高度成長期の日本を支えた無名の人々に焦点をあてた『プロジェクトX』ナレーションや中島みゆき「地上の星」が印象深い
2017年10月2日 更新

高度成長期の日本を支えた無名の人々に焦点をあてた『プロジェクトX』ナレーションや中島みゆき「地上の星」が印象深い

NHK総合において2000年3月から放送されたドキュメンタリー番組『プロジェクトX』。田口トモロヲの淡々としたナレーションや中島みゆきによる主題歌『地上の星』が強く印象に残っている。

883 view

NHKのドキュメンタリー番組『プロジェクトX』

NHK総合において2000年3月から2005年12月まで放送されたドキュメンタリー番組。正式名称は『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』。

火曜日21時15分からの放送で、特別編4本を含み191回もの回数放送された。
タイトルバック

タイトルバック

20世紀最後の年に始まったドキュメンタリー番組。
終戦直後から高度経済成長期まで日本の発展を支えた産業や文化など、様々な分野において、それらが世に出て、支持を受けるまでに直面した困難を、どのように克服し成功に至ったかを紹介する内容だった。

自動車や家電、重厚長大産業、地図に残る公共事業(ハコモノ、橋梁)などが多く扱われた。無名の日本人主人公と、それに従い支えた多くの人々による挑戦と努力、そしてその成果の紹介がテーマであった。

一方で、無名とは言えない本田宗一郎や毛利衛が登場する回もあった。
NHK放送センター(本部)

NHK放送センター(本部)

「組織と群像の知られざる物語」にスポットを当て、当時不況真っ只中の日本人に向け、自分たちの底力を信じ、鼓舞するような演出が魅力的だった同番組。

公共放送であるNHKが、企業の宣伝につながる表現の排除を崩し、特定の企業の内部にまで迫った取材は当時新鮮であり、後に似たようなドキュメンタリー番組の出現や連続テレビ小説での特定の企業の創業者をモデルとした作品が多く生まれるきっかけになったとも言われている。

『プロジェクトX』の流れ

・冒頭。古い映像などをテーマソングが流れる中、短いカットで写す。キーワードが表示される。

・番組序盤。プロジェクトを成し遂げようとする主人公(複数)の境遇が描かれる。再現ドラマ(俳優はセリフを喋らない)が挿入されることもある。

・番組中盤。プロジェクトはいよいよ佳境に入るが、困難が彼ら・彼女らを襲う。それを克服する過程が描かれる。このあたりでスタジオに放映当時に存命の主人公もしくは主人公の近縁者がゲストとして登場し、司会からインタビューを受けて当時を回想する。
司会を長らく務めたNHKアナウンサー・国井雅比古さん(...

司会を長らく務めたNHKアナウンサー・国井雅比古さん(現在はフリー)

出典 j-trek.jp
・番組終盤。プロジェクトは成し遂げられる。ドキュメンタリー映像が終わった後でスタジオに画面が戻る。
司会から主人公が労いの言葉をかけられる。プロジェクトの成果物がスタジオに運ばれ、主人公が感慨深げにそれを手に取る。

・エンディング。成功した主人公達のその後の栄光の人生が簡単に描かれた映像と共に、中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」が流れ、スタッフロールで終了。

どんなテーマがあった?

放送2回目の日本ビクターのVHS開発を取り上げた「窓際族が世界規格を作った〜VHS・執念の逆転劇〜」をはじめ、フェアレディZ制作秘話やスクールウォーズのモデルにもなった伏見工業高校ラグビー部の活躍、あさま山荘事件における機動隊のエピソード、コメディ調に描いたウォシュレット開発秘話などがあった。

2000年5月に放送された三原山噴火による緊急事態のなか行われた、伊豆大島の島民脱出プロジェクト『全島一万人 史上最大の脱出作戦』なども印象深い。

スクールウォーズのモデル、伏見工業高校

※動画はリンク切れの場合あり

田口トモロヲの淡々としたナレーション

「リーダーの〇〇は言った」「〇〇達は日の当たらない研究をコツコツと続けていた」「だが、最悪の危機が襲った。・・・バブル崩壊」など、淡々とした口調でのナレーションが話題にもなった同番組。ナレーターを務めたのは、俳優・田口トモロヲであった。

俳優としては、数々のピンク映画やアダルトビデオに出演する一方で、非常に地味な人物もこなす名脇役の田口トモロヲ。同番組でのナレーションでは、落ち着きのある雰囲気が重厚な内容にマッチしていた。

田口トモロヲ本人は ”内容にちゃんと重みがあるので、それを正確に伝えるのが僕の役目。そのためにはシンプルにやるのが一番だと思っています。”とコメントしている(NHK名作選 みのがしなつかしより抜粋)。

また、同番組の人気が最も高かった頃、田口トモロヲが映画の撮影中に、たまたま横を通った同番組のファンから、「あんたねー、こんな下らない仕事なんかしないでナレーションに集中しなさいよ」と延々とお説教を受けたとインタビューで語っている。

日本生命CM 愛する人のために・改札篇 田口トモロヲ

CMでのナレーションもこなしていた。

田口トモロヲ プロフィール

1957年11月30日生まれ。東京都武蔵野市出身。
身長165cm、体重 60kg。

学生中からアングラ演劇、自主映画などに係わっていた。1983年に代々木公園で見たじゃがたらのライブに影響され、パンクバンド「ガガーリン」を結成している。

1989年に放映された実話ドラマ『シャボン玉の消えた日』で、自らも尊敬する植木等役に抜擢され演じたのを皮切りに、同時期に主演した塚本晋也監督の劇場映画『鉄男』が話題を集め世間から注目されていく。

2003年映画監督業へ挑戦し、『アイデン&ティティ』を撮影した。

【受賞歴】
・1996年度:日本映画プロフェッショナル大賞功労賞受賞
・1997年度:毎日映画コンクール男優助演賞受賞
・2009年度:新藤兼人賞・銀賞受賞(監督作「色即ぜねれいしょん」)
田口トモロヲ

田口トモロヲ

主題歌は中島みゆき『地上の星』中高年男性の支持を得て大ヒット

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 10,898 view
ららら~♪春になると思わず口ずさんでしまう出会いと別れの春歌《90年代編》

ららら~♪春になると思わず口ずさんでしまう出会いと別れの春歌《90年代編》

さて、春歌特集もこれで最後になります(^^)/ この記事では2000年も含めた90年代の春歌を特集します。これからようやく冬を抜けて春になります。懐かしい春歌をさっそく聴きなおしてみましょ~(^^)/
つきねこ | 447 view
聴きなおしシリーズ!【2000年・平成12年】のヒット曲ベスト10を振り返る

聴きなおしシリーズ!【2000年・平成12年】のヒット曲ベスト10を振り返る

この記事では、2000年にヒットしたベスト10を振り返りたいと思います(^^)/ TOP1やTOP2は、誰もが納得する曲がランクインされていましたよ~!
つきねこ | 3,174 view
「ゆずれない願い」の田村直美!PEARL時代はSHO-TAとして活動!

「ゆずれない願い」の田村直美!PEARL時代はSHO-TAとして活動!

1994年11月9日に発売された「ゆずれない願い」。力強い歌詞と田村の高音での発声が心地良い一曲でこの「ゆずれない願い」のヒットにより、人気を確固たるものとした田村直美。本稿ではバンドPEARL時代のSHO-TAとしての活動にも触れる。
ひで語録 | 10,702 view
日記通りに恋をする!恋愛ドキュメンタリー・未来日記。桜坂やサザンのヒット曲も!

日記通りに恋をする!恋愛ドキュメンタリー・未来日記。桜坂やサザンのヒット曲も!

90年代の終わりに大人気だった『未来日記』。ウッチャンナンチャンのTBS『ウンナンのホントコ!』内の一コーナーだったが、番組の枠を超え、人気を博した。劇場映画版も公開された。サザンのTSUNAMIのヒットや福山雅治の桜坂は、モデルとなった桜坂が人気スポットになった。
ひで語録 | 13,444 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト