられ死亡。歎き悲しむルイスはこっそり遺体を例の場所に埋葬するが...。

クリード一家、新天地へお引越し

新居へ到着!

新居へ到着!

新しい土地、新しい家へ引っ越してきたクリード一家のパパ、ルイス(デイル・ミッドキフ)と娘エリー(ブレーズ・バーダール)は互いに喜びあいます。
向こうのドアにはママ、レイチェル(デニーズ・クロスビー)。
とても幸せそうな一家です。
新居も綺麗な家です‥‥が、気になることも‥‥!
猫のチャーチ

猫のチャーチ

猫のチャーチルも荷台に乗せられ、新天地を眺めてます。
その後、不幸に見舞われるとは予想してなかったかな‥‥
49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『オーメン』コミカライズ版は、串刺し・断頭シーンを完全再現!ダミアンの可愛さも大幅アップ!

『オーメン』コミカライズ版は、串刺し・断頭シーンを完全再現!ダミアンの可愛さも大幅アップ!

ミドルエッジ世代にとって忘れられない数字と言えば? そう、それは悪魔の数字「666」!それまで日本には無かったこの概念を、幼少期の我々の脳裏に刻み込んだ永遠のトラウマ映画。それが今回紹介するホラー映画の名作『オーメン』のコミカライズ版だ!
滝口アキラ | 3,820 view
ホラーの名作「シャイニング」スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画にした!

ホラーの名作「シャイニング」スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画にした!

映画「シャイニング」は、1980年に制作されたホラー映画です。雪山のホテルに家族だけで住み、主人公は精神を病み、狂気と殺戮へと展開していきます。そして、主人公は殺人者へと変貌を遂げていきます。スティーヴン・キング原作の小説をスタンリー・キューブリックが映画化しています。
星ゾラ | 8,497 view
【事実をベースにした映画】「八つ墓村」「悪魔の棲む家」「エクソシスト」など怖くて哀しい映画10選

【事実をベースにした映画】「八つ墓村」「悪魔の棲む家」「エクソシスト」など怖くて哀しい映画10選

 「事実は小説より奇なり」とはよく言います。そして、その奇妙な…フィクションより怖くもありせつなく哀しい事実が今度は映画となった作品を抜粋して10作品紹介します。 邦画は主に話題をさらった事件、あるいは実際に現存した人物の哀しい物語を、洋画はホラー…こんな恐ろしい話が本当にあったとは…!※ちょっと閲覧注意です。
Yam | 17,040 view
【ハロウィーン特集】ジェイソンとフレディ(13日の金曜日、エルム街の悪夢)

【ハロウィーン特集】ジェイソンとフレディ(13日の金曜日、エルム街の悪夢)

 ハロウィーンも近いので、今回は映画「13日の金曜日」のジェイソンと同じく映画「エルム街の悪夢」のフレディにスポットを当ててみました。また、私たちミドル世代の頃には珍しかった「ハロウィーン」の成り立ちや、それが何故、お化けと関係があるのかも調べてみました。
Yam | 4,985 view
いじめられっ子の怒りが爆発!映画「キャリー(原題:CARRIE)」について

いじめられっ子の怒りが爆発!映画「キャリー(原題:CARRIE)」について

いじめっ子に仕返しがしたい、いじめられた事がある人なら一度は考えたはずです。ある日突然身に付いた超能力によっていじめっ子達に仕返しを果たすキャリーの姿に、現実のいじめられっ子達は溜飲が下がる思いで映画を観ました。この記事では映画「キャリー」について振り返ります。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト