どことなく感じる昭和の雰囲気。都内に「無人の古本屋」があると話題に!!
2020年4月21日 更新

どことなく感じる昭和の雰囲気。都内に「無人の古本屋」があると話題に!!

街中でたまに見かける「無人の店舗」。その佇まいはどことなく昭和レトロな雰囲気を感じさせるものが多いですが、このたび「都内に無人の古本屋がある」とSNSを中心に大きな話題となっています。

386 view

どことなく感じる昭和の雰囲気。「無人の古本屋」があると話題に!

街中でたまに見かける「無人の店舗」。郊外を例にすると、野菜の販売所やカップ麺などを販売する自販機コーナーなどが無人で営業していることがありますよね。どことなく昭和レトロな雰囲気を感じさせる無人の店舗ですが、このたび「都内に無人の古本屋がある」とSNSを中心に大きな話題となっています。

こちらが話題のツイート!

こちらが現在話題となっているツイート。イズミ@VBNJVさんが投稿したもので、「近所にやべえいい無人古本屋あった」とのコメントともに、店舗の外観と内観、そしてガチャガチャを使った会計方法を解説したプレートが映し出されています。このツイートには「すごい!僕も行ってみたいです」といった好意的なコメントが続出。4月15日現在、3万を超えるリツイート、18万を超えるいいねを獲得しています。

無人古本屋の公式ツイッターが反応!!

現在大きな話題となっている無人の古本屋ですが、このお店は東京・三鷹駅北口から徒歩13分の場所にある「BOOK ROAD」。オーナーである中西功さん・中西健さん兄弟による共同制作作品として、三谷通り商店街で2013年4月より営業を続けています。そして上記のツイートから約1週間後、BOOK ROADの公式ツイッターアカウント「無人古本屋 BOOK ROAD(unmaned book store)@bookroad_mujin」から、何とも心温まるコメントが届きました。
それがこちらのツイート。イズミ@VBNJVさんのツイートが話題となった影響か、多くのお客さんがBOOK ROADを訪れたのですが「店内は奇麗に保たれていました」とのこと。さらに「小銭の持ち合わせがない方がガチャガチャの上にお金を置かれていて、またそれがそのまま残っている」と、会計に関してもお客さんの善意が垣間見られたとのことです。そして「やっぱり世の中、いい人が多いと思います。その方々のおかげで約7年間続けられてきました」と、7年もの間この店を続けていられるのは「いい人たちのおかげ」と締めくくりました。
 (2184631)

BOOK ROADの外観。
 (2184632)

こちらは内観。シンプルな雰囲気で、興味深い本が並んでいます。
 (2184633)

子供の頃を思い出すガチャガチャ!
 (2184634)

お金がそのまま残っています!お客さんの善意に支えられている証拠ですね。

「無人古本屋」から想起される昭和の街並み!

お店を訪れる人の善意を垣間見ることが出来、「この世の中もまだまだ捨てたものじゃないな」と感じさせてくれる今回の出来事。この感覚自体も、例えばご近所同士の助け合いや気配りが色濃く残っていた昭和という時代を思い起こさせます。ここでは「無人古本屋」から想起される昭和の街並みを少しだけ振り返ってみましょう。

貸本屋

まず思い浮かべるのは、昭和初期~中期に一般的であった「貸本屋」。手塚治虫など今では大御所と呼ばれる漫画家が、貸本用の漫画を多数執筆していました。図書館同様のシステムのため、借りた本は丁寧に扱い、綺麗な状態で返すことを求められました。
 (2184657)

野菜販売所

現在でも郊外を中心に見受けられる野菜販売所。お金を入れる箱が備え付けられており、そこにお金を入れて野菜を購入するシステムです。今でも存続しているというのは、それだけ利用するお客さんにモラルが備わっているということでしょう。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

新型コロナのパンデミックの影響で懐かしの「ドライブインシアター」に注目が集まる!!

新型コロナのパンデミックの影響で懐かしの「ドライブインシアター」に注目が集まる!!

全世界で急速に感染が拡大している新型コロナウイルス。その影響で全世界で外出制限などの措置が取られていますが、そんな中、かつて隆盛を極めた「ドライブインシアター」がにわかに注目を集めていると話題になっています。
隣人速報 | 627 view
ナノブロック作品コンテスト『nanoblock AWARD 2019』の受賞作品の“圧倒的昭和感”に注目が集まる!

ナノブロック作品コンテスト『nanoblock AWARD 2019』の受賞作品の“圧倒的昭和感”に注目が集まる!

ダイヤブロック・ナノブロックのメーカーである株式会社カワダは、同社が主催するnanoblock(ナノブロック)シリーズの公式コンテスト『nanoblock(R) AWARD 2019』受賞作品を、2月14日に発表しました。
隣人速報 | 1,253 view
あのマルシンハンバーグのキャラが実写化!昭和のヒットCM「マルシン♪マルシン♪ハンバーグ♪」が令和の時代に復活!!

あのマルシンハンバーグのキャラが実写化!昭和のヒットCM「マルシン♪マルシン♪ハンバーグ♪」が令和の時代に復活!!

株式会社マルシンフーズは、昭和37(1962)年に全国販売が開始されて以来、50年以上“昭和の定番”として親しまれている「マルシンハンバーグ」のパッケージキャラクター『みみちゃん』を実写化した、昭和の懐かしい雰囲気の新CMをリリースしました。
隣人速報 | 1,252 view
羽沢横浜国大駅が11月30日に開業!鉄道ファンが長蛇の列を作った、昭和レトロ溢れる「お目当ての品」とは?

羽沢横浜国大駅が11月30日に開業!鉄道ファンが長蛇の列を作った、昭和レトロ溢れる「お目当ての品」とは?

11月30日に開業した「羽沢横浜国大駅」で販売されている、鉄道ファンお目当ての品が「なんとも言えず懐かしい」と、ネットなどを中心に話題となっています。
隣人速報 | 585 view
原液を薄めて飲んだ記憶が蘇る!1971年の「瓶入りカルピス」が未開封の状態で発見!!

原液を薄めて飲んだ記憶が蘇る!1971年の「瓶入りカルピス」が未開封の状態で発見!!

ミドルエッジ世代が子供の頃にお世話になった「カルピス」。昭和の時代には、瓶入りのカルピスの原液を水で薄めて飲んだ経験のある方も多いかと思います。このたび、48年前(1971年)のカルピスが隠し倉庫で発見され、その懐かしさ溢れる写真に大きな注目が集まっています。
隣人速報 | 2,146 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト