正統派美少女アイドル【佐藤恵美】の運命を変えた出来事って?
2019年5月26日 更新

正統派美少女アイドル【佐藤恵美】の運命を変えた出来事って?

テレビドラマ『毎度おさわがせします』に出演し、クラスの美少女を演じた佐藤恵美さん。歌手デビューする前から注目されていました。ところがある出来事を境に運命が変わったようなんです。運命を変えた噂を検証していきます。

5,508 view

佐藤恵美プロフィール

 (2106267)

名前:佐藤恵美
(さとう えみ)
生年月日:1969年11月30日(49歳)
出身地:埼玉県


佐藤恵美さんは原宿を歩いているところを業界の関係者から『スカウト』され、芸能界に入りました

当初は渡辺裕美の芸名でデビュー。

アイドル雑誌モモコクラブなどで活動。

のちに芸名を本名へ変更。

1985年12月10日から放送のTBS系ドラマ『毎度おさわがせします』の第2シリーズでは、主人公徹の同級生でマドンナ的“美少女を演じ”注目を集めました。

同作品には中山美穂さんや藤井一子さんなど、アイドルが出演。

佐藤さん顔も声も可愛くて、男子中高生から人気がありましたね。
 (2106268)

アイドル歌手デビュー!

ドラマで人気を集めた佐藤さんは、翌1986年6月25日に『キャンパスの恋人』でアイドル歌手デビュー

キャッチフレーズ『可愛さ、たった日本一』で売りだし、ポスト菊池桃子と評されていました。

翌7月29日からスタートの『夏・体験物語2』には、藤井一子さん等と出演。

佐藤さんのデビュー曲はドラマの挿入歌になりました。
 (2106271)

同ドラマ放映前の“ファンレターの数”が、キャストの中で最も多かったようです。

そのことから、同日デビュー予定の藤井一子さんは、リリースを遅らせました。

佐藤さんの人気がうかがえるエピソードですね。

更に多くのアイドルが出演する同ドラマの中で、佐藤さんが登場するシーンが最高視聴率を叩きだし、アイドルとして順風なスタートを切りました。

順風な活躍から一転!人気が低迷

1987年1月27日からスタートの『毎度おさわがせします3』への出演が内定。

佐藤さんの出演が注目を浴びましたが、突如降板

降板の理由は、映画『本場ぢょしこうマニュアル』を優先したためでした。

ドラマ出演を楽しみにしていたファンへの裏切りと取られても仕方ないですね。

映画のイメージに合わせて、ショートヘアにしたことが追い打ちをかけ、ファンが離れていきました。
 (2106278)

映画『本場ぢょしこうマニュアル』
ショートヘアの画像
これらが原因で人気が低迷

好みは分かれますが、以前のセミロングの方が男子ウケは良さそうですね。


1987年7月10日にリリースした『ギャッピー』を最後にアイドル歌手の活動を終了。

以降は女優として活動を続けていました。
 (2106279)

佐藤恵美さんの出演作品

1987年テレビ朝日系『光戦隊マスクマン』
◎ゲスト出演

1987年フジテレビ系『みんなあげちゃう』
◎主演

1988年フジテレビ系『花のあすか組』
◎ゲスト出演

1988年テレビ朝日系『世界忍者戦ジライヤ』
◎第8話ゲスト出演
 (2106284)

1988年、写真集『Again』を発売。

1989年、写真集『EVER』を発売。

1990年にはVシネマ『女死刑囚』でヌードを披露

アイドルとしてデビューする前の活躍が嘘のように、B級感が漂いますね。

Vシネマの出演後、佐藤恵美さんは芸能界を引退しました。
 (2106285)

まとめ

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ポスト柏原芳恵と呼ばれた【渡辺桂子】男性と逃避行!2度目の引退って?

ポスト柏原芳恵と呼ばれた【渡辺桂子】男性と逃避行!2度目の引退って?

1984年、鳴り物入りのデビューを果たし、多くの歌番組に登場した渡辺桂子さん。テレビドラマにも進出し、84年デビュー組の中で目立った活動をしていましたね。ところが2年あまりで芸能界から姿を消しました。その理由に迫っていきます。
ガチャまま | 1,153 view
【毎度おさわがせします】について語ろう!中山美穂のデビュー作であり、80年代放映当時にその過激な内容で日本中のお茶の間を騒がせた伝説のドラマ!

【毎度おさわがせします】について語ろう!中山美穂のデビュー作であり、80年代放映当時にその過激な内容で日本中のお茶の間を騒がせた伝説のドラマ!

エッチなシーン満載で少年達のハートをわしづかみしたドラマ【毎度おさわがせします】。1985年から1987年にかけてTBS系列で放送され、シリーズ3まで制作された人気ドラマ。これがデビュー作の中山美穂の半ケツ姿も辞さない体当たり演技も見どころ。
【訃報】森田童子さんが4月に死去していた事が明らかに。TBS「高校教師」で再注目された、寡黙で謎多き歌手

【訃報】森田童子さんが4月に死去していた事が明らかに。TBS「高校教師」で再注目された、寡黙で謎多き歌手

TBS「高校教師」の主題歌「ぼくたちの失敗」などで知られるシンガー・ソングライターの森田童子さんが、今年4月に亡くなっていた事が分かりました。65歳で死因は不明。デビューから引退、そして、メジャー化を拒んだ森田童子さんに関してもまとめました。
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
「おじさん!」というドドンパ「東京娘」桜たまこがヌードに!

「おじさん!」というドドンパ「東京娘」桜たまこがヌードに!

1976年、ピンクレディーがデビューした年に石坂まさの門下生、14歳の桜たまこはデビューした。セカンドシングルの「東京娘」がヒット。変わった芸名と「おじさん!」という曲の出だし、優れた声量と歌唱は記憶に残っている。歌手引退後に発表したヌード画像もあわせて紹介していく。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト