【デッドヒート】斬新な設定の近未来レースアニメ!そのストーリーや魅力など紹介!
2020年12月7日 更新

【デッドヒート】斬新な設定の近未来レースアニメ!そのストーリーや魅力など紹介!

日本ビクターとサンライズのタッグで制作されたアニメ『デッドヒート』。3D映像を楽しむ前提で作られ、1980年代後半の当時では意欲的な発想によって生まれたコンテンツです。今回の記事では、そんな『デッドヒート』に焦点を当て、本編動画やストーリー・魅力などお届けしたいと思います。

274 view

『デッドヒート』とは?

『デッドヒート』

『デッドヒート』

制作:日本ビクター
   サンライズ
監督:川瀬敏文
発売:1987年
巻数:全1話
日本ビクターと日本サンライズによる、VHD専用の3Dアニメ。従来のセルアニメに立体効果を施した3D映像が収録されており、3D対応VHDプレイヤーと専用眼鏡を介して視聴するようになっている。また、3D映像再生時にのみ表示される「FX」の文字を発見した視聴者には、様々なプレゼントを用意したキャンペーンも行われていた。なお、3D非対応VHDプレイヤーでも従来のセルアニメと同等の2D映像は視聴できる[1]。
1987年8月7日には、2D映像のみを収録したVHS(JHE-150)版とベータマックス(JBE-150)版がCICビクタービデオから発売された。

『デッドヒート』の本編動画・ストーリー

小型車両ロボットによるレース『FX』が盛んに行なわれるようになった近未来の日本。
参加するレースチームは技量によってAからDに区別されており、主人公・マコトたちのチームは最もランクが低いDランクに位置付けられていました。
年に一回、全てのクラスの参加が許されるレースがあり、上位クラスは実力を示すため、下位クラスは下克上を狙うための絶好の機会。エンジン開発を手掛けるゴーの協力を経て、強力なエンジンを手に入れたマコトたちのチームは、Aクラス屈指の実力をもつと言われるナツオに勝負を挑むのでした…

『デッドヒート』の魅力とは?

レース&ロボットという展開

『デッドヒート』は、バイクのようなロボットを駆使してのレースを描いたストーリー性。
ロボットものというと、地球を侵略してくる悪の組織や戦争をテーマにしたコンテンツが多い中、極めて稀な展開を繰り広げるコンテンツといえるでしょう。
レースを描いたアニメは他にもあるものの、『デッドヒート』では、ロボットものの側面もあることで格闘戦に発展するといった斬新さがあります。パンチ・ラリアートでの攻撃も許され、単純な追い抜き以外の要素があるのも面白いです。

他のレースを題材としたアニメとの比較

近未来のレースを描いた『デッドヒート』。比較するなら、同じく近未来のレースを描いた『マッハGoGoGo』『新世紀GPXサイバーフォーミュラー』などのタイトルが適切かと思います。

『マッハGoGoGo』

放送局 :フジテレビ系列
制作会社:タツノコプロダクション
放送時期:1967年~1968年
21世紀になった現代でも未だに実現していないスーパーカーのレースを描いた『マッハGoGoGo』。愛車には数々のギミックが搭載され、白熱のカーバトルが展開されるのは『デッドヒート』と共通しています。
『マッハGoGoGo』のマシンは人型にこそ変形はしないものの、スーパーカーとして洗練されたフォルムは、『デッドヒート』に登場するマシンと比較しても劣るものではありません。

『新世紀GPXサイバーフォーミュラー』

放送局 :日本テレビ系列
制作会社:サンライズ
放送時期:1991年
近未来のレースものといった分野だけではなく、制作にサンライズが関わっているというところでも共通している『デッドヒート』と『新世紀GPXサイバーフォーミュラー』。
バイクをモチーフにした『デッドヒート』のマシン、フォーミュラーカーをモチーフにした『新世紀GPXサイバーフォーミュラー』のマシン、両者には少しディテールにこそ違いがありますが、細かなメカ描写には共通した部分も見出せます。

主人公マコトの声にも注目

Dランクのドライバーながら、熱い走りで周囲を圧倒するマコト。その声優を務めているのは矢尾一樹さんで、格好良い声質もイメージにぴったりです。声優・矢尾一樹さんという部分にスポットを当てると、『機動戦士ZZガンダム』の主人公ジュドー・アーシタも担当しており、サンライズ制作のアニメ作品には馴染み深い存在です。

矢尾一樹さんとレースアニメといった組み合わせで考えてみると…

池谷浩一郎 /『頭文字D』シリーズ

「おやっさん、厚揚げください」のセリフでお馴染みのバイプレイヤー・池谷先輩が該当します。
主人公・藤原拓海を走り屋の世界に引き入れ、ある意味、『頭文字D』シリーズでは欠かせない存在です。
『頭文字D』シリーズの池谷先輩は、意気地なしながらも、熱いハートと優しさが印象的なキャラクター。『デッドヒート』の主人公・マコトとは、かなりイメージが違うのも面白いポイントなのではないでしょうか。
どちらかというと、『機動戦士ZZガンダム』の主人公ジュドー・アーシタのほうが印象は近いように思えます。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
「還暦ビキニ」の再来なるか!?宮崎美子(62)がデビュー40周年を記念し自身初のカレンダーを発売!!

「還暦ビキニ」の再来なるか!?宮崎美子(62)がデビュー40周年を記念し自身初のカレンダーを発売!!

ハゴロモより、女優・タレントとして活躍する宮崎美子(62)のデビュー40周年を記念した『デビュー40周年記念カレンダー&フォトブック』の発売が決定しました。
隣人速報 | 17,420 view
篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

小学館より、女優・水沢アキ(66)の45年間にわたるグラビアアイドルとしての軌跡をまとめた写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 13,068 view
1987年の映画「漂流教室」でヒロインを演じた『浅野愛子』引退するも約20年ぶりに復帰!!

1987年の映画「漂流教室」でヒロインを演じた『浅野愛子』引退するも約20年ぶりに復帰!!

1987年の映画「漂流教室」でヒロインを演じた浅野愛子さん。結婚後芸能界を引退するもフリーランスで女優業を再開させています。そんな浅野さんを追ってみました。
ギャング | 1,331 view
昭和の族車の代名詞「オバフェン」「チンスポ」はグラチャンがルーツ!!

昭和の族車の代名詞「オバフェン」「チンスポ」はグラチャンがルーツ!!

1970年代から1980年代にかけて昭和の時代に街中でも大流行したいわゆる族車!「オバフェン」や「チンスポ」を装着した車が街中でもよく見られました。そんなカスタム用語を生みだしたルーツはグラチャンだったのです。
ギャング | 1,670 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト